NAKAHARA-LAB.net

2019.2.8 06:46/ Jun

「数字」や「エビデンス」は「現場を変えない」のはなぜか?:組織に存在する「マリアナ海溝」並に深い「溝」の正体!?

 イノベーションは、プロフェッショナルたちの切磋琢磨によって生み出される、とされている
    
 しかし、
    
 イノベーションは、プロフェッショナルたちの間に広がる「境界」によって「普及」を阻まれる
    
  ・
  ・
  ・
    
 ちょっと前のことになりますが、立教大学大学院・中原ゼミで、博士1年の辻和洋さんが、「プロフェッショナル組織において、なぜイノベーションは「普及」しないのか」という英語論文を報告してくれました(Ferlie and Fitzgerald(2005) Academy of Management Journal 48(1) pp117-134)。いつも面白い論文をチョイスしてくれる大学院生には、心より感謝です。
    
 この論文は、いくつかの医療現場における、新たな医療方法(イノベーション)の普及が、いかにプロフェッショナルたちがつくりだす「溝」によって普及しないのかを論じた事例研究です。
     
 この論文の面白いところは、
   
 イノベーションが「普及」しないのは「普及の根拠」がないからではない
  
 ということです。
   
 最近は、Evidenced-Based Medicine(根拠にもとづく医療)といったことも喧伝される中、データと根拠に裏打ちされた医療行為が求められるようになっています。だから、新たな医療には「根拠」や「データ」や「エビデンス」が必ず付与される。
    
 しかし、医療行為に従事するひとびとは、たとえ「根拠」があっても、どんなに「エビデンス」があっても、イノベーションを普及させようとはしません。というのは、組織のなかには、医者ばかりではなく、看護師、助産師、薬剤師など、さまざまなプロフェッショナルたちが混在しており、それらが相互に「溝」をつくりだし、新たなことを為そうとするとき、お互いに「抵抗」を示すからです。
  
「社会的カテゴリー」が「溝」をつくりだし
「溝」が「普及」を阻害します。
  
 プロフェッショナルたちのあいだに広がるのは、知識的な境界ばかりではありません。ものごとをいかに見るのか、という認識的な境界、はてには、エモーショナルな境界までもが、渦巻いている世界です。ですので、どんなにエビデンスがあろうがなかろうが、それだけでは現場は変わりません。
  
 つまり
  
「数字」は現場を変えない
  
 のです。
  
 それでは、彼らには何が必要なのか。
 まずは、プロフェッショナルたちのあいだの社会的な交流を増やし、対話を生み出すことです。さらには、相互に対する信頼を通じて、お互いの仕事を調整していく他はないのかな、と思います。
 これらの解決策・・・「地べた」を這うようで、「月並み」で、どうしてようもなく「凡庸」で、泥を食むような「地道な営み」あることは、百も承知です。しかし、相互に「向き合うこと」以外に、物事をかえるきっかけは、見当たりません。
  
「数字」は現場を変えません
   
 AIを使って、どんなに鮮やかな知見を現場にフィードバックしようが、高度な実験計画で鮮やかな統計処理を行おうが、数字やエビデンスだけでは現場は変わりません。
  
「数字」をネタに、プロフェッショナルたちが向き合い、対話していくことでしか、現場は変わりません。
  
  ▼
  
 今日は医療業界を事例とした「プロフェッショナル組織」の話をさせていただきました。
 この話は、医療業界ばかりの話ではありません。おそらく皆さんが仕事をしていく業界も、多かれ少なかれ、このような状況にあるのではないでしょうか。世の中で必要になる知識は、さらに高度化していくことが予想されており、仕事はさらに「プロ化」の方向に向かうのは、おそらく間違いはありません。
  
 しかし、プロフェッショナルたちの組織は「頑健」です。これに外部から影響を与えるのは簡単なことではありません。
  
 プロフェッショナルたちは、自らの力量と専門性によって、幾重にも外部との境界をつくりだします。そして、プロフェッショナルたちは、組織内部では強い社会的絆を築こうとしますが、外部との意思疎通を拒絶する傾向があります。
  
