NAKAHARA-LAB.net

2019.6.21 06:53/ Jun

今となっては「違和感」を1ミリも感じない、「昨日の自分」の「違和感ノート」!?

 昨日の立教大学大学院の授業「人材・組織開発特論」では、「組織社会化」を扱いました。
  
 ここで組織社会化とは、
  
 1.組織の目標・戦略達成のために必要な知識・スキル・信念を
 2.組織の新規参入者に獲得させ
 3.組織に適応させること
  
 としておきます。
 具体的には、新入社員に対する研修、OJT、日々のフィードバック・指導などが、組織社会化の典型的な場面です。
   
 ひとが新たな組織に参入するとき、組織社会化のプロセスは、かならず駆動します。
 そして、組織社会化のプロセスが、スムーズにいくひともいれば、そうでないひともいます。
 多くの場合、新たな組織に参入するとき、「違和感」を感じたり、ひどいときには「リアリティショック」を感じる場合もあります。新たな組織の「常識」に「あれ?」と感じてみたり、ひどいときには「こんなはずじゃなかった」と感じてしまうものなのです。
  
 ▼
  
 ところで、僕は、新入社員など、これから組織社会化される多くの人々に「違和感ノート」をつけることをおすすめしています。
  
違和感ノート
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/8750
   
 「違和感ノート」とは、組織社会化のプロセスのなかで、新規参入者が感じた「違和感」を書き留めておくノートです。おそらく、組織参入後しばらくは、きっと、たくさん書かれることになるでしょうが、次第に、その数は減少していきます。
「感じた違和感の数の減少」は、あなた自身が、組織に社会化されていった証左です。このように、組織に適応していった自分の成長を認めることにもつながるので、ぜひ「違和感ノート」をと申し上げているのです。
  
 去年、僕は大学を移籍しましたが、僕自身も違和感ノートをつけていました。
  
 ひさしぶりに・・・ほんとうに久しぶりに違和感ノートを見てみると、とても懐かしい気になります。というよりも、当時の僕は、こんなことに違和感を感じていたんだなぁ・・・とびっくりしてしまいます。
  
 差し支えのない範囲で、当時の僕が感じた違和感をご紹介すると・・・
   
1.学生はいつもお腹をすかせている
 ・いつも食べている
  
2.一部の教室では「チョークと黒板」である。手が汚れるが、先生だな、という感じがする
 ・それまでは、ホワイトボード以外を使ったことがなかった!
  
3.お昼など、授業のグループワークのミーティングがはいっている学生も多い
 ・これは立教経営だけかもしれません
    
4.「おまえ、イケメンじゃねー。いや、ちげーよ」で、ランチのあいだ、小一時間、盛り上がることができる
 ・馬鹿話で小1時間盛り上がれる、底抜けに明るくてよろしい
    
5.学生は、志望理由書(ゼミや授業など)を書くことが多い
 ・志望理由書を書くことに、皆、慣れている
    
6.略語が多い
 ・グードラ、ビジカジ、リアペ、エモイ??
  
  ・
  ・
  ・
  
 本当にとるにたらない。今から考えれば、笑えます。
 しかし、こうした取るに足らないことに、一喜一憂したり、不思議に思ったり、違和感を感じながら、僕も組織に適応してきたのかな、と思います。
  
 嗚呼、一年なんてあっという間だった。
 1年1秒かも。
    
  ▼
   
 今日は組織社会化と違和感ノートのお話をしました。
 新たに組織に参入するときには、のちの自分の成長を確認するためにも、ぜひ違和感ノートを!
  
 また、組織に参入してしばらくたった方は、ぜひ、自分が当初書き付けていた違和感ノートを開いてみてください。
 なかなか面白い発見があるかもしれません。

 あなたは、今の組織に参入したとき、どんな違和感を感じていましたか?
 あなたが感じた違和感とは何ですか?
    
 今週もお疲れさまです!
 そして人生はつづく
  
  ーーー
   
2019年8月21日(水曜日)ー22日(木曜日)「マナビフェス2019」が開催されます。「マナビフェス」は「2030年の学びのあり方」を考え、アクションを起こしていこうと考える方々が、全国から1000名規模でお集まりいただく「フェス」となります。第一線を走る研究者や実践者の方々が「教育や学びのあり方」を考えるための「最先端の知識」をおしげもなく披露してくれます。また100名以上が集まるポスターセッションもございます。2日間で最先端まで理解を深めませんか?
   

