NAKAHARA-LAB.net

2016.12.1 06:17/ Jun

バブル崩壊後、職場からいつの間にか失われた「TOO」とは何か?

 日本の組織・職場の中から、バブル崩壊後失われたもののひとつに「TOO」があります。
  
 ところで、朝っぱらから問題です。
  
 「TOO」とは何でしょう?
  
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  
 正解は
  
 T:となりの
 O:おせっかい
 O:おじさん
  
 です(笑)。
  
「隣のおせっかいおじさん」とは、「頼まれてもいないのに、職場で、いろいろ世話を焼いてくれるおじさんのこと」で、とりわけ、「新人教育や新入社員教育を買って出てくれる人のこと」をいいます。要するに「職場の世話焼きさん」です。
   
 こういうおじさんが、25年前の職場に本当にいたのかどうか、はわかりません。しかし、TOOは、よく人事、人材開発の世界では、まことしやかに語られます。
   
 昔はよかった・・・隣のおせっかいおじさんが、新人の面倒を自発的に見てくれたからなぁ
  
 わたしを育ててくれたのは、隣のおせっかいおじさんだったなぁ。最初はありがたかったけれど、だんだんウザくなってきたなぁ。
  
 僕には、そういう人が本当に職場にいたのかどうかは、わかりません(そんなデータはありません)。
 それはいわば「都市伝説」だったのかもしれない(笑)。
   
 しかし、誰がやっていたかどうかは別として、少し前の日本の職場には、「誰の仕事とも割り当てられていない仕事=役割外行動」をとる「主体」が、存在していたこと。
 そして、新人教育は、そうした「役割外行動」として達成されていたようにも思えます。
 要するに「TOO:隣のおせっかいおじさん」とは、かつての日本の職場にあふれていた「役割外行動」の象徴なのです。
     
 ま、、、新人教育がうまくいっている職場は、今なお、そうでしょうが。  
    
  ▼
   
 昨日の大学院授業「経営組織論」では「組織の中の役割外行動」について、大学院生さんたちと議論に及びました。
  
 組織の中の仕事は、合理的にもれなく、だぶりなく割り振りすることは難しいこと。
 役割外行動が、いわば潤滑油となって、組織を組織たらしめていること。
 そして役割外行動が生まれるかどうかは、職場の中の社会関係資本や、職場レベルのコミットメントの影響を受けることを議論しました。
  
 僕は、自分の授業は、なるべく学説や理論を単に紹介しない授業をめざしています。
  
 そうではなく、
  
 あなた方が、将来、もしリーダーやマネジャーになったら、どのような行動をとるのか?
 
 を考えさせたいのです。
 「もし自分だったら」を常に意識しながら、概念や理論を理解してくれることをねがって、いつも授業をしています。
  
 役割外行動に代表される「職場の中の人間行動」を扱った昨日の議論は、なかなか面白い議論になりました。
 きっと、みんな「自分事」だと思っているんだよね。
 職場の中の出来事は、将来、自分が相対するかもしれないような事象ですので、議論が盛り上がったのかなと思います。
 
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
  
 ところで、皆さんにご質問です。
   
 あなたの組織には、「隣のおせっかいおじさん」はいらっしゃいますか?
  
 もしいないのなら
  
 「隣のおせっかいおじさん」は、いつ姿を消しましたか?
 
 そして人生はつづく
  
 ーーー
  
新刊「アクティブラーナーを育てる高校」好評発売中です。学校運営カテゴリーで1位を記録しました。「アクティブラーニングの教育論」から「アクティブラーニングの組織論」へ。アクティブラーナーを育てるため、組織をいかに構築していくのか。どうぞご笑覧くださいませ。
   

ベストセラー1位
  
  ▼
  
新刊「アルバイトパート採用・育成入門」好評発売中です。これまで「KKD:勘と経験と度胸」に頼っていた、アルバイト・パートの人材育成。ここにデータと理論で切り込みます。異業種・大手7社、総従業員規模50万人以上の企業グループが参加した東大・中原淳研究室とパーソルグループの共同研究の成果。ぜひ手に取ってご覧下さいませ!
   

ブログ一覧に戻る

最新の記事

フィードバックは「1点」にしぼれ!:ギャーギャーたくさん指摘されても、行動が1ミリも変わらない理由?!

2024.5.28 08:11/ Jun

フィードバックは「1点」にしぼれ!:ギャーギャーたくさん指摘されても、行動が1ミリも変わらない理由?!

昭和時代の「企業拘束性」が時代にあわなくなっている!? : 正社員とは「どこでもいく」「いくらでも働く」「何でもやる」の3点セットを飲み込むことである!?

2024.5.27 08:22/ Jun

昭和時代の「企業拘束性」が時代にあわなくなっている!? : 正社員とは「どこでもいく」「いくらでも働く」「何でもやる」の3点セットを飲み込むことである!?

2024.5.22 17:49/ Jun

【発売前なのに重版決定!感謝です!】新刊「リーダーシップシフト」完成しました!:全員参加型チームをいかにつくるのか?:もうマネジャーは、ひとりで抱え込まなくていい!

詩人は何のために詩を書くのか?:Why am I here?を考える

2024.5.20 11:19/ Jun

詩人は何のために詩を書くのか?:Why am I here?を考える

 あなたの組織には「DE&I(多様性・公正・インクルージョン)」を阻む「3つの壁」が存在していませんか?

2024.5.17 08:34/ Jun

 あなたの組織には「DE&I(多様性・公正・インクルージョン)」を阻む「3つの壁」が存在していませんか?