NAKAHARA-LAB.net

2017.6.30 06:25/ Jun

相手の心に1ミリも刺さらない「ざっくり、ばっくり、ポジティブフィードバック」とは何か!?

 先だって、ある会合の席上で、ポジティブフィードバックについて議論になりました。議論になったのは、世の中では「フィードバック」というと、「ネガティブフィードバック:耳の痛いことを通知して、立て直すこと」が注目されがちだけど、ポジティブなものーすなわち「ポジティブフィードバック」も必要だよね、というお話です。
   
 拙著「フィードバック入門」では、フィードバックには「ポジ」も「ネガ」も必要であることを明記しつつ、しかしながら、その「二分法」にとらわれないことの重要性を書かせていただきました。僕がお話ししたかったことは、ポジとネガを分けて、どっちが先か、どっちが有用か、という議論をすると、結論はつかない、という指摘です。
 むしろ必要なことは「鏡」になって、相手に、今の相手の状況をしっかりと伝えることである、と書かせていただいたのです。
    

   
 が、ここからは僕自身の反省点なのですが、その後の本の記述は「ネガティブなフィードバック」の記述が多くなっており、ポジティブフィードバックについては、あまり触れられていないという欠点があったように思います。汗顔の至りです。次回作?では、ぜひ、こちらについても触れていこうと思います。
  
  ▼
  
 「もう遅いわい!」と激しいツッコミを受けそうですが、ポジティブフィードバックについて、ここで書かせていただくこうと思います。
  
 しかしながら、ポイントはそれほどネガティブフィードバックと変わりません。ポジティブフィードバックにおいても、ネガティブフィードバック同様、相手の「SBI情報」をしっかりと観察し、それを具体的に行動レベルの表現で、相手に通知することです。
  
 SBI情報とは、
  
 Situation(状況) : 「     」さんの、「      」のとき(状況)の
 Behavior (行動):「     」の行動が
 Impact  (成果):「        」のような点でよかったと思います
  
 が一揃いになった、相手の状況に関するデータのことですね。
  
 要するに、ワンセンテンスでいうと「なるべく具体的に」です!
 フィードバックとは、相手への情報通知による、行動の強化と修正なのですから、強化したい行動や修正したい行動を、なるべく具体的に告げることが重要です。
 そして、そのためには「相手を観察」していなければなりません。リーダーシップとは「観察」にはじまり、「観察」に終わるものだと僕は思います。
  
 このように「SBI情報を明示した具体的なポジティブフィードバック」に対して、あまり相手に「刺さらない」のが、
  
 「ざっくり、ばっくり、頑張ってるね」
  
 とか
  
 「まるっと、いいじゃん」
  
 といってしまうようなフィードバックである、と教科書的には言われております。
  
 相手のことを賞賛しているようで、何が「頑張ってるね」なのか、何が「いいじゃん」なのか、さっぱりわかりません。
  
 これは激しい自戒をこめて書かせていただきます(冷や汗)。
 僕自身は、どうもこの「ざっくり、ばっくり、ポジティブフィードバック病」に罹患しているような気がします。だから書かなかった(笑)いや、そんなことはない。これからは、ちゃんと観察します。ちゃんと表現するようにします。
  
 す、す、すみません(冷や汗!)
  
  ▼
  
 今日はポジティブフィードバックについてざっくり、ばっくり、自虐的に書かせていただきました。
   
 皆さんは、ざっくり、ばっくり、フィードバック病にかかっていませんか?
  
 嗚呼、今日で今週も終わりです。
 今週もスパイシーでした。
    
 そして人生はつづく
  
 ーーー
   
【注目!:研究室のLINEはじめました!】   
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに600名を超える方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
      
友だち追加
  

  
 ーーー
  
【女性の働くを科学する:ロールモデル論ってほんと?】
 トーマツイノベーションさん×中原研究室の共同研究「女性の働くを科学する」の特設サイトで、「女性活躍が進まないのは「ロールモデルがいないから」は本当か?」という記事が公開されています。
 女性活躍推進の現場では、女性の活躍が進まないのは「社内のロールモデル」がいないからだ、として、社内ロールモデルを擁立したり、外からロールモデルを連れてくることがよく行われますが、本当にこれは「本当」なのでしょうか?
  
女性活躍が進まないのは「ロールモデルがいないから」は本当か?
https://www.ti.tohmatsu.co.jp/npro/2017/report/detail/article08.html
  
 ーーー
   
 新刊「フィードバック入門」の内容を数時間のワークショップにさせていただくことになりました。2017年8月8日(火曜日)、小生が登壇し「フィードバックの仕方を学ぶ」体験ワークショップを開催させていただきます。耳の痛いことを通知し、立て直す技術。当日は、映像ありーの、実習ありーのの場になると思います。下記は「フィードバック」の特設サイトです。もしご興味がありましたら、ぜひお越しくださいませ!
   
フィードバック入門特設サイト
http://www.php.co.jp/seminar/feedback/

ブログ一覧に戻る

最新の記事

脳内でひそかに行われる「錆び付きセルフチェック」!?:学生に対するフィードバックの機会では、僕自身が一番学んでいる!?

2021.2.26 07:52/ Jun

脳内でひそかに行われる「錆び付きセルフチェック」!?:学生に対するフィードバックの機会では、僕自身が一番学んでいる!?

2021.2.25 07:33/ Jun

研究アウトプットの裏側は「超絶アナログ付箋紙作業」!?:並べて、動かし、眺めて見つかる「一筋のロジック」!?

2021.2.24 08:05/ Jun

ザ・研修評価!:人材開発に残された「大きな課題」を乗り越える!

紙上完全再現!?「ナラティブセラピーとは何か?」ワークショップの魅力!:国重浩一著「ナラティブセラピーワークショップBOOK1 : 基礎知識と背景概念を知る」書評

2021.2.22 08:15/ Jun

紙上完全再現!?「ナラティブセラピーとは何か?」ワークショップの魅力!:国重浩一著「ナラティブセラピーワークショップBOOK1 : 基礎知識と背景概念を知る」書評

ニッポン社会に「対話」がさっぱり普及しないわけ!?:あなたは「対話」に、どんなイメージをもっていますか?

2021.2.19 08:04/ Jun

ニッポン社会に「対話」がさっぱり普及しないわけ!?:あなたは「対話」に、どんなイメージをもっていますか?