NAKAHARA-LAB.net

2022.4.7 08:20/ Jun

人材開発・組織開発の実践者にとって「必要な資質」とは何か?

 人材開発・組織開発の領域で仕事をしていくうえで、必要なスキル・知識・マインドセットといったら何でしょうか?
   
 この問いには、いろいろな答え方があるのだと思います。
   
 やれ、コーチングだ、傾聴だ。
 やれ、組織調査のスキルだ、分析だ。
 やれ、人事の知識だ、ビジネス経験だ
  
 そのどれも「間違っていない気」もします。
 また、人材開発・組織開発にまつわる団体で「コンピテンシーモデル(必要な能力・資質)」などをだしているところもあります。
  
ATD Talent Development Capability Model™
https://www.td.org/capability-model/tdbok
  
 そうしたものを参照し、自己チェックを為さるのも一計かと思います。
  
  ▼
  
 ところで、シャバの議論においては「あまり語られない資質・能力」なのですが、個人的に、僕が「人材開発・組織開発の仕事をやっていくうえでは必須だろうな」と感じているものがあります。それは何だと思われますか?
  
 そんなん知らんがな(笑)。まー、そう、言わず。
   
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
   
 それはですね・・・ドンドンドンパフパフパフ(笑)
  
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
   
 ドン!
 答えは「曖昧さ耐性(あいまいさ・たいせい)」です。
  
  ▼
  
 一般に「曖昧さ耐性(Tolerance of Ambiguity)」とは、専門家に、便所スリッパで後頭部をパコーンとたたかれる覚悟をして、端的にいうと、
  
(1)新規なものでどこから手をつけたらいいかわからない事象
  
(2)複雑すぎてワケワカメ(死語?)な事象
   
(3)こんがらかっていて、矛盾していて、途中で枯れてる事象
    
 に対して、個人がどの程度反応できるか、どのような態度をもつのか、ということです。
   
・見たことがないものや前例のないものに「小躍り」するひともいれば、不安にかられるひともいる
  
・見通しがきかないことをチャンスだと思う人もいれば、立ちすくむひともいる。
  
・不完全なものをそのまま抱えられるひともいれば、白黒はっきりつけたくなるひともいる
  
 曖昧さ耐性が高いというのは、新規なもの、複雑なもの、矛盾を抱えるものを「抱きしめ」耐えることができることです。
  
  ・
  ・
  ・
  
 そして、ここからは仮説ですが、
  
 人材開発・組織開発に向いているひと、というのは「曖昧さ耐性」が強いひとではないか
  
 とわたしは思います。
  
 なぜなら、彼らが相手にする「ひと・組織」というものが
  
(1)いつ、何が起こるかわからない
(2)見通しがきかない、全体像を把握することが難しい
(3)朝令暮改、すぐに変わるし、意固地にもなる
(4)必ずしも論理で動いているわけではなく、感情の塊みたいなもの
  
 だからです。つまり、「曖昧」という粘土をこねれば、あら不思議、「ひと・組織」になっちゃったって、いうくらい、「曖昧」!
  
 そういう曖昧でうつろで矛盾に満ちた存在に対して、
  
「おまえら、曖昧なんぢゃ、ボケ!」
「シャンとしろ、シャンと!」
    
 とキレてみたところで、物事は何一つ解決しません。
  
 むしろ、人材開発・組織開発のプロフェッショナルならば、「曖昧さ」を「ともに抱きしめる」くらいの度量がなければ、仕事をしていけません。
  
クライアント 「うちの組織、曖昧っすね」
コンサルタント「そうですね」
クライアント 「いや、どっから手をつけていいのやら」
コンサル   「まぁ、そう気を落とさず」
クライアント 「どうしましょ?」
コンサルタント「ともに考えましょうか・・・地道に、ひとつひとつ」
   
 こういう姿勢が、ときに、必要なのです。心をひろくもたなきゃね。
  
 ▼
  
 今日は「曖昧さ耐性」のお話をしました。
  
 シャバの物事のなかで、大切な物事ほど「曖昧なもの」です。「曖昧さ」を毛嫌いするだけでなく、うまく自分を御しつつ、お付き合いできる度量を持ちたいものです。自戒をこめて
  
 そして人生はつづく
       
 ーーー
    
 職場診断ツール&ワークショップ「OD-ATRAS(オーディ・アトラス)」が多くの職場で使われはじめています。サーベイはもとより、それをいかに「フィードバック」するかに焦点をあてたツールです。ワークショップも開発しております。どうぞご笑覧くださいませ!
   