  
【マナビフェス2019お申し込みサイト】
https://be-a-learner.com/manabifes/2019/
  
  ーーー
  
新刊「未来を語る高校が生き残る」・・・2020年の大学入試改革、2022年の新学習指導要領改訂。社会をきりひらく人材を育成するために、高校・大学・企業に何ができるか? アクティブラーニング、カリキュラムマネジメント、そして「未来を語ること」。「未来を語ること」を通した学校づくりを提唱する中原研究室×河合塾×JCERIの研究の最新知見です。どうぞご笑覧ください。村松灯、渡邊優子編著、中原淳監修、学事出版さんからの出版です。
  
 
   
  ーーー
  
新刊「女性の視点で見直す人材育成」(中原淳・ラーニングエージェンシー著)が重版出来!1万部突破です!AMAZONカテゴリー1位「企業革新」「女性と仕事」を記録しました!。女性のキャリアや働くことを主題にしつつ、究極的には「誰もが働きやすい職場をつくること」を論じている書籍です。7000名を超える大規模調査からわかった、長くいきいきと働きやすい職場とは何でしょうか? 平易な表現をめざした一般書で、どなたでもお読みいただけます。どうぞご笑覧くださいませ!
    

   
  ーーー
  
「育児は仕事の役に立つーワンオペ育児からチーム育児へ」(浜屋祐子、中原淳著 光文社新書)、AMAZONカテゴリー1位(光文社新書)、経営学カテゴリー2位を記録しました。育児と仕事の良好な関係、ワンオペ育児を乗り越え、チーム育児に転換していくヒントがあふれる書籍です。浜屋祐子さんの修士論文の知見をモティーフにした、育児の科学。どうぞご笑覧くださいませ。
   

  
  ーーー
     
新刊「データから考える教師の働き方入門」(辻和洋・町支大介編著、中原淳監修)好評発売中です。1日の労働時間が約12時間におよぶ、先生方。その働き方を見直し、いかに持続可能な職場をつくりだすのか、を考えます。「サーベイフィードバック方の組織開発を応用した働き方改革」の事例として、教育機関以外の組織でも応用可能です。どうぞご笑覧くださいませ
    

   
  ーーー
    
新刊「残業学」重版出来、6刷決定です!(心より感謝です)。AMAZONの各カテゴリーで1位を記録しました(会社経営、マネジメント・人材管理・労働問題)。長時間労働はなぜ起こるのか? 長時間労働をいかに抑制すればいいのか? 大規模調査から、長時間労働の実態や抑制策を明らかにします。大学・大学院の講義調で語りかけられるように書いてありますので、わかりやすいと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
新刊「女性の視点で見直す人材育成」(中原淳・ラーニングエージェンシー 旧:トーマツイノベーション著)が重版出来!1万部突破です!AMAZONカテゴリー1位「企業革新」「女性と仕事」を記録しました!。女性のキャリアや働くことを主題にしつつ、究極的には「誰もが働きやすい職場をつくること」を論じている書籍です。7000名を超える大規模調査からわかった、長くいきいきと働きやすい職場とは何でしょうか? 平易な表現をめざした一般書で、どなたでもお読みいただけます。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
新刊「組織開発の探究」発売中、重版4刷決定しました!AMAZONカテゴリー1位「マネジメント・人事管理」を獲得しています。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
   
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
中原研究室のLINEを運用しています。すでに約12000名の方々にご登録いただいております(もう少しで1万人!)。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
   
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2022.5.18 07:45/ Jun

商品をお客様にお届けするとは「アイデア勝負の短距離走」ではなく「試行錯誤に悶絶する長距離走」である!?

「たくさん読む」から「引き算して読む」!?

2022.5.17 08:01/ Jun

「たくさん読む」から「引き算して読む」!?

2022.5.16 08:16/ Jun

経営学習研究所10周年記念イベント「みんなの越境学習論」無事終了!:イベントの全貌を伝えるオンライン新聞、無料ダウンロードできます!

2022.5.13 08:08/ Jun

研修評価は、人材開発の「最後の秘境」である!? : 無料セミナーで研修評価のエッセンスを学びませんか?

2022.5.11 07:31/ Jun

高業績・高い成長実感を示す人事パーソンの「学び」の特徴とは?:日本初!?「人事パーソンの学びとキャリア」に関する総合調査!?