NAKAHARA-LAB.net

2017.7.18 06:37/ Jun

「話題すり替え型・フィードバック拒絶症候群」が全国的に猛威をふるっています!?

 自ら進んで、他人に「フィードバック」を求める人がいます
   
 一方で、
  
 どんなに他人からフィードバックされても、聞く耳をもたない人
  
 もいます。
  
 フィードバックとは「自分の行動やあり方に関する、耳の痛い事実を受け入れ、自らを立て直す」こと。
 耳の痛いことを通知されることが多いのですから、フィードバックを拒絶したい気持ちはよくわかります。
  
 ま、いやだよね。
「どM」じゃないかぎり(笑)。
   
 この問題に関して、フィードバックを求めるか、拒絶するかは「個人の選択」の問題なので、第三者の僕が、何も申し上げることはございません。「個人の選択」に応じた「結果」を、自ら進んでお引き受けになればよろしいのか、と思います。
  
  ▼
  
 ところで、後者の「聞く耳をもたない人=フィードバック拒絶」には、様々なタイプ(いわば症例)がございます。
  
 今日の話題にさせていただきたいのは「話題すり替え型・フィードバック拒絶症候群」という、まことに厄介な症例です(笑)。
 この症例のフィードバック拒絶症候群に罹患した方は、相手に耳の痛いことを言われると、すぐに「話題を転換」しようとします。
  
 たとえば、下記のような会話です。
 この場面では、AさんがBさんにフィードバックをしています。
 しかし、Bさんは、Aさんのフィードバックを受け入れるように見せかけ、話題を強制的にすり替えています。
  

Aさん「Bさんの・・・の行動が、悪い結果をもたらしているように思うんですよ」
Bさん「そうですね。申し訳ないです・・・・あっそういえば・・・Aさん、あの話ご存じですか? 実はいい話があるんですよ」
Aさん「あの話って何?」

  

Aさん「Bさんの・・・の行動が、悪い結果をもたらしているように思うんですよ」
Bさん「いやー、本当にすみません・・・・ところで・・・Aさん、Cさんの噂ご存じですか・・・実はですね・・・」
Aさん「えっ、何々?」

  

Aさん「Bさんの・・・の行動が、悪い結果をもたらしているように思うんですよ」
Bさん「申し訳ないです・・・・でも、その件にからめてなんですが、実は、競合のC社の最近の動き、ご存じですか?」
Aさん「C社、なんかあったの?」

  
 Bさんの「話題すり替え」、なかなか手強いですね。
  
 Bさんの会話例にでてきた「あっ、そういえば」「ところで」「その件に関連する」などのワードは、典型的な話題転換ワードです。
 Bさんは、これらを用いて、強制的に「話題をすり替え」、Aさんからのフィードバックをかわそうとしています。Aさんのフィードバックは、1ミリもBさんに刺さっていません。
   
 本来ならば、Aさんは、この後、自分が行ったフィードバックに関して、相手がどのように思っているのかを確かめ、理解をすりあわせなければならないのですが、強制的な話題のすり替えによって、それが不可能になっています。
  
 「あっ、そういえば」
 「ところで」
 「その件にからめてなんですが」
  
 というワードがあったら、ご注意を!(笑)
   
  ▼
   
 今日は「フィードバック拒絶」に関するお話をしました。
 第三者に耳の痛い話を突然突きつけられるくらいなら、自らフィードバックを求め、自ら変化したいと個人的には思います。
  
 あなたの周りに「話題すり替え型・フィードバック拒絶症候群」に罹患している方はいらっしゃいませんか?
 全国的に猛威をふるっているようですよ(笑)
  
 そして人生はつづく
  
 ーーー
  
【注目!:研究室のLINEはじめました!】   
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに1000名を超える方々にご登録いただいております(お金の都合があり・・・ある程度になったら新規募集を打ち止めにします。高いんです。どうかお早めに!)。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
      
友だち追加
   

  
 ーーー
   
新刊「フィードバック入門:耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術」絶賛発売中、すでに6刷・重版出来・2万部を超えました!AMAZON総合13位、1位(マネジメント・人材管理カテゴリー、リーダーシップカテゴリー)を記録!
年上の部下、若手のトンガリボーイ、トンガリガール。職場には、多様な人々が集っています。難易度の高い部下育成に悩む管理職向けの新書です。どうぞご笑覧くださいませ。
    

ブログ一覧に戻る

最新の記事

多様性推進とは「異なる部族」の「共生」を模索することである!?

2017.12.15 07:05/ Jun

多様性推進とは「異なる部族」の「共生」を模索することである!?

- -

2017.12.14 06:06/ Jun

参加お申し込み・締切間近【学校づくりリーダーのためのアクティブラーナーズサミット2018】でお逢いしましょう!

- -

いつもの座席で、耳栓しながら仕事をする「知識創造系フリーアドレスオフィス」!?

2017.12.13 06:39/ Jun

いつもの座席で、耳栓しながら仕事をする「知識創造系フリーアドレスオフィス」!?

- -

どんなに素晴らしい研修でも「効果をゼロ」にしてしまう「魔法のひと言」!?

2017.12.12 05:45/ Jun

どんなに素晴らしい研修でも「効果をゼロ」にしてしまう「魔法のひと言」!?

- -

あなたの会社には「フィードバック不感症」に罹患しているマネジャー・リーダーはいませんか?

2017.12.11 06:06/ Jun

あなたの会社には「フィードバック不感症」に罹患しているマネジャー・リーダーはいませんか?

- -