NAKAHARA-LAB.net

2021.6.14 08:05/ Jun

身体が「超合金」のように固い人向けストレッチで、コロナ禍を乗り越える!?

 仕事のパフォーマンスを維持するために、体調を整えよう!
(体育2のお前が言うなよ、的なメッセージですみません・・・)
       
  ・ 
  ・
  ・
       
 なんで、こんな場所でゲロしなきゃならないかわかりませんが、自慢じゃないけど、小生、学生時代は「体育2」でした。
   
 学生時代の授業などでは、一度も、ストレッチなど真面目にやったことありません。だって身体が硬すぎて、カキーンとなってて、1ミリも曲がりませんので、やるだけ無駄かな、と(笑・・・そのために柔軟体操があるのに・・・)。
  
 マラソン大会などは、ビリから2位くらいをとったりもしましたし。自暴自棄になって、途中でコースを飛び出し、お茶を一服飲んでいたりしたこともあります(すみません)。
     
 要するに、身体のことを考えたことがなかったのです。ほんとうにごめんなさい。身体は「超合金」のように「硬く」、僕の言うことを聞きません。
      
 僕にとって、柔軟体操は「拷問」でした。
「曲がらないものを、曲げろ」と言われても、ニッチもサッチもどうにもブルドックです(謎)。
     
 体育関係者のみなさん、本当にごめんなさい。わたしが間違いでした。今では深く反省しています。
  
  ▼
  
 そんな体育2の僕でも、45歳になり、「身体」のことを気にかけるようになってきました。
  
 まず、きっかけは「小太り」でした(爆笑)。
 コロナ禍になり、一時期、ちょっとありえないくらいに太ってしまいました。
     
 ある日、家族写真を久しぶりにみて、そこに「小太りのおっちゃん」がうつっているのを発見しました。
     
 えっ、これ、オレ? 
 レンズ変えた?
 まさか、魚眼レンズ?
     
 この写真には、椅子から転げ落ちそうなくらい「衝撃」を受けた。
        
 怖いものですね。リモートワークのカメラでは、多少太っても、わからないのです。カメラの解像度が低いので(笑)だから、仕事のひとに、身体の変化を指摘されたことは、ほぼありませんでした。ただ、一方で、近くに居る家族には「最近、太ったんじゃない?」と言われるようになっていました。ま、無視してたけど。
(フィードバックレス、フィードバック拒絶が、いかに人を怠惰にするか、おわかりいただける事例かと思います)
    
 今、1ヶ月前に一念発起して、ダイエットをしています。 まずFiNCというiphoneアプリを導入して、体重を日々「見える化」することに取り組みました。見える化のあとは、自己との「ガチ対話」と、未来づくり(目標設定)です。おかげさまで、体重は元に戻りました。
(ダイエットも、組織開発も、みな同じですよね・・・見える化・ガチ対話・未来づくり!)
    

          
 また、コロナ禍から1年を超える頃になって、激しい腰痛や、肩こり、首のコリに悩まされるようになりました。ずっと座って、授業をしたり、書き物をしたりしておりますので・・・。
   
 でも、体調があまりに悪く、仕事をしていても、腰や肩が重くて、「今日は、もうやめちゃおう」と思ったりするようになりました。
     
 もうアタリマエすぎて鼻血でちゃいなんですけど、
  
 体調は、仕事のパフォーマンスに影響します!
(キリッ!すみません。キリッじゃないですね。でも、僕、一度も考えたことなかったんだもの・・・)
    
 こちらも、一念発起して、今、身体改善に取り組んでいます。
  
 最近は、毎日朝早くおきて1時間ほどかけて、ストレッチとランニングに取り組むようになりました。
    
 ストレッチメニューは下記です。
  
 なにせ「柔軟は拷問」と思ってしまうほどの身体なので、「超固いひと向けのストレッチ」に取り組んでいます。そういうのがあるんだよね。「オガトレ」&「まり子先生」ありがとう!
      
 まずは肩甲骨を動かし・・・
   

   
 そのつぎは股関節をひらき・・・
   

   
 さらには腰痛の改善を行う
    

   
 最後は、まり子先生で、腹筋をしばいて、1日のストレッチは終了です。
  

    
  ・
  ・
  ・
  
 おかげさまで、ここ1ヶ月は、腰痛も肩こりもなくなりました。整体も鍼もほとんど行っていない状況です。
  
 みなさんもおすすめですよ!
(お前が言うなよ、という感じですが・・・こんなことなら、学生時代から、やっとけばよかったよ・・・と45歳にして悟りをひらく、笑)
    
  ▼
  
 今日は体育2のわたくしめが、身体のことを語る、という暴挙を朝っぱらから繰り広げてしまいました。
   
 ストレッチは超おすすめなので、みなさんも、ぜひ!
  
 そして人生はつづく
  
  
 ーーー
    
新刊「中小企業の人材開発」(中原淳・保田江美著、東京大学出版会、2021年)マニアックなガチ・学術研究書なのですが、発売10日で重版出来となりました。ありがとうございます。中小企業の人材開発メカニズムに接近を試みています。どうかご笑覧くださいませ!
  

