NAKAHARA-LAB.net

2023.2.26 16:31/ Jun

わたしには「腰」など「存在」しない!:わたしの「超絶腰痛」探究記!?

(下記のエッセイには、医学的!?な内容が含まれます。著者は医学はまったくの素人です。また下記の内容を他者に薦めることも一切いたしません。またマネされても、責任は持てません。また腰痛の相談には乗れませんし、取材もお引き受けしません。あくまで、エッセイとしてお楽しみください)
       
 わたしには「腰」など「存在」しない!:わたしの「超絶腰痛」探究記!?
     
 ・
 ・
 ・
     
 わたしの身近にいる方は、すでに知っていることですが・・僕は、去年あたりから、少し体調を崩しています。「永遠のヤング」だと思っていた、わたしも、40代後半(嗚呼)。「早い更年期」なのか「突然の食あたり!?」なのか「遅れてきた思春期」「クソ遅すぎる中2病」なのか、まったくよくわからない状況で、心身ともに!?、いろいろな箇所に「補修部位」が見つかっているのです。
    
 年を重ね、だんだんと「わかりかけたこと」があります。
 それは朝おきて「すっきり、快調、絶好調」という日は、そう多くはない(笑)。
     
 また、体調は、よくなったり、悪くなったりを繰り返す(泣)。
 ある日、突然、すべての問題が好転することは、まず、ない(笑)
     
 要するに、
     
 じっくりと、ゆっくりと「自分と付き合っていく」ほかはないのです。
      
 これは「20代の若い頃」には、想像すらつかなかったことだけれども(笑)。
 シニアのリアルは、これよ(笑)
 大丈夫。誰もが、みんな経験するから。今、ブイブイ言わせてる、若人の皆さんも(笑)
      
  ▼
    
 体調不良のなかでも、私をもっとも悩ませたのは、
     
「のたうちまわるほどの、激しい腰痛」に、突如、襲われること
     
 でした。
   
 イメージでいうと、腰が、突然「バキっと折れる」感じ。
「ギックリ腰強力版」という「超ヘビー級の爆弾」を抱えながら、日々の生活を、おそるおそる、おくっている感じです。
       
 この超ヘビー級腰痛は、いつ来るかは、わからない。
 毎日が、いわば「貞子」の登場を待っているような状態。
    
 来る、きっと、来る・・・(泣)
      

        
 貞子、頼むから、テレビから出てこないで。こえーよ(泣)
 ちびるゼ。マジで(笑)。
    
  ▼
    
 わたしの抱えた腰痛のイメージをお伝えするために、本当にあった出来事を(繰り返し経験しました・・・いやというほど)。
     
 たとえば、今、仮に、JR山手線に乗っているとします。
 山の手線は、ガタンゴトンと、揺れますね。このわずかな揺れで、当時の僕は、腰に激痛がはしり、膝をついてしまうのです。膝をガクっと落として、その場で、倒れ込んでしまう。周りのひとがザワつきます。「大丈夫ですか?」と声をかけられる。僕の額には、汗がほとばしっている。こんなことを何度も経験しました。いや、何度じゃないな、、、何十回かな・・・
      
 要するに、もっとも症状がひどかったときの僕は、
    
「JR山の手線には、乗れなかった」
    
 ということになります(泣)。
   
 これって、マジで、やばくない?(笑) だって、山の手線に乗れないのに、大学の「100分授業」を立ってできるわけがない。イコール、仕事ができない。そら、泣きたいわ。
   
  ▼
   
 さすがに、この「腰折れバキバキ状態」を放置しておくわけにもいかずに、大病院での検査をしました(Kさんには、大変お世話になりました!&ありがとうございました)。
    
 大変熱心に話を聞いていただき、かつ、精密検査(CT、レントゲン、MRIなどなど)をしてくださったのですが、しかし、検査結果は、あらゆる検査で「異常所見を認めない」。つまり、器質的には異常がない、ということになりました。
    
 まぁ、セカンドオピニオンもとったほうがいいだろう、と思い、大学病院での教授先生にも、ご縁をいただき、みてもらいました(Aさんには大変お世話になりました&ありがとうございました)。
  