職場診断ツール&ワークショップ「OD-ATRAS」 (パーソル総合研究所・中原の共同開発) 
https://rc.persol-group.co.jp/consulting/survey/service/od-atlas.html
   
  ーーー
       
【好評発売中】1on1のコツをまとめた映像教材を、中原とPHPさんで共同開発しました。上司用、部下用あります。1on1について「同じイメージ」をもつことができます。どうぞご笑覧くださいませ!
     
上司と部下がペアで進める 1on1 振り返りを成長につなげるプロセス(上司用)
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061
  
経験を成長につなげる1on1(部下用)
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061   
  
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
  
 ーーー

新刊「フィードバック入門:耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術」絶賛発売中、13刷重版出来です!。AMAZON総合13位、1位(マネジメント・人材管理カテゴリー、リーダーシップカテゴリー)を記録!年上の部下、若手のトンガリボーイ、トンガリガール。職場には、多様な人々が集っています。難易度の高い部下育成に悩む管理職向けの新書です。どうぞご笑覧くださいませ。スピンアウト企画にDVD教材「フィードバック入門」、研修、通信教育もあります。こちらもどうぞご笑覧ください。
     

   
『フィードバック入門』スピンアウト企画
https://www.php.co.jp/seminar/feedback/

 ーーー
  
【泣くな!新米管理職!】
  
おかげさまで10刷重版出来。「駆け出しマネジャーの成長論」は、「実務担当者」から「新任管理職」への役割移行をいかに進めるかを論じた本です。「脱線」をふせぎ、成果をだすためには「7つの課題」への挑戦が必要であることを解説しています!全国の管理職研修で用いられています。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
パーソル総合研究所と中原は、このテキストをもとにした「マネジャーになる研修」を開発しました。種部吉泰さんとディスカッションは、非常に楽しいものでした。このコースについても、どうぞご覧くださいませ!
  
「マネジャーになる」 研修:プレイヤーからマネジャーへの移行期支援プログラム
https://rc.persol-group.co.jp/seminar/become-a-manager.html
   
ーーー
 
        
中原研究室では、一般社団法人ピアトラストさんとの共同研究で、相互称賛アプリ『Peer-Trust(ピア・トラスト)』の研究を行っています。
       
相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が導入された職場では、職場のメンバー同士が、お互いの日々の仕事を観察し、そこにキラリと光るものがあったときに「称賛カード」というものをメッセージとともに送りあいます。1カ月間は無料トライアルだそうです。ご興味があえば、ぜひ、ご利用くださいませ。
     
強みの自己認知と意欲を高める『ポジティブ1on1』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000059483.html
   
仲間から実際に認められた行動のデータから、自身の強みと職場での関係を定期的に把握できるレポーティング機能も追加されました。職場における相互称賛を、自分の強みの発見と目標設定に役立てられます。
 
自身の強みと職場での関係を定期的に把握できるレポーティング機能も追加!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000059483.html
   
あなたの会社のリーダー・管理職は「部下の強み」を観察できますか?:相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が示唆する「リーダーの条件」とは?
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/12062
    
ピアトラストお問い合わせ
https://www.peer-trust.com/contact/
   
ピアトラストの効果まとめページ
https://www.peer-trust.com/research/2020/
    
 ーーー 
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約37000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2022.11.30 08:10/ Jun

「シン・人事の大研究」の研究結果を報告する「ハガキ職人参加型ラジオ」的講演にご参加しませんか!?:人事パーソンはいかに学び、いかにキャリアを切り開くか?

2022.11.28 07:43/ Jun

【無料・参加募集開始】教育DXの最先端・最新事例を1dayで学び直すカンファレンス!

年齢が上がると「急流すべり」のように急減少していくもの!?

2022.11.25 08:14/ Jun

年齢が上がると「急流すべり」のように急減少していくもの!?

僕のフィードバックには「甘口」も「辛口」もない!?

2022.11.21 08:24/ Jun

僕のフィードバックには「甘口」も「辛口」もない!?

「深掘り(ふかぼり)」という「思考停止ワード」「お茶濁しワード」に逃げてはいけない!?

2022.11.18 07:57/ Jun

「深掘り(ふかぼり)」という「思考停止ワード」「お茶濁しワード」に逃げてはいけない!?