    
  ーーー
     
新刊「働くみんなの必修講義 転職学」好評発売中です!どうかご高覧くださいませ! ひとが会社を辞めなくなるのはなぜか(それを防止するためにはどうすればいいのか)?、どのような転職活動を行えば、納得のいく転職が可能になるのか、そして、どのように新たな組織に自ら適応するのか。転職にまつわる、これらの「問い」に対して、1万2000人の大調査を通して答えをだしました。パーソル総合研究所、パーソルキャリア、中原の共同研究成果です。ご高覧くださいませ!
   

    
           
  ーーー
   
新刊「チームワーキング」発売初日・重版決まりました! AMAZON「マネジメント・人材管理」カテゴリー第1位! 手にとってくださった皆様、お読みいただいた皆様に、心より感謝いたします。
   
 
https://amzn.to/3esCOrW
   
すべてのひとびとに、チームを動かすスキルを! これがこの書籍のメインメッセージです。チームを動かす新たなアイデアとして「チームワーク」ではなく、「チームワーキング」を提唱しています。データとビジネスケースから、チームを動かすためのスキルを学び取ることができるようになっています。どうぞご高覧くださいませ!
 
ニッポンのチームをアップデートせよ!
  

  
  ーーー
    
【立教大学大学院で大学院生しませんか?】
 立教大学大学院 経営学研究科 リーダーシップ開発コースでは、経営学を基盤にしながら、人材開発・組織開発・リーダーシップ開発を実践できるアカデミックプラクティショナーを養成しています。別名、「ひとづくり・組織づくりの大学院」です。
 授業は「フルオンライン」。授業は金曜日夜と土曜日だけ行われており、2年間で、修士(経営学)が取得できます。
   
 来年の大学院入試は2月です。3期生の募集になります!ご興味がおありの方は、ぜひ、下記のページにお越しください!
   

   
立教大学大学院 経営学研究科 リーダーシップ開発コース
https://ldc.rikkyo.ac.jp/
 
  ーーー
      
拙著「経営学習論」の増補改訂版が、東京大学出版会より刊行されました。新たに「リーダーシップ開発」の章を追加し、カバーの装いも変わっています。人材開発の基礎的な理論を体系的に学べる一冊です。どうぞご高覧くださいませ!
      

    

      
  ーーー
  
【新刊予約発売中】
新刊「学校がとまった日」の特設サイト完成!&予約販売開始中! 緊急事態宣言・全国一斉休校で「学びを継続できた子どもの特徴」は?学びをとめないために学校にできることは?:書籍の内容が概観できます!どうぞご覧くださいませ!
  

新刊「学校がとまった日」の特設サイト
http://toyokan-publishing.jp/stop/index.html
  
新刊「学校がとまった日」予約販売開始中(AMAZON)

   
  ーーー
     
【好評発売中】1on1の失敗・成功ケースをまとめ、映像教材を中原とPHP研究所さんとで開発しました。失敗しない1on1について、具体的なイメージをもって学ぶことができます。どうぞご笑覧くださいませ!
     
上司と部下がペアで進める 1on1 振り返りを成長につなげるプロセス
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061
   
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
  
 ーーー
   

     
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
    

     
 ーーー
      
拙著「職場学習論」(東京大学出版会)のカバー・装いが10年ぶりに変わりました(内容は変わっていませんのであしからず!)。ひとは、職場でどのようにして学ぶのか、というテーマを考察しています。どうぞご高欄くださいませ!
    

    

      
 ーーー
    
中原研究室では、一般社団法人ピアトラストさんとの共同研究で、相互称賛アプリ『Peer-Trust(ピア・トラスト)』の研究を行っています。
      
相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が導入された職場では、職場のメンバー同士が、お互いの日々の仕事を観察し、そこにキラリと光るものがあったときに「称賛カード」というものをメッセージとともに送りあいます。1カ月間は無料トライアルだそうです。ご興味があえば、ぜひ、ご利用くださいませ。
    
強みの自己認知と意欲を高める『ポジティブ1on1』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000059483.html
   
あなたの会社のリーダー・管理職は「部下の強み」を観察できますか?:相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が示唆する「リーダーの条件」とは?
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/12062
   
ピアトラストお問い合わせ
https://www.peer-trust.com/contact/
  
ピアトラストの効果まとめページ
https://www.peer-trust.com/research/2020/
   
 ーーー 
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約32000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun
 
 
 

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2022.11.30 08:10/ Jun

「シン・人事の大研究」の研究結果を報告する「ハガキ職人参加型ラジオ」的講演にご参加しませんか!?:人事パーソンはいかに学び、いかにキャリアを切り開くか?

2022.11.28 07:43/ Jun

【無料・参加募集開始】教育DXの最先端・最新事例を1dayで学び直すカンファレンス!

年齢が上がると「急流すべり」のように急減少していくもの!?

2022.11.25 08:14/ Jun

年齢が上がると「急流すべり」のように急減少していくもの!?

僕のフィードバックには「甘口」も「辛口」もない!?

2022.11.21 08:24/ Jun

僕のフィードバックには「甘口」も「辛口」もない!?

「深掘り(ふかぼり)」という「思考停止ワード」「お茶濁しワード」に逃げてはいけない!?

2022.11.18 07:57/ Jun

「深掘り(ふかぼり)」という「思考停止ワード」「お茶濁しワード」に逃げてはいけない!?