NAKAHARA-LAB.net

2021.9.1 07:53/ Jun

あなたのチームは「灯台に近づきすぎて」座礁のリスクが押し寄せていませんか?

「何を、ともに目指すか?」
「何を、みなの目標とするか?」
      
 ということは、ビジネスのなかで、ひとが、チーム・職場を率いていくなかで相対する、もっとも根源的で、難しい問いのひとつである気がします。
  
 なにせ、この「目指すもの」が間違っていれば、ろくなことがありません。
    
 無駄な仕事にまみれ、阿鼻叫喚。
 敵にかこまれ、四面楚歌。
 気がついたときには、ああ無情。
 
 になってしまうのです。
    
 戦略の教科書には、よく
   
 優れた戦略とは「戦うこと」を決めることではない
 戦略とは「戦わない領域」を決めること
  
 と書いてあることもあります。
 しかし、これは実に難しい。無駄な闘いを避けて、自分たちだけの領域を見つけるのは、並大抵のことではありません。
    
 自分たちは何が得意なのか?(自分たちは何をもっているのか?)
 自分たちは何をやりたいのか?
 何をすれば(他者から)感謝されるのか?
  
 などなどの様々な問いを自らに投げかけ、自分たちのフィールドを探していかなくてはなりません。
  
  ▼
   
 目指すものが、いったん決まったとしても、油断はできません。
     
 拙著「チームワーキング」(中原淳・田中聡共著)で述べたように、
  
 チームで合意したはずの「目指すもの」はあっという間に、メンバーに手放されて(リリースされて)いくもの
     
 なのです。
  
 目標は設定したあとが重要。目指すもののイメージが違っていないかを常に確認し合いながら、「目標が常にホールド(Hold)されている状況」をつくりださなければ成果がでないのです。
  
 すなわち、目標設定でもっとも大切なのは「目標設定を行うこと」ではなく「目標を設定したあと」なのです。
 メンバー全員が「目標をにぎり」、しかも、コミットしている状態をつくらなくてはなりません。
        
  ▼
  
 加えて、もうひとつ重要なこともあります。
  
 それは、「目標は、おりに触れて振り返り、再設定しなければならない」ということです。
  
 ここで、何人かのビジネスパーソンは、キッと目つきをするどくします。
  
「目標は、いちど、設定したら、絶対に変えてはならんのだ! なんとしてでも、達成し、かならずやり切ることが重要なんじゃい!」
   
 まぁ、お待ちください(笑)。
    
 わたしは何も「目標を低くしてほしい」と言っているわけではありません。問題は「目標を高くするとか、低くする」とかではないのです。
  
 むしろ、市場環境・顧客の状況が変わってきたときには、
  
「高みをめざしたまま、チームにとってメリットが得られる目標を、再設定しなければならないときがきたとしたら、それを思い切って行うべきだ」
  
 ということです。これがわたしどもの研究から、見えてきています。
   
 目標は近づけば、近づくほど、その全貌が見えてきます。それが目指すべきものであったとしたら、そのまま突進すればいい。しかしながら、それが異なるものだったとしたら、みなで話し合い、目指すものを変える必要があります。
 もちろん、さらなる高みをめざしてもいい。アプローチをかえて、違うものをめざしてもいい。いずれにしても、そこには「納得」が必要です。
  
 かつて、河合隼雄さんは、著書「心のなかの処方箋」のなかで、こんな一文を残しておられます。
  
 「灯台」に近づき過ぎると、船は「難破」する
         
 船が難破するときというのは、大海原を駆けているときではなく、目指すものに近づいていくときにある、ということです。ある灯台に近づいたら、別の灯台を目指さなければ、船は浅瀬にはまり、座礁します。目指すものに耽溺してはいけない。目指すものこそ、常に動的に変化するのです。
       
 チームは「生き物」。
 常に、その状況「〜ing」で変化します。
       
 そしてチームの目指すものも「Moving Target」です。
 一瞬たりとも気が抜けないですね。
           
  ・
  ・
  ・
    
 あなたのチームは「血みどろの闘い」を選んでいませんか?
    
 あなたのチームは「灯台に近づきすぎて」いませんか?
  
 あなたのチームのメンバーは「目標」をすでに手放しちゃっていませんか?
  
 そして人生はつづく
    
  ーーー
           
新刊「チームワーキング」おかげさまで「重版」を重ねております。応援いただいた皆様に心より感謝いたします。さらに、新刊「チームワーキング」がオンライン管理職研修になりました。JMAMさんからのリリースです(共同開発をさせていただいた同社の堀尾さん、ありがとうございました。中原は共著者の田中聡さんと監修をつとめさせていただきました)。どうぞご笑覧ください! 
   
    
 
https://amzn.to/3esCOrW
    
新リリースしました! 「チームワーキング研修版」
https://www.jmam.co.jp/hrm/course/training/twk.html
          
すべてのリーダー、管理職にチームを動かすスキルを!
ニッポンのチームをアップデートせよ!           
     