 先生は大変お忙しい中、お時間を割いていただきました。
 しかし、残念ながら結論は
    
「異常所見を認めない」+「理由はわからない」
    
 ということになりました。
     
 曰く、
     
「腰痛は理由がわからないことが多いのです。リハビリ施設で運動をするとか、ストレスを減らすしかないですね」
        
 先生にはその後も、リハビリ病院でのご指導を多々ご提供いただきました。心より感謝しています(その後、リハビリ病院にも通いました。が、結局、自宅での療養になりました)。
      
  ▼
    
 かくして、腰痛の原因探求は「振り出し」に戻ります。
 しかし、診断が「振り出し」に戻っても、日々の「腰痛・貞子状態」は、いつ来るかは、わかりません。なんなら、毎日、はちゃめちゃ、痛いのです。「腰バキ状態」になったときには「息が止まるような激痛」に耐えなくてはなりません。
     
 しかし、ここまで追い込まれると、わたしも「腹をくくる」ようになってきました。
     
  ・
  ・
  ・
     
 要するに、この問題は、わたしがアクセス可能な「科学」では、合理的に説明はつかない。「原因はわからない」「理由はわからない」「異常所見を認めない」のですから、もう、このまま「お手上げ」です。しかし、それにもかかわらず「主観的な痛み」は継続している。
     
 そうであるならば「40代後半の腰痛持ち」には、何ができるでしょうか。
      
 わたしが出した結論は、文章にしてみると、それこそ「腰が砕けそう」ですが、
     
「自ら、何とか探究して、自ら実践するほかはない」
     
 ということでした。
     
 つまり、腹をくくって、
      
 自分の腰と向き合い、
 自分のQOL(Quality of Life)を
 自分で高める努力をする他はない
     
 という、(わたしにとってはの)「原点」にたったのです。
      
  ▼ 
      
 そこで、わたしは頭をひねりました。
      
 一応、なんちゃって「研究者」を標榜するものとして、この状況を、どうとらえ、どのように考え、行為すればいいのか。いったい、何からはじめればいいか。
       
 そこで、まず、わたしが出した結論は、
      
「腰痛」を「課題解決」ととらえ、自ら「探究」すること
      
 でした。
     
 つまり、今日から、自らを「Patient(患者)」と位置づけるのを主体的に停止する。 だって、「Patient(患者)」と位置づけても、これ以上、先には進めない。なぜなら、「異常所見を認めない」「原因はわからない」なのだから。それはやむをえない。
     
 かくして、自分を「Patient(患者)」にするのは止めました。そうではなく、自らを「Problem Solver(課題解決者)」と位置づける。自分は課題解決者なのだとしたら、この状況で、自分には「何」ができるか、と考えるようになりました。
      
 幸い、わたしは「課題解決」を、大学・大学院で教えています(笑)。
 要するに、「自分の身体」を対象にして、自ら探究すれば、自分にもっともフィットした課題解決が進むかもしれない、と考えるようになりました。
     
 もうね・・・「狂気」ですよ。今から考えれば「狂気 of 狂気」です(笑)
 ただ、僕にできることは、それしかなかった。
 それほどまでに、「腰もげ」は、きつかった(泣)。
   
  ▼
     
 腰痛を「問題解決」としてとらえる。
     
 まず、わたしがしたことは、先行研究を調べることでした。もちろん、先行研究といっても、わたしは医学の専門家ではないので、手に入る、たかがしれている範囲です。
 しかし、手に入る範囲で、腰痛、リハビリにまつわる論文、腰痛の研究をしている文献・ガイドラインなどをザザザと洗い、現状、科学的に何がわかっているかを調べました。
    
 そこでわかったことは、多々あります。大変勉強になりました。
    
 しかし、、、わたしの症状に該当するだろうなと考えられることは、要するに1点。
     
 画像診断などで異常所見が認められない腰痛の場合 
 原因は、まんず(たいてい)、わからない
    
 ということです(ちゅどーん、爆)。
    
「そんなこと、あるんかいな」と思いましたが、それはそれでしょうがありません。いちおう、なんちゃってかもしれませんが「科学的マインド」をもっている人間のひとりとして、科学のパワフルさ・偉大さをリスペクトしつつ、「合理的にわかることなんて、そんなことだよな」とも思いました。もちろん、科学にリスペクトをこめて。
    