 まぁ・・・ちょっと飛ぶのですけれどもね(ブログだから、いいか・・・)・・・こういうニュースを目にすると・・・プロフェッショナルたちがつくりだす「溝」は「マリアナ海溝」なみに深いな、と思ってしまいます。世間の非常識が、幾重にもまかり通るのですね。
  
声を上げ始めた“無給医”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190206/k10011805851000.html?utm_int=news_contents_netnewsup_003
  
「基本みんな見て見ぬ振り、おかしい制度だと思っていても、異議をとなえることはできません。嫌なら医局を辞めれば、ということです」(30代)
  
「学位を盾に大学院生を強引に使ったり、とにかくパワハラ・人事が医局のすべてと言っても過言ではありません」(40代)
  
「このような理不尽な医局体制が続くことがとても悔しく、このことを外部に伝えたく連絡しました」(30代)
  
 ・
 ・
 ・
  
 ええと・・・そちらの業界、大丈夫ですか?
 このお話は、今や「新たな元号」を迎えようとしている、「現在の日本のお話」ですか?(泣)
  
 ・
 ・
 ・
   
 あなたの組織にはプロフェッショナルたちの「溝」がありますか?
 新たなアイデアの普及を阻害しているのは何ですか?
  
 そして人生はつづく
   
  ーーー
  
新刊「残業学」重版出来、5刷決定です!(心より感謝です)。AMAZONの各カテゴリーで1位を記録しました(会社経営、マネジメント・人材管理・労働問題)。長時間労働はなぜ起こるのか? 長時間労働をいかに抑制すればいいのか? 大規模調査から、長時間労働の実態や抑制策を明らかにします。大学・大学院の講義調で語りかけられるように書いてありますので、わかりやすいと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
   

   
  ーーー
  
新刊「女性の視点で見直す人材育成」(中原淳・トーマツイノベーション著)が、ついに刊行になりました。AMAZONカテゴリー1位「企業革新」「女性と仕事」。女性のキャリアや働くことを主題にしつつ、究極的には「誰もが働きやすい職場をつくること」を論じている書籍です。7000名を超える大規模調査からわかった、長くいきいきと働きやすい職場とは何でしょうか? 平易な表現をめざした一般書で、どなたでもお読みいただけます。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
  ーーー
  
新刊「組織開発の探究」発売中、重版4刷決定しました!AMAZONカテゴリー1位「マネジメント・人事管理」を獲得しています。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
  ーーー
  
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
中原研究室のLINEを運用しています。すでに約10000名の方々にご登録いただいております(もう少しで1万人!)。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
  
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2019.11.12 07:01/ Jun

将来、あなたの「賃金」はどうなると思いますか?:「働かないおじさん」問題は「中年男性」の問題ではない!

あなたの周囲の「形骸化しすぎてペンペン草すらはえない会議やイベント」を変革する方法!? : プリヤ・パーカー(著)関美和(訳)「最高の集い方」書評

2019.11.11 06:41/ Jun

あなたの周囲の「形骸化しすぎてペンペン草すらはえない会議やイベント」を変革する方法!? : プリヤ・パーカー(著)関美和(訳)「最高の集い方」書評

あなたの持っている「暗黙の上司理論」と、あなたの上司の「暗黙の部下理論」は「いい案配」でマッチしていますか?

2019.11.8 06:55/ Jun

あなたの持っている「暗黙の上司理論」と、あなたの上司の「暗黙の部下理論」は「いい案配」でマッチしていますか?

大量のデータで「ひと儲け」したいビジネスの「盲点」とは何か?

2019.11.7 06:34/ Jun

大量のデータで「ひと儲け」したいビジネスの「盲点」とは何か?

あなたのまわりには「自己目的化した薄っぺらなダメだし振り返り」が蔓延していませんか?

2019.11.6 06:48/ Jun

あなたのまわりには「自己目的化した薄っぺらなダメだし振り返り」が蔓延していませんか?