NAKAHARA-LAB.net

2019.9.9 08:52/ Jun

「本当は気づかなければならないひと」を「気づかせられない」のはなぜか?:「学びとは自ら気づかせることなんぢゃい!」という言葉の内部にある「絶望的なねじれ」とは何か?

「教える」のでなく「気づかせる」んぢゃい!
「伝える」のではなく、自ら「気づかせる」んぢゃい!
   
  ・
  ・
  ・
  
 人材開発の本をパラパラめくっておりますと、このような「聞こえのよい美辞麗句」が、並んでいます。
 自戒をこめて申しますが、この世は「気づき至上主義」といわんばかりの勢いです。「教えること」や「伝えること」よりも、「気づかせること」が大切であるとする言説が、社会にはあふれております。今日も、明日も、「気づかせること」はロマンチックに語られ、人々を魅了します。
  
 しかし「気づかせること」の重要性は深く自認しつつも、一方で「気づかせること」の「絶望的な難しさ」を、僕は「認識」せざるをえません。わかっちゃいるけど、難しい。その難しさに、思わず、ため息をつきたくなってしまうのです。
  
「気づかせること」の「絶望的な難しさ」とは「ねじれ」から生じています。
  
 その「ねじれ」の根源は「主体と意図のねじれ」です。
  
 ひとつひとつ確認していきましょう。
  
  ▼
  
 まず「気づかせる」の主語は、「気づく本人」ではなく、そうした状態を外部から「意図的」に促したい「第三者」ですね。ここで大切なのは「気づかせたい」のは「第三者」です。そして、それは「意図的な行為」であるということです。
  
 しかし「気づかせる」という「他動詞的な用語=第三者の意図を感じる言葉」の内部には、「自ら気づく」という「本人の自発的な行為」が内包されています。つまり「気づく」のは「本人」なのです。しかも気づくは「自発性=非意図的」に基づきます。
  
 ということになりますと、まとめるとこうなります。
  
 自ら「自発的」に「気づいちゃう」のは本人。
   
 しかし、
  
 それを「第三者」が「意図的」に仕掛けていって、あたかも「自発的に本人が気づいちゃう」ような状態をつくりだすのが「気づかせる」という行為です。
  
 えーい、ややこしい。
 
 つまり、気づかせるという言葉は、
  
「本人」と「第三者(他者)」
「自発性」と「意図性」
  
 の交差した場所にある用語です。
  
 だから「ねじれてる」。
 だから、難しい。
  
 よって・・・結果としてどうなるか・・・。
  
 本当に「気づいて欲しいひと」を「気づかせよう」と思っても、絶対に「気づかない」
 合掌。
 
  ▼
  
 わたしたちは、人事・人材開発・組織開発・リーダーシップ開発の領域で、すぐに「気づかせる」という用語を用います。しかし、簡単にいいますけどね・・・それは難しいんだよ。これは自戒をこめて申し上げます。
  
 気づかせるという言葉をきくたびに、はたまた無責任にも自分が口にせざるをえないとき、僕は、そこに内包されている「ねじれ」にため息をついてしまいます。そうであっても「気づかせた方がいいんだろうな」と思いつつ。
  
 ああ、僕も「ねじれてる」。
 そして人生はつづく
  
 ーーー
  
9月1日・日本経済新聞の中原の記事「長時間労働の構造にメス」のなかで拙著「残業学」が紹介されました。おかげさまで重版出来6刷、さらに多くの皆様にお読みいただいております。AMAZONの各カテゴリーで1位記録!(会社経営、マネジメント・人材管理・労働問題)。
長時間労働はなぜ起こるのか? 長時間労働をいかに抑制すればいいのか? 大規模調査から、長時間労働の実態や抑制策を明らかにします。大学・大学院の講義調で語りかけられるように書いてありますので、わかりやすいと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
    

  
また残業学プロジェクトのスピンアウトツールである「OD-ATRAS」についても、ご紹介しています。職場の見える化をすすめ、現場マネジャーが職場で対話を生み出すためのTipsやツールが満載です。ご笑覧ください。
    

対話とフィードバックを促進するサーベイを用いたソリューション「OD-ATLAS」の詳細はこちら
https://rc.persol-group.co.jp/learning/od-atlas/
   
 ーーー
  
新刊「組織開発の探究」発売中、重版4刷決定しました!AMAZONカテゴリー1位「マネジメント・人事管理」を獲得しています。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
   
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
中原研究室のLINEを運用しています。すでに約13000名の方々にご登録いただいております(もう少しで1万人!)。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
   
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

効果の高い「人材開発・組織開発」をしたければ「ワークショップ」に飛びついてはいけない!

2019.9.20 06:59/ Jun

効果の高い「人材開発・組織開発」をしたければ「ワークショップ」に飛びついてはいけない!

【感染拡大中】「ガチ対話」をパコーンとすっ飛ばした「組織開発とは言わない組織開発」!?

2019.9.19 06:40/ Jun

【感染拡大中】「ガチ対話」をパコーンとすっ飛ばした「組織開発とは言わない組織開発」!?

【〆切間近:リーダー育英塾カンファレンス2019】で「未来の教育を考える」&「急成長するメルカリの人づくり・組織づくり」!?

2019.9.18 17:12/ Jun

【〆切間近:リーダー育英塾カンファレンス2019】で「未来の教育を考える」&「急成長するメルカリの人づくり・組織づくり」!?

上司が求める「がんばる」と部下の考える「ガンバル」の間の「絶望的なすれ違い」!?:パコーンとかましたフィードバックが1ミリも効果を生みだせない理由!?

2019.9.17 06:46/ Jun

上司が求める「がんばる」と部下の考える「ガンバル」の間の「絶望的なすれ違い」!?:パコーンとかましたフィードバックが1ミリも効果を生みだせない理由!?

「実践=低級」vs「理論=高級」という二分法に隠されている「アイデンティティクライシス」!?

2019.9.13 05:57/ Jun

「実践=低級」vs「理論=高級」という二分法に隠されている「アイデンティティクライシス」!?