 大切なものは、目に見えないんだ
(サンテグジュペリ「星の王子さま」)
   
  ▼
    
 しょっぱなから、すっかり「袋小路」にはいったかのような、問題解決ですが、ここであきらめるわけには、いきません。
    
 次に、わたしが取り組んだことは、自らの課題解決で採用する研究手法(研究方法論)を考えることでした。
   
 要するに、画像診断などの医学的所見では、これ以上のことは、わからない。しかし、わたしの身体に「主観的な痛み」はつづく。ならば、どのような研究手法をとり、どのようにデータをとれば、わたしは、この腰痛を、自ら理解できるのか。自分に「落とし前」がつくのか。
       
 研究手法は、ある日、突然、思いつきました。
 それは、わたしにとっては、非常にブレークスルーになった瞬間でした。
    
 思いつきは3つです。
   
 ひとつめ。まず「研究対象が何か」を考えること。わたしが疑問に思ったのは、
    
「わたしは、今、いったい、何を”腰”と呼んでいるのだろう? 腰痛とは、そもそも、何の痛みなんだろう」
  
 ということでした。
  
 つまり、
  
「腰」という「抽象的な存在」自体を疑う
   
 ということです。
  
 あっけにとられる方もいらっしゃるかもしれませんが、人間の身体は、たくさんの筋肉やら、靱帯やら、その他、もろもろのものからできています。
 わたしが抱いた仮説は、「腰というメッシュの粗い概念」をもちいて、これ以上、腰痛を解消をしようとしても、それ以上「合理的な課題解決にたどり着かない」のではないか、ということでした。
 
 実際「腰」という概念自体が、しょっぱなから「クソ曖昧」なのです。
  
 たとえば、皆さんは、自分の身体の「どこからどこまで」を「腰」と呼ぶでしょうか。これは、ひとによってかなり異なります。広背筋から、大臀筋にいたる「広範囲」を「腰」と形容するひともいるかもしれませんし、はたまた、骨盤の上のあたりの狭い範囲を「腰」と形容する人もいるかもしれません。
     
 わたしは
    
 腰とは「メッシュの粗い言葉」であり、すくなくとも、僕の抱えている課題の課題解決にはつながらない
    
 と考えました。
   
(海外だと、腰痛を「I have pain in the back」と表明することもありますよね。直訳すると、背中が痛いですよね。どんな部位を「腰」と形容するかは、文化差もありそうです)
    
 よって、あえて「腰」という言葉をつかわず、「筋肉」という単位で、自分を把握することをめざしたのです。別の言葉でいえば、腰痛とは、そもそも「何の筋肉」が、どのように意識されるのかを、知りたく思ったのです。
    
 そこで、わたしは、ひとつの「前提」を置きました。
   
 それは、
    
「いったん、腰を存在しない」と仮定してみよう
    
 ということでした。
    
 別の言葉でいえば、
    
「いったん、腰という存在をエポケー(現象学的還元:脇においておこう)しよう」
    
 そうではなく、より細かい単位で、物事を把握する。具体的には「自分が腰が痛い」と「意識化」するときに、どの筋肉(腱)が、どのように痛みを感じるかを考えることにしたのです。
   
 まず、そろえた道具は「筋肉」という人体解剖アプリでした。このアプリは、人体を組成するすべての筋肉の名称を把握し、3Dで観察することができます(解剖することもできます、ARもついてます)。
     

     
  ▼
   
 そして「ふたつめの思いつき」を得ました。
 それは自らの身体を「実験材料」にして、自ら「介入(筋肉を動かすことですね)」することです。
  
 わたしは「ヨガマット」をそろえ、その横にアプリをおき、その上で多種多様なストレッチ運動をしました。もうね、、、暇さえあれば、筋肉を動かし続けて、実験し続けた。
 自分で、様々なストレッチ運動をおこなっているときに、どの筋肉が、どのような状態になっているかを、「自らの意識」という研究手法をもちいて「観察しよう」としたのです。
  
