NAKAHARA-LAB.net

2019.4.26 06:46/ Jun

あなたの組織では「希望まみれの反逆」が生まれていますか?:組織変革に必要な「抵抗」のマネジメントとは!?

「がっかり」は 期待しているときにだけ出てくる 希望まみれの言葉
 (枡野浩一)
   
 こちらの歌は、歌人の枡野浩一さんの作品です。
    
「がっかりしたな」という感情は「期待の裏返し」にこそ生まれる。そして、その底流には「かすかな、しかし、それでいて実現されていない希望」がある、という意味だと解釈しました。素人の解釈でまことに恐縮です。しかし、なかなか味わい深い作品だと思います。
    
 といいますのも、わたしのような仕事をしておりますと、ある組織の人材開発のあり方を「変える」ような局面に出くわすことが少なくありません。おおげさにいえば「組織変革」ということになるのでしょうが、この「組織変革」というものには、必ず、「セットになってくるもの」がございます。
   
 組織変革に、かならず「つきまとうもの」
 それは、人々の「抵抗」や「葛藤」といった「負の感情」です
  
 なぜ、これまでやってきたことを「変える」のか。
 なぜ、これまでの自分たちでは「ダメ」なのか。
  
 そんなとき、ひとは「がっかり」したり、「怒り」を感じたり、「反発」したり、「抵抗」したりします。
 改革の推進者としては、そうした「負の感情」をケアしたり、マネジメントすることが、非常に手間だったりします。
  
  ▼
  
 しかし「抵抗者」というものを、ひとくくりに「反逆者」と見なすことは「早計」のようにも思います。
  
 なぜなら、
  
 ひとが「抵抗」したり「反逆」したりするのは、その背後に「自分なりの強い思い」がある
  
 こともあるからです。
  
 自分なりの考えや、自分なりの思いや、自分なりの強い感情があるからこそ、それが「抵抗」という現象として立ち現れてくる、ということも、また真実である場合もあるのです。
    
 反対に、変革を志すひとにとって、もっとも手強いのは
    
 何を言っても「無関心」「無感情」といったひと
  
 です。
  
 何を言っても、のれんに腕押し。
 こういうひとが、もっとも厄介であることが、ままあります。 
  
 むしろ、抵抗者や反逆者といったひとびとは、わかりやすいだけに、扱いやすい側面もございます。
  
 そこで思い起こしたいのが、先の歌です。
  
「がっかり」は 期待しているときにだけ出てくる 希望まみれの言葉
 (枡野浩一)
  
 もうおわかりですね・・・すなわち、
  
 「抵抗」は 期待しているときにだけ出てくる 希望まみれの反逆
  
 であることも、少なくないのです。
   
 そういう抵抗者のもつ「希望まみれの反逆」をいかに説得し、「ポジティブなエネルギー」に変えるのか。
  
 組織変革を行ったことのある方なら、きっと一度くらいは、体験したことがあるかと思うのですが、
     
 変革にたいして、最初「最も抵抗していたひと」が「一番の推進者」になる
     
 という不思議な現象が起こることが、組織変革では、ままあるものです。最初は、めちゃくちゃに「抵抗」していた。しかしながら、腹を割って話し合い、相手がこちらの意図や思いを理解した瞬間に、パーンと、相手の立ち位置が変わる。結局、「最も抵抗していたひと」が「一番の推進者」になってしまった。こういうケースが、ままあるものです。
    
 なかなか難しいのでしょうけれど、ひとの「負の感情」を「正の力動」にいかに変えていくかが、組織変革の肝であるような気がします。
   
 もちろん、すべての「抵抗者」が、このような理想的プロセスをとるわけではありません。なかには「保身」「現状維持」「逃げ切り」しか考えていないひともいますので、注意が必要です。
   
  ▼
   
 今日は、ひとつの作品から、組織変革について考えてみました。
   
 端的に言ってしまえば、
   
 抵抗とは希望の裏返し
 抵抗は、うまく御せば、変革のパワーになりうる
   
 ということになります。
   
 あなたの組織では「希望まみれの反逆」が生まれていますか?
  
 そして人生はつづく
  
(4月27日から5月6日まではブログの更新をお休みします。しっかり充電して参ります!皆さん、よい休日を!)
   
  ーーー
   
新刊「データから考える教師の働き方入門」(辻和洋・町支大介編著、中原淳監修)好評発売中です。1日の労働時間が約12時間におよぶ、先生方。その働き方を見直し、いかに持続可能な職場をつくりだすのか、を考えます。「サーベイフィードバック方の組織開発を応用した働き方改革」の事例として、教育機関以外の組織でも応用可能です。どうぞご笑覧くださいませ
  

  
  ーーー
  
新刊「残業学」重版出来、5刷決定です!(心より感謝です)。AMAZONの各カテゴリーで1位を記録しました(会社経営、マネジメント・人材管理・労働問題)。長時間労働はなぜ起こるのか? 長時間労働をいかに抑制すればいいのか? 大規模調査から、長時間労働の実態や抑制策を明らかにします。大学・大学院の講義調で語りかけられるように書いてありますので、わかりやすいと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
新刊「女性の視点で見直す人材育成」(中原淳・トーマツイノベーション著)が、AMAZONカテゴリー1位「企業革新」「女性と仕事」を記録しました。女性のキャリアや働くことを主題にしつつ、究極的には「誰もが働きやすい職場をつくること」を論じている書籍です。7000名を超える大規模調査からわかった、長くいきいきと働きやすい職場とは何でしょうか? 平易な表現をめざした一般書で、どなたでもお読みいただけます。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
新刊「組織開発の探究」発売中、重版4刷決定しました!AMAZONカテゴリー1位「マネジメント・人事管理」を獲得しています。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
   
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
中原研究室のLINEを運用しています。すでに約11000名の方々にご登録いただいております(もう少しで1万人!)。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
   
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2019.8.5 06:04/ Jun

危険だと思う方に「自分」を賭けろ!? : 岡本太郎美術館という名のパワースポット!?

【参加申込者募集!】立教BLPカンファレンス2019開催!:「データを活かした新たな授業づくり*新たな教育評価を学ぶ!?」

2019.8.2 06:14/ Jun

【参加申込者募集!】立教BLPカンファレンス2019開催!:「データを活かした新たな授業づくり*新たな教育評価を学ぶ!?」

組織変革のときに必ず生まれる「抵抗勢力」は「根回し」か「排除」か「ごちそう」か?

2019.8.1 06:48/ Jun

組織変革のときに必ず生まれる「抵抗勢力」は「根回し」か「排除」か「ごちそう」か?

2019.7.31 06:08/ Jun

あったら怖い!「ケースメソッド教授法」という名の「答えのあてっこ」と「華麗なるスルー」!?

企業研修の実務では「厳密な研修効果測定」は不可能である!?・・・ていうか「やめたほうが」いい理由!?

2019.7.30 06:14/ Jun

企業研修の実務では「厳密な研修効果測定」は不可能である!?・・・ていうか「やめたほうが」いい理由!?