NAKAHARA-LAB.net

2019.4.9 07:01/ Jun

社員を「甘やかしては」いけない!? : あなたの上司はどんな「人間観・マネジメント観」を持っていますか?

 仕事柄、多くの管理職の方々、経営層の方々にお会いして、お話をする機会があります。そのとき、いつも行っていることのひとつに、
    
 管理職や経営者の方々が、どのような視座で「社員」を見ているのか?
 管理職や経営者の方々が、何を基準にマネジメントを行っているのか?
    
 という「管理職や経営層のもつ人間観、マネジメント観」を推し量るということがございます。
   
 ここで人間観とは「人間をどのような存在と見なすのか」、マネジメント観とは「マネジメントそのものを、どのようなものと考えるのか」という視座(Perspective)の問題です。
    
 相手の言葉の端々からあらわれる言葉の断片を拾い集めて、
     
 きっと、このひとは、こういう社員観をもっているんだろうな?
 このひとのマネジメント観は、きっとこういう基準で動いているんだろうな?
   
 と、ひとり妄想するのです。
 小生「ど文系のひそかなネクラ研究者」を自認しておりますので、こういう「妄想」に浸るのが、至福のときです。
  
 くどいようですが、私はネクラですので。
 写真などで微笑んでいるのは、ゴフマン的にいえば、役割演技であり、印象操作です(笑)。
   
 ▼
  
 こういう妄想をしておりますと、10人に1人くらいの割合で、「すこし偏った人間観」「すこし偏ったマネジメント観」のもとで、社員を見つめ、また、マネジメントを行っている方に出会うことがあります。
   
 その人間観、マネジメント観とは・・・
  
 社員とは「幼い子ども」みたいなものである
    
 マネジメントとは「しつけ」である
 甘やかすか、厳しくするという2つしかない
    
 というものです。
    
 この人間観・・・社員から見ると「どん引き」過ぎて、思わずアゴが外れて、コーヒーをダバダーとはき出してしまいそうな人間観、マネジメントですが、これが現実です。ダバダー。
    

(このイラストの元ネタわかるひといるかなぁ・・・湘南爆走族のマルです。たしか、こんな感じだったような・・・懐かしい!)
       
 こうした管理職、経営層の方々の網膜には、「大の大人であるはずの社員」が「子ども」に見えています。そして、マネジメントは「しつけ」である(しかもトラディショナルな時代のしつけ・・・イマドキのしつけは、こういう物では無いとは思いますが・・・)、と思っています。彼らには、何を言っても、「甘やかすか、厳しくするか」という二軸しかございません。
  
 たとえば、
  
 社員のエンゲージメントを測定して、働きやすい環境をつくりましょう
  
 という話を申し上げても、かえってくるのは、
  
 それって、社員を「甘やかすってこと」ですか?
 社員には「厳しくしない」と。
  
 という反応です。
 何を申し上げても、「甘やかすか、しばくか」、それしかないのです。彼らが良く用いる言葉が「つけあがる」です。社員は「油断をみせると、つけあがる」のだそうです。
   
 僕としては、なぜ、彼らが、このような人間観、マネジメント観を持つに至ってしまったのかについて、深い研究的興味がございます(笑)ただ・・・こういう人が上司になったら、部下の方は、大変だろうな、と思ってもしまいます。
  
 ▼
   
 今日は管理職や経営層がもつ人間観、マネジメント観の話をいたしました。こうした視座は、注意深く観察したり、傾聴すれば、言葉の端々に、そのひとがもっている「暗黙の前提」は浮かび上がってくるような気がします。そして、こうした深層でもつ視座が、日常のマネジメントに深い影響を与えています。
  
 深層で「視座が腐っている」のに、「表層」では「よきマネジメント行動」がとれている事例を、わたしは寡聞にして知りません。
     
 たまに仕事につかれたら、相手にとっての「暗黙の前提」を注意深く定性的に明らかにしていく知的遊戯も、また、面白いことなのかもしれません(そんな暇人はいないですかね?)
  
 あなたの上司は、どんな人間観、マネジメント観をもっていますか?
  
 あなたは、どんな人間観や、マネジメント観のもとで、日々のマネジメントを行っていますか?
  
 そして人生はつづく
   
  ーーー
     
新刊「データから考える教師の働き方入門」(辻和洋・町支大介編著、中原淳監修)好評発売中です。1日の労働時間が約12時間におよぶ、先生方。その働き方を見直し、いかに持続可能な職場をつくりだすのか、を考えます。「サーベイフィードバック方の組織開発を応用した働き方改革」の事例として、教育機関以外の組織でも応用可能です。どうぞご笑覧くださいませ
  

  
  ーーー
  
新刊「残業学」重版出来、5刷決定です!(心より感謝です)。AMAZONの各カテゴリーで1位を記録しました(会社経営、マネジメント・人材管理・労働問題)。長時間労働はなぜ起こるのか? 長時間労働をいかに抑制すればいいのか? 大規模調査から、長時間労働の実態や抑制策を明らかにします。大学・大学院の講義調で語りかけられるように書いてありますので、わかりやすいと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
新刊「女性の視点で見直す人材育成」(中原淳・トーマツイノベーション著)が、AMAZONカテゴリー1位「企業革新」「女性と仕事」を記録しました。女性のキャリアや働くことを主題にしつつ、究極的には「誰もが働きやすい職場をつくること」を論じている書籍です。7000名を超える大規模調査からわかった、長くいきいきと働きやすい職場とは何でしょうか? 平易な表現をめざした一般書で、どなたでもお読みいただけます。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
新刊「組織開発の探究」発売中、重版4刷決定しました!AMAZONカテゴリー1位「マネジメント・人事管理」を獲得しています。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
   
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
中原研究室のLINEを運用しています。すでに約11000名の方々にご登録いただいております(もう少しで1万人!)。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
   
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2019.8.5 06:04/ Jun

危険だと思う方に「自分」を賭けろ!? : 岡本太郎美術館という名のパワースポット!?

【参加申込者募集!】立教BLPカンファレンス2019開催!:「データを活かした新たな授業づくり*新たな教育評価を学ぶ!?」

2019.8.2 06:14/ Jun

【参加申込者募集!】立教BLPカンファレンス2019開催!:「データを活かした新たな授業づくり*新たな教育評価を学ぶ!?」

組織変革のときに必ず生まれる「抵抗勢力」は「根回し」か「排除」か「ごちそう」か?

2019.8.1 06:48/ Jun

組織変革のときに必ず生まれる「抵抗勢力」は「根回し」か「排除」か「ごちそう」か?

2019.7.31 06:08/ Jun

あったら怖い!「ケースメソッド教授法」という名の「答えのあてっこ」と「華麗なるスルー」!?

企業研修の実務では「厳密な研修効果測定」は不可能である!?・・・ていうか「やめたほうが」いい理由!?

2019.7.30 06:14/ Jun

企業研修の実務では「厳密な研修効果測定」は不可能である!?・・・ていうか「やめたほうが」いい理由!?