NAKAHARA-LAB.net

2019.6.17 06:44/ Jun

ダラダラ上司・コロコロ上司・グリグリ上司にご用心!:うちの職場に来ないで、もれなく、感染するよ!?

 ダラダラ上司・コロコロ上司・グリグリ上司にご用心!
  
  ・
  ・
  ・
  
 中原とパーソル総合研究所で取り組んだ共同研究の成果「残業学」を、多くの職場で、職場単位でお読みいただけているそうです。あるいは、管理職同士の勉強会で、これを用いていただいているようです。
  

  
 最近、そのような実践を、ポツポツとご報告いただけるようになりました。職場ぐるみで、ないしは会社ぐるみで「残業」の問題を考えるための素材にしていただいている、ということですね。本当に、ありがとうございます。
  
 残業学は、「なぜ残業が生まれるのか」「残業を抑止するためにはどうするのか」「残業を抑止した先には、どのようなメリットが生まれるのか」の3点を、2万人の大規模調査データを用いて論じた本です。講義形式で書かれておりますので、講義を受けているような感覚でお読みいただけると思います。どうぞご笑覧いただけますと幸いです。
  
  ▼
  
 ところで、残業学の中には
  
 残業は「感染」する
  
 というキャッチーなフレーズがでてきます。
  
「残業は感染する」とは、
  
 職場のなかの残業は、職場の中の同調圧力(たとえば、帰りにくい雰囲気)によって強化され、ますます、ひとりだけ「今日は帰ります」と言いにくくなり、みなで残業するはめになる
  
 ということです。
  
 これには、きっと思い当たる節がおありな方もいらっしゃるのでしょうか?
  
 帰りたいけど、帰れない。
 言い出したいけど、言い出せない。
  
 あのビミョウな空気感が支配する職場の雰囲気・・・それが「感染した職場」です。
  
 たとえば、あなたが「定時」に仕事をあがるときに
  
「す、す、すみません。今日は定時で帰ります。す、す、すみません」
  
 と思わず言っちゃいたくなって、そそくさと帰る職場は、まさに、「感染」が支配している職場かもしれません。
 定時なんだから、謝罪せずに、本来、帰ることができたら、いいのですけれども・・・。
  
 ちなみに、これが強化されていくと、いわゆる「多元的無知」という状態にグループははいっていきます。
  
 多元的無知とは「集団の多くのメンバーは、だれひとりとして集団規範を受け入れていないにもかかわらず、他のメンバーのほとんどが、その規範を受け入れていると信じてちゃっている状態」のことをいいます。
   
 長時間労働の場合、具体的には、万が一、誰もが「残業をしたくないなー」と思っていても、それが「言い出せず」、「みなは残業して当然だ」という規範をもっているだろうな、とみなで勝手に想像し、「誰一人として望まない同調行動」をグループが自己選択してしまう、という状態が生まれるということですね。
  
 クワバラクワバラ。
  
  ▼
  
 さらにさらに「残業は感染する」の状態に拍車をかけるのは、「上司のマネジメントのまずさ」です。
 とりわけ、分析職人・青山茜さん(パーソル総合研究所)によると、以下の3つのマネジメント行動が、極めて悪影響を与えます。
  
 それは、
  
1.ダラダラ上司
 仕事が終わっているのにもかかわらず、上司である自分が、いつまでも職場に残る。上司が職場に残っていると、部下は非常に帰りにくくなります。みんな残っているので、帰りにくくなります。
  
2.コロコロ上司
 意思決定の「ちゃぶ台返し」ーいわゆる「朝令暮改」を日々おこすような上司のもとで、仕事をしていると、帰りたくてもかえれません。誰かが帰れなければ、より帰ることができなくなります。
  
3.グリグリ上司
 新人でもないのにもかかわらず「今日のやるべきこと、すべてTO DOリストにしてだしてね」「今日のミーティング、全部、議事録にして清書して報告してね」といった具合に、グリグリのマイクロマネジメント(業務のあらゆる手順を監督し、過干渉を行うこと)をかます上司のもとでは、仕事が終わりません。終わらない仕事を抱え、みなで、仕事をするはめになります。
  
 の3つの上司です。
    
 あなたのまわりには、ダラダラ上司、コロコロ上司、グリグリ上司はいませんか?
    
 えっ、うちのボスは、3つ「全部入り」だって?
  