 ーーー    
       
【立教大学大学院で大学院生として学びませんか?】
 立教大学大学院 経営学研究科 リーダーシップ開発コースでは、経営学を基盤にしながら、人材開発・組織開発・リーダーシップ開発を実践できるアカデミックプラクティショナーを養成しています。別名、「ひとづくり・組織づくりの大学院」です。
 授業は「フルオンライン」。授業は金曜日夜と土曜日だけ行われており、2年間で、修士(経営学)が取得できます。
   
 リーダーシップ開発コースの入試説明会を2021年9月18日(土曜)午前中に開催させていただきます。来年2月の入試・コースのご説明をさせていただきます!3期生の募集になります!ご興味がおありの方は、ぜひ、お申し込みくださいませ!
   

   
【お申し込みはこちら!】2021年9月 リーダーシップ開発コース説明会開催・申込み方法について
https://ldc.rikkyo.ac.jp/news/2021/20210730/
   
 なお、在学生などの声、リーダーシップ開発コースでの授業の様子について知りたい方は、ぜひ、下記のニュース欄をお読みくださいませ!
  
ひとづくり・組織づくりの大学院での「学び」とは?
https://ldc.rikkyo.ac.jp/news/
   
  ーーー
     
新刊「働くみんなの必修講義 転職学」好評発売中です!どうかご高覧くださいませ! ひとが会社を辞めなくなるのはなぜか(それを防止するためにはどうすればいいのか)?、どのような転職活動を行えば、納得のいく転職が可能になるのか、そして、どのように新たな組織に自ら適応するのか。転職にまつわる、これらの「問い」に対して、1万2000人の大調査を通して答えをだしました。パーソル総合研究所、パーソルキャリア、中原の共同研究成果です。ご高覧くださいませ!
   

   
  ーーー  
       
拙著「経営学習論」の増補改訂版が、東京大学出版会より刊行されました。新たに「リーダーシップ開発」の章を追加し、カバーの装いも変わっています。人材開発の基礎的な理論を体系的に学べる一冊です。どうぞご高覧くださいませ!
      

    

      
  ーーー
     
【好評発売中】1on1の失敗・成功ケースをまとめ、映像教材を中原とPHP研究所さんとで開発しました。失敗しない1on1について、具体的なイメージをもって学ぶことができます。どうぞご笑覧くださいませ!
     
上司と部下がペアで進める 1on1 振り返りを成長につなげるプロセス
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061
   
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
  
 ーーー
   

     
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
    

     
 ーーー
      
拙著「職場学習論」(東京大学出版会)のカバー・装いが10年ぶりに変わりました(内容は変わっていませんのであしからず!)。ひとは、職場でどのようにして学ぶのか、というテーマを考察しています。どうぞご高欄くださいませ!
    

    

      
 ーーー
    
新刊「中小企業の人材開発」(中原淳・保田江美著、東京大学出版会、2021年)マニアックなガチ・学術研究書なのですが、発売10日で重版出来となりました。ありがとうございます。中小企業の人材開発メカニズムに接近を試みています。どうかご笑覧くださいませ!
  

   
 ーーー
        
中原研究室では、一般社団法人ピアトラストさんとの共同研究で、相互称賛アプリ『Peer-Trust(ピア・トラスト)』の研究を行っています。
       
相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が導入された職場では、職場のメンバー同士が、お互いの日々の仕事を観察し、そこにキラリと光るものがあったときに「称賛カード」というものをメッセージとともに送りあいます。1カ月間は無料トライアルだそうです。ご興味があえば、ぜひ、ご利用くださいませ。
     
強みの自己認知と意欲を高める『ポジティブ1on1』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000059483.html
   
仲間から実際に認められた行動のデータから、自身の強みと職場での関係を定期的に把握できるレポーティング機能も追加されました。職場における相互称賛を、自分の強みの発見と目標設定に役立てられます。
 
自身の強みと職場での関係を定期的に把握できるレポーティング機能も追加!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000059483.html
   
あなたの会社のリーダー・管理職は「部下の強み」を観察できますか?:相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が示唆する「リーダーの条件」とは?
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/12062
    
ピアトラストお問い合わせ
https://www.peer-trust.com/contact/
   
ピアトラストの効果まとめページ
https://www.peer-trust.com/research/2020/
    
 ーーー 
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約34000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2021.9.24 07:38/ Jun

リーダー育英塾カンファレンス参加者募集中!:ワンデイで「教育改革」の最前線を学びませんか?

ケアマネジャーとは「いらだちに直面する仕事」である!? : 岸山真理子著「ケアマネジャーはらはら日記」書評

2021.9.22 07:57/ Jun

ケアマネジャーとは「いらだちに直面する仕事」である!? : 岸山真理子著「ケアマネジャーはらはら日記」書評

中高年のキャリアとは「巨艦を操縦すること」である!?

2021.9.21 07:40/ Jun

中高年のキャリアとは「巨艦を操縦すること」である!?

2021.9.17 08:28/ Jun

学生・受講生の「刺激になりました症候群」を引き起こしているのは、教員側の「何でもいいから書いときなさい病」ではないか!?

2021.9.16 07:52/ Jun

あなたの周囲では「刺激になりました症候群」や「ためになりました病」が感染拡大していませんか?