 この頃、わたしは30分ほどかけて、様々なストレッチをするようになっていました。
静寂のなかで、自分の筋肉の伸びを感じる。
 自分の筋肉を「聴け!」。
 自分の意識を、筋肉の痛み、ひきつれ、堅さ、つっかかりだけに、傾ける

      
 そこで気がついたことは、いくつかありました。
      
 わたしの身体は、たとえば広背筋の付け根、大腿筋、大腿前筋、腸腰筋、大臀筋、腓腹筋などの部位に、ある方向から力がかかったときに、堅さや痛みを認めることが、はじめて「意識」できたのです。
  
 それぞれの筋肉は、一様に痛いわけではありません。特定の方向に曲げようとしたり、伸ばしたりしようとすると、痛みがあって曲がらない。あるいは、つっかかりがある、などのことがわかりました。
   
 「腰」という言語の使用をやめて、解像度をあげて「筋肉」というものを主観的に見つめることで、やるべきことがわかった気がしました。
 つまり、課題があると考えられる筋肉を、それぞれの筋肉が抱える課題に応じて、ストレッチしたり、筋肉量をあげるのです。これで、自分のQOLをあげるヒントをつかんだ気がしました。
   
  ▼
  
 ここで「みっつめの思いつき」に至ります。
    
 それは
  
 毎日介入・実験して、毎日評価しよう
   
 ということです。
   
 具体的には、きょう、特に痛い「Aという筋肉」をストレッチしたら、次の日にはどうなるか。次の日、別の筋肉に別の負荷を与えたら、次の日にはどうなるか。日々、実験し、評価しました。
  

     
 なにせ、この実験・評価には、納期も、締め切りもないのです。
 時間は我が人生が続く限り「無限」にあるのです。
   
 毎日毎日地道にやって、評価すればいい。
 気楽なものです。他人に評価されるのではない。
 なにせ、自分が評価者なのだから。
   
 日々是実験!
 日々是評価!
  
  ▼
   
 このような実験を半年くらい続けたころでしょうか、次第に、わたしの腰痛は「軽く」なっていきました。山の手線に乗っていても、以前のレベルで危険を感じるとは少なくなりました。
    
 しかし「腰折れ」はまったくなくなったわけではなく、数ヶ月に一度、鋭い痛みが起こるような感じでした。さらにQOLを上げるためには、「もうひとつレベルをあげたソリューション」が必要でした。
   
 そこで、わたしは、次に、もうひとつの仮説を立てました。
    
 それは、
   
「腰痛とは、筋肉同士が相互作用しつつ、意識化されるもの」であり、その原因は、ひとつに求められない(=つまり原因をひとつには特定できない)。様々な要因が円環的につながっている先に、腰痛が意識化されるのではないか」
   
 ということです。
   
 別の言葉でいえば「腰痛に因果関係(原因)を求める」のではなく「腰痛をシステム」としてとらえられないか
  
 ということです。
     
 この思いつきは、腰(広背筋)が痛いときには、たいてい、胸(大胸筋)のあたりもいたいし、背中(肩甲下筋)も、腰(腸腰筋)も、肩(僧帽筋)も痛い、という連動性を発見したことから、浮かびました。要するに、「どこかの部位」で「何かの障害」が起これば、それを「かばう」ように、他が動きまくり、今度は、そこに痛みを感じるようになってくる。それがやがて全体に伝わり、さらに腰が痛くなる。
   
「何かひとつ」だけが「原因」ではない。むしろ、筋肉すべてはつながって、システムを形成している、のだと実感をもつことができました。 医学的には知りません。わたしは、そう「意識」した。
     
 そして、この意識が、もし「是」とすれば、すなわち、「すべての筋肉が円環的につながっている=システムを為している」ということは、「ひとつの筋肉」だけを取り出して、その筋肉だけを鍛えたり、伸ばしたり、もんだりしても限界があることになります。どうせ、あっちが立てば、こっちが立たない。こっちが立てば、あっちが立たなくなることが容易に予想できる」
  
 よって、わたしは、ひとつの結論に至りました。
 それは・・・さらにひとつレベルアップした課題解決のためには、
  
 筋肉ひとつを取り出して、鍛えてはいけない
   
 そうではなく
   
 自分の全身の筋肉を対象にして、
 適切にストレッチさせ、さらに筋力を上げるほかはない

  
 なぜなら、すべての筋肉はつながっており、システムを為している。ゆえに、システムレベルですべてをレベルアップするほかはないからです。
  
 そうか・・・。

 わたしは「システム」だったのだ!
  
