NAKAHARA-LAB.net

2019.9.17 06:46/ Jun

上司が求める「がんばる」と部下の考える「ガンバル」の間の「絶望的なすれ違い」!?:パコーンとかましたフィードバックが1ミリも効果を生みだせない理由!?

本来、フィードバック(feedback)とは
   
1.よいことも、悪いこともふくめて、相手の行動がどのように見えるかを、相手に通知すること
   
2.相手の行動の立て直しをうながし、目標と現状のギャップを埋めるよう働きかけること
   
 の2つのことをいいます。
  
 別の言葉でいえば、
  
 フィードバックとは「ズレ」による「ズレの補正」です(笑)
  
 すなわち、
  
 フィードバックとは「自分からみた自分」と「他人から見た自分」という「第一のズレ」を「きっかけ」に駆動します。「自分」を適切に認知したうえで、自らの行動を補正するために目標設定を行います。
  
 その「目標」と「現在の自分」の「第二のズレ」を埋めるのが、フィードバックの目的です。すなわち「第一のズレ」による「第二のズレ」への補正こそが、フィードバックの眼目です。
  
 だから、
  
 フィードバックとは「ズレ」による「ズレの補正」
   
 今日も、ズレズレしてるぜ(笑)。
  
 そして、「ズレによるズレの補正」がこれほどまでに注目されるのは、人間の学習、成果に対する効果が高いからです。いくつものメタ分析論文では、フィードバックは、非常に効果が高い学習手法として知られています(Hattie 2011, Hattie and Timperley 2007)。
  
  ▼
  
 かくして、フィードバックにとって、もっとも重要なのは、第一のズレにおいても、第二のズレにおいても、当人がなるべく「具体的」かつ「正しく」、自分の「ズレを認識すること」です。具体的であればあるほど、正確であればあるほどいい。
  
 しかし、世にあるフィードバックは、これとは「真逆」になります。
 むしろ、曖昧で、ふわっとしていて「まったく具体的ではない」。ときには擬音語と擬態語だらけのフィードバックが跳梁跋扈している(笑)。
  
「自分から見た自分」と「他人から見た自分」の差を意識する「第一のズレ」の認識に至っては・・・
  
上司「うーん、きみさ、ここんとこ、前のめり感がないよね」
部下「前のめり感ですか? といいますと・・・」
上司「何ってわけじゃないんだけどさ・・・若いんだから、パコーンといけよ
  
 パコーン(笑)。
   
「目標」と「現在地」の「第二のズレ」においては・・・
  
上司「でさ、これからどうする?」
部下「そうですね」
上司「とにかく、がんばれよ
部下「そうですね」
上司「がんばれよ、な」
部下「僕なりに、がんばります
  
 いったい、いつから、何を、どのように頑張るんだか・・・(笑)
    
 たいてい、こういうときの上司と部下の「がんばる」の意味は、大きく、それこそ「ズレている」ことが多いものです。
  
 ▼
    
 今日はフィードバックをなるべく具体的に書くことの意味を考えてみました。効果が高い方法であるからこそ、正しく用いたいものですね。
    
 あなたが、最近、行ったフィードバックは「ふわっと」していませんか?
   
 あなたが、最近、受けたフィードバックでは「ズレズレ」を具体的に認識できましたか?
 
 そして人生はつづく

 ーーー
   
日本の人事部「HRアワード」に拙著2冊「残業学」「組織開発の探究」がノミネートされたそうです。うれしいことです。
  
「残業学」(中原淳+パーソル総合研究所)
「組織開発の探究」(中原淳+中村和彦)
  
ここから最優秀を決める「投票」もあるようです!
「いいな」と思われた方は、どうぞ応援のほどお願い申し上げます!
  
【投票はこちら】
https://jinjibu.jp/gfrm/eventEnquete/award-19-0001/form/
   
【ノミネートリストはこちら】
https://hr-award.jp/nominate.php#shoseki
  
「残業学」は小林祐児さん、青山茜さん、渋谷和久さん、櫻井功さん、樋口健さん、井上佐保子さん、髙橋恒星さんらとのお仕事です。「組織開発の探究」は、中村和彦先生、間杉俊彦さん、井上佐保子さん、永田正樹さんらとのお仕事です。みなさま、お疲れ様でした! 
  
 ーーー
  
新刊「フィードバック入門:耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術」絶賛発売中、13刷重版出来です!。AMAZON総合13位、1位(マネジメント・人材管理カテゴリー、リーダーシップカテゴリー)を記録!年上の部下、若手のトンガリボーイ、トンガリガール。職場には、多様な人々が集っています。難易度の高い部下育成に悩む管理職向けの新書です。どうぞご笑覧くださいませ。スピンアウト企画にDVD教材「フィードバック入門」、研修、通信教育もあります。こちらもどうぞご笑覧ください。
     

   
『フィードバック入門』スピンアウト企画
https://www.php.co.jp/seminar/feedback/

ブログ一覧に戻る

最新の記事

日本初!刑務所のなかでの「治療共同体(対話)」を克明に描き出した、とてつもない映画「プリズンサークル」を見た!

2020.1.27 07:32/ Jun

日本初!刑務所のなかでの「治療共同体(対話)」を克明に描き出した、とてつもない映画「プリズンサークル」を見た!

研修の「満足度」を問うな、研修転移を問え!? :「現場にインパクトを1ミリも及ぼさない研修」は「共犯関係」によって生み出されている!?

2020.1.24 07:14/ Jun

研修の「満足度」を問うな、研修転移を問え!? :「現場にインパクトを1ミリも及ぼさない研修」は「共犯関係」によって生み出されている!?

30年前の名著で予見されていた「3つの仕事」と「社会の分断」!? – ロバート・ライシュ(著)ザ・ワーク・オブ・ネーションズ書評

2020.1.23 07:43/ Jun

30年前の名著で予見されていた「3つの仕事」と「社会の分断」!? – ロバート・ライシュ(著)ザ・ワーク・オブ・ネーションズ書評

主体的な新人とは「トンガリ勘違いボーイ」なのか、それとも「仕事に前向きな人材」なのか?

2020.1.22 06:49/ Jun

主体的な新人とは「トンガリ勘違いボーイ」なのか、それとも「仕事に前向きな人材」なのか?

「他人をホイホイと動かすこと」だけに長けている「暗黒面に堕ちたリーダー」にならないために為すべきこととは何か?

2020.1.21 07:01/ Jun

「他人をホイホイと動かすこと」だけに長けている「暗黒面に堕ちたリーダー」にならないために為すべきこととは何か?