NAKAHARA-LAB.net

2017.2.9 06:24/ Jun

東京大学より、英語学習・無料オンラインコース「English Academia」がリリース!どなたでも学べます!


   
 東京大学から、また新しい英語学習・無料オンラインコースがリリースされました。
     
 名づけて、
    
「English Academia」(イングリッシュ・アカデミア)
 https://utokyo-ea.com/
    
 です(パチパチパチ!)。
 このコースは、どなたでもご利用いただけ(学生であってもなくても、社会人であろうと、誰であろうとOK!)、スマホからでも、PCからでも学ぶことができます。
    
 イングリッシュ・アカデミアは、これから研究ライフをはじめる、学部生、大学院生向けに開発された、初心者向けのアカデミックコミュニケーションのサイトです。どうぞふるってご利用下さいませ。どうぞよろしく御願いいたします。
   
  ▼
     
 いまさら「アタリマエダのクラッカー」ですが、グローバル化が進行しています。そんななか、研究者としてのキャリアを歩む中で、英語を話す機会はどんどん増えています。
    
 多国籍なラボでの研究進捗発表、国際学会発表、留学が活発になっている昨今では英語授業を手伝う機会もあるでしょう。
  
 しかし、英語を母語としない研究者、とりわけ研究の道に入ったばかりの大学院生などは、英語での研究生活に高い壁を感じることがあります。
   
 イングリッシュ・アカデミアは
  
1.研究生活における英語でのアカデミック・コミュニケーションの意義を認識すること
  
2.研究生活の様々な場面で実用できる英語表現を身につけること
  
 をめざしているオンラインコースです。
  
 内容は下記の10のセッションに別れていて、ぜんぶで、だいたい5時間くらいの学習が必要になり、それを終えると「修了証」(PDF)が交付されます。
   
Module 1 Introducing Yourself and Your Research
Module 2 Explaining Progress in Your Research in a Lab Meeting
Module 3 Discussing Your Research with a Colleague
Module 4 Making a Presentation at a Poster Session
Module 5 Giving a Presentation at an International Conference
Module 6 Socializing at a Conference
Module 7 Facilitating Group Discussions
Module 8 Teaching a Class as a Guest Lecturer
Module 9 Preparing for a Teaching Demonstration
Module 10 Finale
  
 コンテンツの様子は下記のビデオをご覧下さい。
  
 学習は、仮想キャラクターの会話を織り交ぜた、実際のリアルな教室、キャンパスが舞台になって繰り広げられます。実際に東京大学で撮影された、日本の大学にあわせたコンテンツなのです。気軽に英語でのアカデミック・コミュニケーションに役立つ知識を学べます。
  


  
 また、こちらは東京大学の学生限定ですが、オフラインでのグループレッスン(ワークショップ)も開催されます。こちらもご応募いただけますと幸いです。
   
English Academiaワークショップ開催(3/14)!:「1日で身につく!英語プレゼンのコツ!:ネイティブ&バイリンガル講師のサポートあり!」
http://www.utokyofd.com/archives/1081/
  
 とはいえ・・・まずはオンラインからですね。
 登録は無料。どなたでも可能です。東京大学の大学生でなくても、まったく問題はありません。ご興味があうようでしたら、下記のサイトから、どうぞご登録のほど、お願いいたします。
   
English Academia : はじめての方は新規アカウント作成の「黄色ボタン」から
https://utokyo-ea.com/
  
 英語プレゼンで、質問がこないことを祈っているあなたに!
 どうぞお楽しみいただけますと幸いです。
  
 そして人生はつづく
  
追伸.
 このコースウェアは、中原の研究部門のスタッフのみなさまによって開発されました。市川紘子さんのディレクションのもと、蒋妍さん、木下慎さんらが中心になり、中澤明子先生が指導をなさりながら、何とか完成にこぎつけました。本当にお疲れさまでした。心より感謝いたします。
 また現在のスタッフに至るまでには、さまざまな困難がありました。その過程においては、石原学さん、田中智輝さん、山辺 恵理子さんらが多大なる協力をいただきました。ありがとうございました。
 加えて、こちらのサイトは 、光学姉妹の大房さん、トロワ・メゾンの三宅さん、株式会社スパイスワークスの藤野さん、甲斐さんらの制作によって開発されました。この場を借りて御礼を申しあげます。本当にありがとうございました。
  
株式会社スパイスワークス
http://www.spiceworks.co.jp/
  
光学姉妹(動画部分)
http://www.opticalsisters.com/ver4.html
  
トロワ・メゾン(ポスター等)
https://www.troismaison.org/
  
  ▼
  
追伸.
 イングリッシュアカデミアは、文部科学省による特定事業費(機能強化分)として本学に配分された予算の一部を利用して開発された、研究者向けオンライン教育プログラムです。東京大学を舞台に開発はされておりますが、他大学の方にも自由にご利用頂けます。本グラントの交付ににご協力いただいた前センター長・吉見俊哉先生、三浦専門員、風間参与などの皆様に、心より感謝いたします。ありがとうございました。
 
English Academiaとは
https://utokyo-ea.com/about

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「それって、あるあるだよね」という研究が「ある」理由!?

2017.6.27 06:42/ Jun

「それって、あるあるだよね」という研究が「ある」理由!?

- -

「助けてくださいリーダーシップ」と「越後屋的リーダーシップ」!?

2017.6.26 05:50/ Jun

「助けてくださいリーダーシップ」と「越後屋的リーダーシップ」!?

- -

リーダーシップ開発プログラムは「組織開発」たりえるか?:次世代幹部研修の「同じ釜の飯効果」を検証する!?

2017.6.23 06:15/ Jun

リーダーシップ開発プログラムは「組織開発」たりえるか?:次世代幹部研修の「同じ釜の飯効果」を検証する!?

- -

2017.6.22 06:26/ Jun

「お金の無駄遣い」と罵られ、家族からも反対され、それでも新規事業をつくる人の大研究!:新刊「事業をつくる人の大研究」を編んでいます(田中聡・中原淳共著、クロスメディアパブリッシング)

- -

あなたは「29000分のスキマ時間」に何をしていますか?

2017.6.21 06:40/ Jun

あなたは「29000分のスキマ時間」に何をしていますか?

- -