NAKAHARA-LAB.net

2019.8.29 05:49/ Jun

人材開発・組織開発とは「永遠の野党」である!?

「戦略を確実に実行し、成果を出さなければならない」
「タスクをやりとげ、短期的に、とにかくパフォーマンスをださなければならない」
   
 組織のなかにおいては、こうした「戦略重視」「タスク重視」の考え方が当然「支配的」です。こうした考え方を、今、仮に「与党」とおきましょう。
    
 これに対して、
  
「人の能力開発をケアしなければならない」
「中長期の視点にたって、チーム力・組織力を高めなければならない」
  
 という考え方ーすなわち「人間重視」「組織重視」の考え方を、今、仮に「野党」とおきましょう。言うまでもなく「野党」とは「人材開発」「組織開発」が大切にしている価値観です。
    
 本当は、こんなに「戯画的」かつ「二項対立的」に、物事を分けられないことは「百も承知」です。今日は、あえて、思考実験として、組織における人材開発と組織開発の意味を「与野党の攻防」にたとえて考えてみましょう。
   
  ▼
  
 まず確認しなければならないことは、組織においては「与党」が常に優勢で、「野党」が劣勢であるということです。

 今、もし仮に「戦略実行・タスク実行」と「ひとと組織を重視する」という2つの中から、どちらの方が大切か、と聞かれたら、通常の組織や経営者は「前者」を選ぶはずです。そして、それでいいのだと思います。これが逆転することは、まずありませんし、あってはならないのかもしれません。
    
 「野党としての人材開発・組織開発」は「永遠の野党」である
  
 ということが、これにて「確定」です。
   
  ▼
  
 次に、問題は「与野党のバランス」です。
  
 組織の内部において、与党はいつだって「優勢」です。
 世の中の変化のスピードが速く、成果へのプレッシャーが増している昨今においては、「優勢」であったものがさらに「優勢」になっているような気もします。
   
 しかしながら、これが「優勢」すぎて全員が「与党」になってしまいますと、「戦略実行」「タスク重視」だけが極めつけに進み、人間疎外・組織的機能不全の状態が生まれるかもしれません。
  
 もしかすると、
  
 組織の内部が「全員与党」という状況は「ファシズム」にもたとえられる
  
 かもしれません。
 過去の歴史が物語るように、全体主義は、悲劇を生み出す可能性もあります。
  
 大切なのは既述しましたように「与野党」のバランスなのです。
    
 与党が優勢のなかで、いかに「永遠の野党」が声をあげるか。
 そして、カウンターバランスとして「与党」を牽制するか。
 そして
 組織内部の価値観のバランスを「ちょうどよい案配」にたもっていくか。
   
 こう考えると、
    
 「永遠の野党」たる「人材開発・組織開発」は重要な役割を担っている
  
 といえないでしょうか。
  
 頑張らなきゃならんなぁ・・・。
「与党」が優勢な世の中においては。

 与野党攻防の観点からは、これは「負け戦」なのかもしれない。
 でも、負けて、結局、組織が勝てばいい
 負けて、勝てば、それでいい。
  
  ▼
  
 今日は「与野党の攻防」というたとえを用いて、人材開発・組織開発の価値を考えてみました。
   
 あなたの会社は「与党」が優勢すぎて「ファシズム」に陥っていませんか?
 あなたの会社の「永遠の野党」は、きちんと声をあげられていますか?
    
 そして人生はつづく
  
  ーーー
  
「人材開発研究大全」(中原淳編著、東京大学出版会)、いよいよ電子版が刊行になりました!,AmazonのKindle、紀伊國屋書店のkinoppy、楽天koboなどで購入できます。人材開発研究の最前線を、4部構成・全33章であますところなく所収する国内初のハンドブックです。日本型雇用慣行が崩壊しつつある現在、日本の組織は「能力形成システム」を再構築する必要に迫られています。新人育成・OJTからリーダーシップ開発。民間企業の育成から教師教育・看護教育・医療者の学習まで。どうかご笑覧くださいませ!
  

  
  ーーー
  
新刊「組織開発の探究」発売中、重版4刷決定しました!AMAZONカテゴリー1位「マネジメント・人事管理」を獲得しています。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
   

   
  ーーー
  
新刊「実践!フィードバック」が重版5刷決定です。耳の痛いことをいかに部下に通知し、そこから立て直しをはかることができるか。全国各所の管理職研修で用いられています。はじめてリーダーになる方、管理職になる方におすすめの2冊です。どうぞご笑覧くださいませ!
     
 
   
DVD『フィードバック入門』
https://www.php.co.jp/seminar/feedback/
  
 ーーー
     
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
中原研究室のLINEを運用しています。すでに約11000名の方々にご登録いただいております(もう少しで1万人!)。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
    
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

効果の高い「人材開発・組織開発」をしたければ「ワークショップ」に飛びついてはいけない!

2019.9.20 06:59/ Jun

効果の高い「人材開発・組織開発」をしたければ「ワークショップ」に飛びついてはいけない!

【感染拡大中】「ガチ対話」をパコーンとすっ飛ばした「組織開発とは言わない組織開発」!?

2019.9.19 06:40/ Jun

【感染拡大中】「ガチ対話」をパコーンとすっ飛ばした「組織開発とは言わない組織開発」!?

【〆切間近:リーダー育英塾カンファレンス2019】で「未来の教育を考える」&「急成長するメルカリの人づくり・組織づくり」!?

2019.9.18 17:12/ Jun

【〆切間近:リーダー育英塾カンファレンス2019】で「未来の教育を考える」&「急成長するメルカリの人づくり・組織づくり」!?

上司が求める「がんばる」と部下の考える「ガンバル」の間の「絶望的なすれ違い」!?:パコーンとかましたフィードバックが1ミリも効果を生みだせない理由!?

2019.9.17 06:46/ Jun

上司が求める「がんばる」と部下の考える「ガンバル」の間の「絶望的なすれ違い」!?:パコーンとかましたフィードバックが1ミリも効果を生みだせない理由!?

「実践=低級」vs「理論=高級」という二分法に隠されている「アイデンティティクライシス」!?

2019.9.13 05:57/ Jun

「実践=低級」vs「理論=高級」という二分法に隠されている「アイデンティティクライシス」!?