NAKAHARA-LAB.net

2019.5.15 06:52/ Jun

あなたの「チーム」を動かすための「2つのキラークエスチョン」とは何か?

 Why are you here?(あなたは、なぜ、ここにいるのか?)
 Why are we here?(わたしたちは、なぜ、ここにいるのか?)
   
  ・
  ・
  ・
  
 僕は、この2つの問いが、チームワークを考えるうえで、とても大切なキラークエスチョンだと思っています。この1年、様々なチークのグループワークを観察する機会に恵まれ、この2つの問いにたどり着きました。いつだって本質的なことは「シンプル」です。
   
 僕が責任者をつとめる立教大学経営学部ビジネスリーダーシッププログラムは、リーダーシップにまつわる、大学初年次のプロジェクト学習を学部単位で実践しています。
 年間で、100を超えるグループワークが学部のあちらこちらで、なされており、日本で最大の「チームワークを観察できる場所」だと思っています。それにまつわるデータも、日本でもっとも生まれている場所でしょう。
  
 その観察を通してたどり着いたのが、先の2つの質問です。
 もう少しブレークダウンすると、下記のように、質問を下位展開できるでしょう。
  
 Why are you here?(あなたは、なぜ、ここにいるのか?)
  ・あなたは、なにをしたいのか?
  ・あなたには、どんな貢献ができるのか?
  ・このチームワークを通じて、あなたは、どのように変わりたいのか?
  
 Why are we here?(わたしたちは、なぜ、ここにいるのか?)
  ・わたしたちは、何をしたいのか?
  ・私たちが取り組む課題とは何か?
  ・このチームワークの果てに、わたしたちは、どのようなチームでありたいのか?
  
 チームメンバーが、自分の言葉で、これらの質問にスラスラと答えられるのなら、経験上、おそらく、「機能しないチーム」というものはないように思います。経験上といいましょうか・・・手持ちのデータも、たいがい、それを示しています。
 
 逆にいうと、チームワークを為していく中で、チームは困った状況に陥ります。
 
 たとえば、
  
 なぜ、自分がここにいるか、わからない
  ・自分が、何をしたいのか、わからない
  ・自分は、どんな貢献をしていいか、わからない
  ・どのように自分が変わりたいのか、考えたこともない
  
 わたしたちが、なぜ、ここにいるのか、わからない
  ・わたしたちは、何を成し遂げたいのか、わからない
  ・私たちが取り組む課題が見えない
  ・このチームワークを通じて、どのようなチームでありたいのか、わからない
  
 という状態に陥ってしまう場合が少なくありません。
 そういう場合は、チームワークは、アタリ前田のクラッカーですが、多くの場合「機能しません」。機能したとしても、誰の仕事でもないような「こぼれ球」の仕事が、ボロボロと人々のあいだに落ちていくような状況に陥りがちです。
  
 これは学生だけに言えるわけではありません。
 さらにいうならば、世の中には、
  
 「やりたくもないこと」を「仕事にしている」 
 「働きたくない」のに「働いてる」
 「この組織にいたくない」のに「組織にいる」
   
 ことが、実に多いのではないか、と思います。
 これが「生産性の低さ」につながることは言うまでもありません。
  
 もちろん、
  
 人は「意味」だけで生きているわけではない
  
 これは真実です。
 しかし、
  
 人は「意味の見いだせないこと」に継続的かつ意欲的に取り組むことは、できないものなのです。
  
 たかが「意味」
 されど「意味」
  
 です。
  
  ▼
  
 今日は、チームワークにまつわる2つのキラークエスチョンを考えてみました。
  
 あなたが所属しているチームや職場では、この2つの問いに、メンバーは、どのように答えますか?
  
 Why are you here?(あなたは、なぜ、ここにいるのか?)
 Why are we here?(わたしたちは、なぜ、ここにいるのか?)
  
 あなたが率いるチームは、いま、何をめざしていますか?
  
 Why are you here?(あなたは、なぜ、ここにいるのか?)
 Why are we here?(わたしたちは、なぜ、ここにいるのか?)
  
