NAKAHARA-LAB.net

2022.6.7 07:52/ Jun

「話が長い、しゃべりすぎのリーダー」に共通しちゃう、たったひとつのこと!?

 この世の中には「話が長くなるリーダー」「しゃべりすぎのリーダー」が、残念ながら、おられます。
   
 立場上、リーダーや管理職の方とお会いすることが多いので、そのようなことを、折に触れて思います。
 せんだっても、あるイベントで「しゃべりすぎのリーダー」の「クソ長い、冒頭のご挨拶」を聞きながら、なぜ「ひとは話が長くなるのか」について思いをはせてみました。
       
 彼 / 彼女がしゃべっている様子を聞きながら、「脳内文字起こし」をしてみたのです。そうすると、ただちに、僕は、ひとつのことに気がつきました。
        
 それは
   
 話の長いリーダーの言葉は、すべて「、」(点)でつながっていて、「。」(丸)がない
   
 ということです。
    
 つまり、「。」(丸)をつかって、いったん、文章を「おしまい」にさせたり、相手に会話のボールを渡すことなく、「、」(点)を多用しつづけることで、自分の話をつなげている、ということです。
   
 別の言葉でいえば、
  
 話の長いリーダーは「単文」ではなく「複文」や「重文」を好む
   
 ということですね。
   
 ここで単文とは「主語と述語の組み合わせがひとつに絞られている文章」です。
 一方、複文や重文とは「主語と述語の組み合わせが複数あるような文章」のことをいいます(厳密にいえば、この2つは異なりますが、このブログは、日本語の教室ではないので、あえて区別しません)。あたりまえですが、単文よりも、複文や重文の方が、文章が「、」でつながるため、複雑になります。
     
 ここでひとつの思考実験をしてみましょう。
 たとえば、冒頭の文章、これを一切「。」(丸)を用いず、すべて「、」で無理矢理つないでみると、どのように印象が変わるでしょうか。会話っぽくするので「ええと」「ていうか」などもちょっといれてみましょう。
   
  ・
  ・
  ・
   
 この世の中には「話が長くなるリーダー」「しゃべりすぎのリーダー」が、残念ながら、おられてですね、立場上、リーダーや管理職の方とお会いすることが多いので、ええと、ええと、そのようなことを、折に触れて思うんですが、ていうか、せんだっても、ええと、あるイベントで「しゃべりすぎのリーダー」の「クソ長い、冒頭のご挨拶」を聞きながら、なぜ「ひとは話が長くなるのか」について考えてみたらですね、ええと、彼 / 彼女がしゃべっている様子を聞きながら、子細に、ええと、「脳内文字起こし」をしてみると、ただちに、ひとつのことに気がつき・・・
   
  ・
  ・
  ・
  
 わかりにくい(笑)。
 息つぎ、してない(笑)むしろ酸欠気味。
 ちょっと、何、言ってんだか、わかんない(笑)。
  
 あと、こういう風にしゃべられると、他者がカットインすることができない。
 だから、話がクソ長くなる。
   
 以上。
    
  ▼
    
 今日は、ひとの話が長くなる理由について考えてみました。
 話が長くなる理由には、他にも、いろいろなものがあります。
    
ひとは、年をとると、なぜ「話」が長くなるのか?:「小話モリモリ」と「権力への甘え」で「御大」が生まれるメカニズム!?
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/10763
    
 が、今日、お話ししたものは、もっとも基本的なものかと思います。
 そして、その対策もシンプル。
  
「あのひと、話長いよね」と思われたくなかったら
「、」(点)でつながず、「○」(丸)で終わらせればいい
自分で会話のボールを持ちつづけるのではなく、相手にボールを渡せばいい   
 
のです。
  
 お互い気をつけたいものですね。
 自戒をこめて・・・。
 そして人生はつづく
      
 ーーー
      
新刊「研修評価の教科書」好評発売中です。アカデミックな知見に根ざしつつも、実際の企業のなかで実践可能な研修評価とは、いかにあるべきか。「企業における」研修評価のあり方を論じた本です。質問事例などのワークシートなどもついております。3つの企業事例も含まれています。どうぞご笑覧くださいませ。
    

新刊「研修評価の教科書:数字と物語で経営・現場を変える」
https://amzn.to/3ta9mhf
   
       
 ーーー
    

  
新刊「M&A後の組織・職場づくり入門」発売中です。AMAZON「企業再生」カテゴリー1位を記録しました(感謝です!)。
  
これまで税務・法律の観点からしか語られなかった「企業合併(M&A)」の問題に対して、ひとと組織(人材開発・組織開発)の観点からアプローチし、シナジーを生み出す可能性を考えます。
  
M&Aという「巻き込まれ事故」に関わってしまった経営企画・人事・現場の管理者・リーダーの皆様にぜひお読み意いただきたい一冊です!
  