  ・
  ・
  ・
  
 ちゅどーん(笑)。
  
 アホか(笑)。
   
 ま、ま、まさか、この、クソあたりまえすぎる、シンプルな結論に「自ら納得する」まで、半年以上の時間と膨大な労力が、かかるとは・・・。
   
 今から考えれば、山の手線で「腰折れ」を経験した最初から、そうするべきだったのです。でも、僕はそうしなかった。自分の試行錯誤で、自分の結論にたどり着くまで、この「アホみたいな、誰もが知っている命題」を認めることができなかった。でも、人間とは「そういうもの」だと思うのです。
  
 わたしは「弱い」 
 汗顔の至りです。
  
  ▼
  
 しかし、ここまで来てからの、課題解決は早かったように思います。
  
 要するに、全身の筋力を高め、伸ばし、体質改善をおこなえばいい。
 Yotubeやら、医学書などの各種のストレッチ運動を洗い出し、共通点を探します。自分に最適だと思われるメニューをつくりました。朝におきて60分程度でおこなえるものを選び出し、それを365日、一日もかかすことなく実践しました。
  
 その際に重視したことは「効くメニュー」にすることより「続けられるメニュー」とすることです。よって、運動メニューのハードル(難易度)は、はちゃめちゃ、下げました。だって、ハードルが高いと、嫌になるから。なぜなら、わたしは「弱い」から。しんどいこと、やり続けるのはいやだ。
   
 どんなに効果的な運動だと喧伝されている運動でも、一回やってみて、いやだな、と感じたものは、すべて却下しました。わたしに必要なのは、毎日毎日、日々実践できる運動だからです。
     
 それからのわたしは、旅行をしても、帰省をしても、学部生と夏合宿にいっても、一日を欠かすことなく、運動をしました。ヨガマットは、僕の「友達」になりました。どんなに眠くても、どんなにしんどくても、一日も、運動やストレッチは欠かさない。
   
  もちろん、日々のわたしはいそがしく、時間はありません。なるべく朝早くおきて、自分を「整える」ほかはない。かつて早朝に書いていたブログの更新頻度をいったん下げる決断をして(毎日、ブログを更新することはあきらめました)、まずは、体質改善に注力しました。
  
 最初から、ねらったわけではないのですが「各種の筋肉をトレーニングすること」で、おやっと思うほど、体重も落ちていきました(おそらく、足に筋肉がつくと代謝量などが増えるからでしょうか・・・)。結果として、13キロ減量にも成功しました。 
   
 腰折れは、もう1年以上、経験していません。
 ただし、僕は、1年前、たしかに「山の手線」に乗れなかった。
 そのことを忘れず、今日も運動に励んでいる毎日です。
     
  ▼
  
 今日は、わたしの「腰痛日記」について書きました。
  
 おそらく「私の腰痛」は、完全に治癒したわけではないですが(完全に治癒という状況はありえないとも思っています)、このような過程を通して「やり過ごせる=うまく付き合える」ようにはなっています。 ときに危ないことはある。だけども、「なんとか、うまくつきあって、やりすごす」。
    
 ただ、このエッセイ、結論だけを手短に読むと、
  
 「全身運動したら、わたしは、腰痛治ったよ」
  
 という、非常に陳腐すぎて、それこそ「腰がもげそうな結論」になってしまうのです。違うのです。そうではなくて、試行錯誤はある。そして、この結論に至るまでの試行錯誤と七転八倒するような痛みが、わたしには必要であったのではないか、と思っています。
        
 もちろん、冒頭に申し上げたとおり、僕は、医学には「まったくのど素人」です。また下記の内容を他者に薦めることも一切いたしません。あくまで、面白、おかしい読み物としてお読みください。
  