 そして人生はつづく
  
  ーーー
  
新刊「女性の視点で見直す人材育成」(中原淳・ラーニングエージェンシー著)が重版出来!1万部突破です!AMAZONカテゴリー1位「企業革新」「女性と仕事」を記録しました!。女性のキャリアや働くことを主題にしつつ、究極的には「誰もが働きやすい職場をつくること」を論じている書籍です。7000名を超える大規模調査からわかった、長くいきいきと働きやすい職場とは何でしょうか? 平易な表現をめざした一般書で、どなたでもお読みいただけます。どうぞご笑覧くださいませ!
    

  
  ーーー
  
「育児は仕事の役に立つーワンオペ育児からチーム育児へ」(浜屋祐子、中原淳著 光文社新書)、AMAZONカテゴリー1位(光文社新書)、経営学カテゴリー2位を記録しました。育児と仕事の良好な関係、ワンオペ育児を乗り越え、チーム育児に転換していくヒントがあふれる書籍です。浜屋祐子さんの修士論文の知見をモティーフにした、育児の科学。どうぞご笑覧くださいませ。
    

  
  ーーー
    
新刊「データから考える教師の働き方入門」(辻和洋・町支大介編著、中原淳監修)好評発売中です。1日の労働時間が約12時間におよぶ、先生方。その働き方を見直し、いかに持続可能な職場をつくりだすのか、を考えます。「サーベイフィードバック方の組織開発を応用した働き方改革」の事例として、教育機関以外の組織でも応用可能です。どうぞご笑覧くださいませ
  

   
  ーーー
  
新刊「残業学」重版出来、6刷決定です!(心より感謝です)。AMAZONの各カテゴリーで1位を記録しました(会社経営、マネジメント・人材管理・労働問題)。長時間労働はなぜ起こるのか? 長時間労働をいかに抑制すればいいのか? 大規模調査から、長時間労働の実態や抑制策を明らかにします。大学・大学院の講義調で語りかけられるように書いてありますので、わかりやすいと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
新刊「女性の視点で見直す人材育成」(中原淳・ラーニングエージェンシー 旧:トーマツイノベーション著)が重版出来!1万部突破です!AMAZONカテゴリー1位「企業革新」「女性と仕事」を記録しました!。女性のキャリアや働くことを主題にしつつ、究極的には「誰もが働きやすい職場をつくること」を論じている書籍です。7000名を超える大規模調査からわかった、長くいきいきと働きやすい職場とは何でしょうか? 平易な表現をめざした一般書で、どなたでもお読みいただけます。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
新刊「組織開発の探究」発売中、重版4刷決定しました!AMAZONカテゴリー1位「マネジメント・人事管理」を獲得しています。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
   
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
中原研究室のLINEを運用しています。すでに約11000名の方々にご登録いただいております(もう少しで1万人!)。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
   
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

世界初!?「言う言う、もやもや」理論:あなたの「思い」が言えば言うほど、相手に「伝わらない」メカニズムとは何か?

2019.7.18 06:02/ Jun

世界初!?「言う言う、もやもや」理論:あなたの「思い」が言えば言うほど、相手に「伝わらない」メカニズムとは何か?

あなたの会社のサーベイフィードバックは、やらされ感満載のグダグダトークでスマホいじくりまくりの「エセ対話 」になっていませんか?:サーベイフィードバック型組織開発入門!?

2019.7.17 06:20/ Jun

あなたの会社のサーベイフィードバックは、やらされ感満載のグダグダトークでスマホいじくりまくりの「エセ対話 」になっていませんか?:サーベイフィードバック型組織開発入門!?

新卒採用は「楽勝」だったのに「中途採用」で「めちゃめちゃ苦労」する人がハマりやすい「3つの罠」!?

2019.7.16 06:44/ Jun

新卒採用は「楽勝」だったのに「中途採用」で「めちゃめちゃ苦労」する人がハマりやすい「3つの罠」!?

研修・ワークショップの「アチャパー(失敗)」は「はじめと終わりの30分」に頻発する!? : 研修・ワークショップの失敗学!?

2019.7.12 05:59/ Jun

研修・ワークショップの「アチャパー(失敗)」は「はじめと終わりの30分」に頻発する!? : 研修・ワークショップの失敗学!?

あなたのリーダーシップを教えて下さい!:「肩書き」で答える日本人、「経験」を語るグローバルなビジネスパーソン!?

2019.7.11 06:13/ Jun

あなたのリーダーシップを教えて下さい!:「肩書き」で答える日本人、「経験」を語るグローバルなビジネスパーソン!?