購入はこちら!「M&A後の組織・職場づくり入門」
https://amzn.to/3v0P0bE
     
 ーーー
          
【アンコンシャスバイアス研修・内製化ツールキット開発!】武蔵野大学・島田徳子先生、ダイヤモンド社の皆さん(広瀬一輝さん、永田正樹さん)との数年にわたる共同研究と、NPO法人日本ブラインドサッカー協会との連携で、スマホで手軽に受検できる「アンコンシャスバイアス測定テスト」と、内製化研修(プレゼンキット)を開発しました!。この問題は、学術的な背景などは、わたしどもが、テスト結果に基づき動画像(ビデオ)で解説させていただきます。ご利用くださいませ! ご自身の組織にもっともフィットしたアンコンシャスバイアス研修をつくることができます。どうぞご利用くださいませ!
      
  
■アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)のWebページはこちら!■
https://jinzai.diamond.ne.jp/ub/unconscious-bias/
     
 ーーー
            
新刊「チームワーキング」がオンライン管理職研修になりました。JMAMさんからのリリースです(共同開発をさせていただいた同社の堀尾さん、ありがとうございました。中原は共著者の田中聡さんと監修をつとめさせていただきました)。どうぞご笑覧ください! 
      
リリースしました!「チームワーキング研修版」
https://www.jmam.co.jp/hrm/training/special/teamworking/
     
 書籍「チームワーキング」おかげさまで「重版」を重ねております。応援いただいた皆様に心より感謝いたします。
     
    
 
https://amzn.to/3esCOrW
            
すべてのリーダー、管理職にチームを動かすスキルを!
ニッポンのチームをアップデートせよ!           
       
 ーーー
    
 職場診断ツール&ワークショップ「OD-ATRAS(オーディ・アトラス)」が多くの職場で使われはじめています。サーベイはもとより、それをいかに「フィードバック」するかに焦点をあてたツールです。ワークショップも開発しております。どうぞご笑覧くださいませ!
   

職場診断ツール&ワークショップ「OD-ATRAS」 (パーソル総合研究所・中原の共同開発) 
https://rc.persol-group.co.jp/consulting/survey/service/od-atlas.html
   
  ーーー
       
【好評発売中】1on1のコツをまとめた映像教材を、中原とPHPさんで共同開発しました。上司用、部下用あります。1on1について「同じイメージ」をもつことができます。どうぞご笑覧くださいませ!
     
上司と部下がペアで進める 1on1 振り返りを成長につなげるプロセス(上司用)
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061
  
経験を成長につなげる1on1(部下用)
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061   
  
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
  
 ーーー

新刊「フィードバック入門:耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術」絶賛発売中、13刷重版出来です!。AMAZON総合13位、1位(マネジメント・人材管理カテゴリー、リーダーシップカテゴリー)を記録!年上の部下、若手のトンガリボーイ、トンガリガール。職場には、多様な人々が集っています。難易度の高い部下育成に悩む管理職向けの新書です。どうぞご笑覧くださいませ。スピンアウト企画にDVD教材「フィードバック入門」、研修、通信教育もあります。こちらもどうぞご笑覧ください。
     

   
『フィードバック入門』スピンアウト企画
https://www.php.co.jp/seminar/feedback/

 ーーー
  
【泣くな!新米管理職!】
  
おかげさまで10刷重版出来。「駆け出しマネジャーの成長論」は、「実務担当者」から「新任管理職」への役割移行をいかに進めるかを論じた本です。「脱線」をふせぎ、成果をだすためには「7つの課題」への挑戦が必要であることを解説しています!全国の管理職研修で用いられています。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
パーソル総合研究所と中原は、このテキストをもとにした「マネジャーになる研修」を開発しました。種部吉泰さんとディスカッションは、非常に楽しいものでした。このコースについても、どうぞご覧くださいませ!
  
「マネジャーになる」 研修:プレイヤーからマネジャーへの移行期支援プログラム
https://rc.persol-group.co.jp/seminar/become-a-manager.html
   
 ーーー 
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約37000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun
 

ブログ一覧に戻る

最新の記事

妻が「人事」になりまして。それも「人材開発担当」でして(笑)

2022.7.7 07:37/ Jun

妻が「人事」になりまして。それも「人材開発担当」でして(笑)

2022.7.5 07:43/ Jun

【無料イベント参加者募集中!】フィードバックにおける「落とし穴」と「成功」のポイント!?

2022.7.5 00:12/ Jun

【再掲】あなたの会社の内定者の皆さんは「良質な同期の関係性」を築けていますか?:Z世代がつくる、Z世代のための「内定者フォローワークショップ」を体験してみませんか?

2022.7.1 07:57/ Jun

【無料】立教大学大学院で切磋琢磨しつつ学んだ「人材開発・組織開発のプロフェッショナル」を御社で「採用」しませんか?

2022.6.29 07:41/ Jun

【参加者募集中】新刊「研修評価の教科書」無料オンラインセミナー、7月19日(火)開催!