 ダラコログリのボス?
  
 なんか、RPGに出てきそうなネーミングだね(笑)
 合掌。
  

  
  ▼
  
 今日は「職場における長時間労働の感染」について書きました。
  
 ダラダラ上司、コロコロ上司、グリグリ上司を逆手にとれば、メッセージはシンプル。
  
 率先して、帰ろう
 潔く、決めよう
 思い切って、任せよう
  
 ということです。
  
 今週一週間、お互いに頑張りましょう!
 そして人生はつづく
  
  ーーー
  
新刊「残業学」重版出来、6刷決定です!(心より感謝です)。AMAZONの各カテゴリーで1位を記録しました(会社経営、マネジメント・人材管理・労働問題)。長時間労働はなぜ起こるのか? 長時間労働をいかに抑制すればいいのか? 大規模調査から、長時間労働の実態や抑制策を明らかにします。大学・大学院の講義調で語りかけられるように書いてありますので、わかりやすいと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
   

  
  ーーー
   
新刊「データから考える教師の働き方入門」(辻和洋・町支大介編著、中原淳監修)好評発売中です。1日の労働時間が約12時間におよぶ、先生方。その働き方を見直し、いかに持続可能な職場をつくりだすのか、を考えます。「サーベイフィードバック方の組織開発を応用した働き方改革」の事例として、教育機関以外の組織でも応用可能です。どうぞご笑覧くださいませ
   

  
  ーーー
  
新刊「未来を語る高校が生き残る」・・・2020年の大学入試改革、2022年の新学習指導要領改訂。社会をきりひらく人材を育成するために、高校・大学・企業に何ができるか? アクティブラーニング、カリキュラムマネジメント、そして「未来を語ること」。「未来を語ること」を通した学校づくりを提唱する中原研究室×河合塾×JCERIの研究の最新知見です。どうぞご笑覧ください。村松灯、渡邊優子編著、中原淳監修、学事出版さんからの出版です。
  

  
  ーーー
  
新刊「事業を創る人の大研究」(田中聡・中原淳著)、発売10日で重版決定、AMAZONカテゴリー1位(リーダーシップ、オペレーションズ)を記録しました。本書は、「人と組織」の観点から、「新規事業づくり」を論じた本です。新規事業に取り組む人をどのように選び、どのように仕事を任せ、そして支援していけばいいのかを論じています。イノベーション人材、次世代経営人材を育成している教育機関の方にもおすすめの内容です。どうぞご笑覧くださいませ!
    

   
  ーーー
   
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
中原研究室のLINEを運用しています。すでに約11000名の方々にご登録いただいております(もう少しで1万人!)。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
   
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「フィードバックとは、先輩から怒られることでしょ?」という「エセ・フィードバック」の蔓延にご注意を!?

2019.7.19 06:21/ Jun

「フィードバックとは、先輩から怒られることでしょ?」という「エセ・フィードバック」の蔓延にご注意を!?

世界初!?「言う言う、もやもや」理論:あなたの「思い」が言えば言うほど、相手に「伝わらない」メカニズムとは何か?

2019.7.18 06:02/ Jun

世界初!?「言う言う、もやもや」理論:あなたの「思い」が言えば言うほど、相手に「伝わらない」メカニズムとは何か?

あなたの会社のサーベイフィードバックは、やらされ感満載のグダグダトークでスマホいじくりまくりの「エセ対話 」になっていませんか?:サーベイフィードバック型組織開発入門!?

2019.7.17 06:20/ Jun

あなたの会社のサーベイフィードバックは、やらされ感満載のグダグダトークでスマホいじくりまくりの「エセ対話 」になっていませんか?:サーベイフィードバック型組織開発入門!?

新卒採用は「楽勝」だったのに「中途採用」で「めちゃめちゃ苦労」する人がハマりやすい「3つの罠」!?

2019.7.16 06:44/ Jun

新卒採用は「楽勝」だったのに「中途採用」で「めちゃめちゃ苦労」する人がハマりやすい「3つの罠」!?

研修・ワークショップの「アチャパー(失敗)」は「はじめと終わりの30分」に頻発する!? : 研修・ワークショップの失敗学!?

2019.7.12 05:59/ Jun

研修・ワークショップの「アチャパー(失敗)」は「はじめと終わりの30分」に頻発する!? : 研修・ワークショップの失敗学!?