 わたしにとって、スタートラインは「患者」を止めて、自分を「課題解決者」と捉えたときから、はじまりました。そして「腰は存在しない」という仮定をおいたときから、ブーストアップしました。
  
 今後も、腰痛とうまくつきあい、日々、ウェルビーイング(主観的幸福感)を高める努力をしていきたいと願っています。
  
 自分の身体と、うまく付き合うほかはないんだよ。
 そして人生はつづく
        
 ーーー
     
追伸.
 このブログを書いていて、昔のことを思い出しました。以前にも「病気のことを調べたくて論文を読んだことがあったな」と。もう15年前の出来事です。あのときも、悶絶していた。当時1歳のTAKUZO、いまや、高校生。クソ元気です(笑)。
     
学術論文を読んで涙が止まらなくなったときの話
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/1601
  
 ーーー
   
【ご案内】新刊「話し合いの作法」!:すべてのひとびとに、対話し、合意して、決断できるスキルを! 人事パーソンはもとより、現場のマネジャー、現場の先生方などなど「話し合い」のスキルを高めたいすべての方々にお読みいただきたい一冊です!
   

新刊「話し合いの作法」(AMAZON予約)
https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4569851843/nakaharalabne-22
     
 同書の内容をサクっと学べる動画も公開されています。どうぞご笑覧くださいませ!
     
■仲が良くても心理的安全性が低い残念な理由【中原淳 立教大学経営学部教授】
   

    
■“残念な話し合い”5つの病【中原淳 立教大学経営学部教授】
   

  
 ーーー
     
【人事・採用ご担当者さまへ】御社で人材開発・組織開発のプロフェッショナルを採用しませんか?
   
立教大学大学院 経営学研究科 経営学専攻 リーダーシップ開発コース(以下、LDC)では、経営学を基盤にしながら、次世代のリーダーシップ開発(人材開発・組織開発)を企業・組織で推進することのできる高度プロフェッショナル人材を育成しています。
  
このたび、このコースを修了した大学院生の皆さん(卒業生ネットワーク:アルムナイネットワークのメーリングリスト:アルムナイネットワークは、卒業生の自主的な活動です)に対して、企業人事の皆様が「採用情報」をお届けいただけるサイトを開設いたしました!。利用上の注意をご高欄いただき、適宜、ぜひ、ご利用くださいませ。無料で情報を送付いただけます。
   

    

    
■立教大学大学院・採用情報発信サイト■
https://ldc.rikkyo.ac.jp/recruit/
     
【立教大学大学院で大学院生として学びませんか?】
 授業は「フルオンライン」。授業は金曜日夜と土曜日だけ行われており、2年間で、修士(経営学)が取得できます。来年1月に願書提出、2月に入試が予定されています。
    
 在学生などの声、リーダーシップ開発コースでの授業の様子について知りたい方は、ぜひ、下記のニュース欄をお読みくださいませ!
     
ひとづくり・組織づくりの大学院での「学び」とは?
https://ldc.rikkyo.ac.jp/news/
           
 ーーー
          
【アンコンシャスバイアス研修・内製化ツールキット開発!】武蔵野大学・島田徳子先生、ダイヤモンド社の皆さん(広瀬一輝さん、永田正樹さん)との数年にわたる共同研究と、NPO法人日本ブラインドサッカー協会との連携で、スマホで手軽に受検できる「アンコンシャスバイアス測定テスト」と、内製化研修(プレゼンキット)を開発しました!。この問題は、学術的な背景などは、わたしどもが、テスト結果に基づき動画像(ビデオ)で解説させていただきます。ご利用くださいませ! ご自身の組織にもっともフィットしたアンコンシャスバイアス研修をつくることができます。どうぞご利用くださいませ!
      
  
■アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)のWebページはこちら!■
https://jinzai.diamond.ne.jp/ub/unconscious-bias/
      
 ーーー
              
新刊「チームワーキング」がオンライン管理職研修になりました。JMAMさんからのリリースです(共同開発をさせていただいた同社の堀尾さん、ありがとうございました。中原は共著者の田中聡さんと監修をつとめさせていただきました)。どうぞご笑覧ください! 
       
