NAKAHARA-LAB.net

2019.6.6 06:39/ Jun

あなたのプレゼンテーションは「聞いてもらえないこと」を「前提」にデザインされていますか?

「先生、大人向けに研修やワークショップをデザインするときとか、プレゼンをするときに、気をつけたらいいこと、ありますか?」
   
  ・
  ・
  ・
  
 ちょっと前のことになりますが、ある方から、こんな質問をお受けしました。
   
「そう言われてみると、なんだろ?」
  
 と思いながら、0.5秒くらいほど考えて、出した僕の答えは、これでした。
  
  ・
  ・
  ・
  
「聞いてもらえないことを前提に、コンテンツをつくること」
  
 僕の答えを聞いた方は「きょとん」としておられましたが、僕なりの答えはこれでした。これは、どういう意味でしょうか。
大人に「聞いてもらえないこと」を前提に研修コンテンツをつくる?
これはどういう意味でしょう?
  
  ▼
  
 といいますのは・・・常日頃、様々な研修をしておりますと、
  
「大人ほど、関心のないことを、聞かない人種はいない」
「大人ほど、聞きたくないことを、如実に拒否する人種はいない」
  
 と思うからです(笑)。
  
 関心のないことは、まったく聞いてません。
  
 大人は、すぐにスマホをいじるし
 ふんぞりかえるし、
 はなくそをほじります(笑)
  
 よく大人は、子どもに
  
「ちゃんと話を聞きなさい」
  
 と怒ったりしますよね。
  
 でも、子ども同様「ちゃんと話を聞かない」のは、大人も同じです。むしろ、その如実さは、大人の方が激しいくらいだとも思います。そして、そういう「話を聞かない」ときに、講師側がやれることはあまりありません。
  
 子どもの場合には、極端な話、大人である先生は「権力」をもっておりますので(権力を持っている風に、子どもには見えておりますので)、場合によっては、「話を聞かない場合」でも、「権力」をちらつかせて、ねじ伏せる場合があります。「ちゃんと話を聞きなさい」という怒りに満ちた先ほどの発言は、その典型です。
  
 しかし、大人向けの研修やワークショップだと、子どものときと同様というわけには、いきません。
 大人向けの研修は「聞いている方も大人、話す方も大人」です。
 ですので、子どものときほど「権力」を使って、ねじ伏せるわけにはいきません(程度の問題です)。
(子ども向けに教員をやっている方で、大人向けの授業や研修をやるのがイヤだ、とおっしゃる方は、こういう問題に直面しがちです。同じ「教える」でも、求められるスキルはすこし異なる可能性があります)
  
 よって、冒頭の「僕の答え」に到達します。
    
「聞いてもらえないことを前提に、コンテンツをつくること」
  
 関心や興味を引きつけないと、ただちに大人には「聞いてもらえなくなること」を「前提」にして、コンテンツを工夫し、様々なアクションやアクティビティをつくりだし、あの手、この手を使って、「理解」を生み出そうとするのです。

 端的に申し上げれば、
  
 大人に教えるのは、手間ひまかかるし、あの手この手を使う必要がある
    
 ま、ここでちゃぶ台をひっくりかえしますけど・・・今日は便宜上、大人と子どもを分けましたが、このことは、実は「子ども」でもまったく同じだと思いますけれどもね。
 子どもだって、関心・興味が持てないことは「聞いてもらえない」のではないかと思いますが・・・どうなんでしょう。
    
 えっ、なになに?
 大学生の場合はどうかって?
 そうですね・・・
   
 大学生の場合も同じだと思います。
    
 大学生だって、わかんないときは、「わかんない、キリッ」って顔をしてますし
 興味のないときには、「お地蔵さん」みたいに黙りこくってるし、
 スマホをいじってます。
 あのね・・・全部、見えてる(笑)。
  
 ねーねー、タピオカ飲みにいかない?
 いくいく
  
  ▼
  
 今日は「大人向けに話すときに気をつけたらいいこと」を考えてみました。
   
 あなたのプレゼンテーション、「聞いてもらえないこと」を「前提」にデザインされていますか?
   
 そして人生はつづく
  
  ーーー
  
「育児は仕事の役に立つーワンオペ育児からチーム育児へ」(浜屋祐子、中原淳著 光文社新書)、AMAZONカテゴリー1位(光文社新書)、経営学カテゴリー2位を記録しました。育児と仕事の良好な関係、ワンオペ育児を乗り越え、チーム育児に転換していくヒントがあふれる書籍です。浜屋祐子さんの修士論文の知見をモティーフにした、育児の科学。どうぞご笑覧くださいませ。
   

  
  ーーー
    
新刊「データから考える教師の働き方入門」(辻和洋・町支大介編著、中原淳監修)好評発売中です。1日の労働時間が約12時間におよぶ、先生方。その働き方を見直し、いかに持続可能な職場をつくりだすのか、を考えます。「サーベイフィードバック方の組織開発を応用した働き方改革」の事例として、教育機関以外の組織でも応用可能です。どうぞご笑覧くださいませ
  

   
  ーーー
   
新刊「残業学」重版出来、6刷決定です!(心より感謝です)。AMAZONの各カテゴリーで1位を記録しました(会社経営、マネジメント・人材管理・労働問題)。長時間労働はなぜ起こるのか? 長時間労働をいかに抑制すればいいのか? 大規模調査から、長時間労働の実態や抑制策を明らかにします。大学・大学院の講義調で語りかけられるように書いてありますので、わかりやすいと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
新刊「女性の視点で見直す人材育成」(中原淳・ラーニングエージェンシー 旧:トーマツイノベーション著)が重版出来!1万部突破です!AMAZONカテゴリー1位「企業革新」「女性と仕事」を記録しました!。女性のキャリアや働くことを主題にしつつ、究極的には「誰もが働きやすい職場をつくること」を論じている書籍です。7000名を超える大規模調査からわかった、長くいきいきと働きやすい職場とは何でしょうか? 平易な表現をめざした一般書で、どなたでもお読みいただけます。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
新刊「組織開発の探究」発売中、重版4刷決定しました!AMAZONカテゴリー1位「マネジメント・人事管理」を獲得しています。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
   
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
中原研究室のLINEを運用しています。すでに約11000名の方々にご登録いただいております(もう少しで1万人!)。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
   
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2019.8.5 06:04/ Jun

危険だと思う方に「自分」を賭けろ!? : 岡本太郎美術館という名のパワースポット!?

【参加申込者募集!】立教BLPカンファレンス2019開催!:「データを活かした新たな授業づくり*新たな教育評価を学ぶ!?」

2019.8.2 06:14/ Jun

【参加申込者募集!】立教BLPカンファレンス2019開催!:「データを活かした新たな授業づくり*新たな教育評価を学ぶ!?」

組織変革のときに必ず生まれる「抵抗勢力」は「根回し」か「排除」か「ごちそう」か?

2019.8.1 06:48/ Jun

組織変革のときに必ず生まれる「抵抗勢力」は「根回し」か「排除」か「ごちそう」か?

2019.7.31 06:08/ Jun

あったら怖い!「ケースメソッド教授法」という名の「答えのあてっこ」と「華麗なるスルー」!?

企業研修の実務では「厳密な研修効果測定」は不可能である!?・・・ていうか「やめたほうが」いい理由!?

2019.7.30 06:14/ Jun

企業研修の実務では「厳密な研修効果測定」は不可能である!?・・・ていうか「やめたほうが」いい理由!?