「チームワーキング研修版」リリースされました!
https://www.jmam.co.jp/hrm/training/special/teamworking/
   
「チームワーキング」が「アセスメントを絡めた管理職研修」として利用されております。モニター利用各社の人事担当者の皆様、開発担当者の堀尾さんと、座談会をさせていただきました。ぜひご覧くださいませ!
   
チームワーキング座談会
https://www.jmam.co.jp/hrm/training/special/teamworking/case/index.html 
  
 書籍「チームワーキング」の方も、おかげさまで「重版」を重ねております。応援いただいた皆様に心より感謝いたします。
     
    
 
https://amzn.to/3esCOrW
         
すべてのリーダー、管理職にチームを動かすスキルを!
ニッポンのチームをアップデートせよ!           
  
  ーーー    
    
立教大学経営学部 中原ゼミ4期生、ゲームなどを活用した「内定者フォローワークショップ」を共同開発! ダイヤモンド社・ダイヤモンドヒューマンリソースさまから発売中!デンソー様、東急不動産SCマネジメント様、ラインズ様、日水コン様、リリカラ様など、なんと「40社」を超える企業で、内定者研修・新入社員コンテンツの一部として、ご利用いただいております。
  
先だっては、JTさまのご協力のもと(同社の三島紀子さんに心より感謝いたします)、ワークショップの実践が記事になりました。下記をご覧くださいませ。

JTの内定者懇親会が教えてくれる、内定者同士の“つながり”の大切さ
https://xn--diamond-kc4f0b9lnf.jp/articles/-/316499

内定者の論理思考力、質問力などの工場、強みの発見、内定者同士の関係構築を、オンライン・オフラインで行えます。スライド、ワークシート、動画など完全完備。企業ごとに内製化してお使いいただけます。
     

    
立教大学経営学部 中原ゼミ、ゲームなどを活用した「内定者フォローワークショップ」を共同開発! ダイヤモンド社・ダイヤモンドヒューマンリソースさまから発売中!
https://jinzai.diamond.ne.jp/rp/prospective-employee-workshop/

 どうぞご高覧くださいませ!
    
 ーーー 
    
 職場診断ツール&ワークショップ「OD-ATRAS(オーディ・アトラス)」が多くの職場で使われはじめています。サーベイはもとより、それをいかに「フィードバック」するかに焦点をあてたツールです。ワークショップも開発しております。どうぞご笑覧くださいませ!
   

職場診断ツール&ワークショップ「OD-ATRAS」 (パーソル総合研究所・中原の共同開発) 
https://rc.persol-group.co.jp/consulting/survey/service/od-atlas.html
   
  ーーー
       
【好評発売中】1on1のコツをまとめた映像教材を、中原とPHPさんで共同開発しました。上司用、部下用あります。1on1について「同じイメージ」をもつことができます。どうぞご笑覧くださいませ!
     
上司と部下がペアで進める 1on1 振り返りを成長につなげるプロセス(上司用)
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061
  
経験を成長につなげる1on1(部下用)
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061   
  
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
  
 ーーー

新刊「フィードバック入門:耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術」絶賛発売中、13刷重版出来です!。AMAZON総合13位、1位(マネジメント・人材管理カテゴリー、リーダーシップカテゴリー)を記録!年上の部下、若手のトンガリボーイ、トンガリガール。職場には、多様な人々が集っています。難易度の高い部下育成に悩む管理職向けの新書です。どうぞご笑覧くださいませ。スピンアウト企画にDVD教材「フィードバック入門」、研修、通信教育もあります。こちらもどうぞご笑覧ください。
     

   
『フィードバック入門』スピンアウト企画
https://www.php.co.jp/seminar/feedback/
    
 ーーー
  
【泣くな!新米管理職!】
  
おかげさまで10刷重版出来。「駆け出しマネジャーの成長論」は、「実務担当者」から「新任管理職」への役割移行をいかに進めるかを論じた本です。「脱線」をふせぎ、成果をだすためには「7つの課題」への挑戦が必要であることを解説しています!全国の管理職研修で用いられています。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
パーソル総合研究所と中原は、このテキストをもとにした「マネジャーになる研修」を開発しました。種部吉泰さんとディスカッションは、非常に楽しいものでした。このコースについても、どうぞご覧くださいませ!
  
「マネジャーになる」 研修:プレイヤーからマネジャーへの移行期支援プログラム
https://rc.persol-group.co.jp/seminar/become-a-manager.html
    
  ーーー  
    
Diamond Transition Program for Freshers(オンライン新人研修)
「新人研修をアップデートするための5つのコンセプト」に基づいて開発された、中原が監修をつとめる新人研修プログラムです。全4回にわたって実施する「オンライン研修」と「現場での実践&振り返り」を往還することによって、新人期に直面する壁を乗り越え、トランジションを果たせるよう手厚くサポートできるようになっています。経験学習を習慣化するほか、ストレスマネジメント、フィードバック、ジョブクラフティングなどについて学ぶことができます。
  

Diamond Transition Program for Freshers(オンライン新人研修)
https://jinzai.diamond.ne.jp/items/k00HD0024/
          
OJT指導員向け・短時間&動画で学べる 部下育成スキルの動画もございます。中原が新人育成のポイントについて解説しています!
   
短時間&動画で学べる 部下育成スキル・解説動画
https://jinzai.diamond.ne.jp/items/000HD6260/

    
 ーーー
        
新刊「研修評価の教科書」好評発売中です。アカデミックな知見に根ざしつつも、実際の企業のなかで実践可能な研修評価とは、いかにあるべきか。「企業における」研修評価のあり方を論じた本です。質問事例などのワークシートなどもついております。3つの企業事例も含まれています。どうぞご笑覧くださいませ。
   

新刊「研修評価の教科書:数字と物語で経営・現場を変える」
https://amzn.to/3ta9mhf
   
     
 ーーー
  

  
新刊「M&A後の組織・職場づくり入門」発売中です。AMAZON「企業再生」カテゴリー1位を記録しました(感謝です!)。
  
これまで税務・法律の観点からしか語られなかった「企業合併(M&A)」の問題に対して、ひとと組織(人材開発・組織開発)の観点からアプローチし、シナジーを生み出す可能性を考えます。
  
M&Aという「巻き込まれ事故」に関わってしまった経営企画・人事・現場の管理者・リーダーの皆様にぜひお読み意いただきたい一冊です!
  

購入はこちら!「M&A後の組織・職場づくり入門」
https://amzn.to/3v0P0bE
     
 ーーー
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約39000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun   

ブログ一覧に戻る

最新の記事

あなたの周りには「底付き経験」寸前のオラオラマネジャーがいませんか?

2024.6.11 08:32/ Jun

あなたの周りには「底付き経験」寸前のオラオラマネジャーがいませんか?

長く元気に働き続けるためには「3つの資源」が必要である!? : あなたは身体資源、学習資源、心的資源を確保できていますか?

2024.6.10 13:46/ Jun

長く元気に働き続けるためには「3つの資源」が必要である!? : あなたは身体資源、学習資源、心的資源を確保できていますか?

「学力」イコール「5教科の総合点」と考えるのは「勝手に決めただけ」である!? : 社会人に出ると「賢さの物差し」が変わる!?

2024.5.31 08:45/ Jun

「学力」イコール「5教科の総合点」と考えるのは「勝手に決めただけ」である!? : 社会人に出ると「賢さの物差し」が変わる!?

フィードバックは「1点」にしぼれ!:ギャーギャーたくさん指摘されても、行動が1ミリも変わらない理由?!

2024.5.28 08:11/ Jun

フィードバックは「1点」にしぼれ!:ギャーギャーたくさん指摘されても、行動が1ミリも変わらない理由?!

昭和時代の「企業拘束性」が時代にあわなくなっている!? : 正社員とは「どこでもいく」「いくらでも働く」「何でもやる」の3点セットを飲み込むことである!?

2024.5.27 08:22/ Jun

昭和時代の「企業拘束性」が時代にあわなくなっている!? : 正社員とは「どこでもいく」「いくらでも働く」「何でもやる」の3点セットを飲み込むことである!?