NAKAHARA-LAB.net

2019.4.5 06:49/ Jun

ニッポンの大人は「学ぶ内容」を「自分で決めた経験がない」のかもしれないという「妄想」

 先生、「大人の学び」が大切だってことはわかるんです。
 でも、大人は、「何」を学んだらいいのですか?
   
 先生、「学びなおし」とよく言うじゃないですか。
 ところで、わたしは、「何」を学んだらいいのですか?
  
  ・
  ・
  ・
  
「働く大人の学びの教科書」という本を上梓させていただいたせいなのでしょうか、最近、このようなご質問を含む取材を、メディアなどでお引き受けすることがおおくなりました。
    

  
 拙著や、僕の考えにご注目いただけたことは、誠に嬉しいことです。最近の現代社会では、「大人の学び」が注目されているのだな、と感じますし、そのことに、まずは心より感謝したいと思います。
  
  ▼
  
 しかし、一方で、「何を学んだらよいのですか?」というご質問が毎日、毎回、繰り返されることは、「複雑な思い」がいたします。
 なぜなら・・・僕には、ひとつの「壮大な疑念」が生じつつあるのです。
   
 それは・・・

  ・
  ・
  ・
  
 ニッポンには、人生において「何を学ぶか」を自分で決めた人は極めて少ない
  
 のではないか、という疑念(妄想)です。
   
 もうすこし踏み込んでみるならば、
  
 「何を学ぶか」を考えずに、「偏差値」という輪切りの「一番高いところ」にある学習内容を学んできた
    
 のではないだろうか。
    
 親やランキングの言われるがまま、
  
 「ベルトコンベア」に乗るように教育機関を選び、「学ぶ内容」を「他人」に決められてきた
  
 のではないか、とすら思うのです。
  
 つまり「何を学ぶか」を自分で決めてきた人は、極めて少ない。
 だから、大人になってはじめて「学べ」と言われても、面食らってしまい、決めることができない。
   
 たとえば、偏差値のすこし高いA大学と、すこし下のB大学。
 B大学には、すこしは自分が興味がもてる学部があったけれども、結果として、進学するのは偏差値の高いA大学。親や親戚のいうがままに、そこで、「自分が手の届く学部」に入り、さして「興味のもてないこと」を学んでいた。以上は妄想でしかありませんが、具体的にいえば、こういう状況が日本の津々浦々で起こっているのではないか、と。
(医療や技術などの専門職についた方は、これに該当しない場合がございますので、そこは割り引いて読んでください)
  
 しかも、これに輪をかけているのが、
  
 学ぶときに、自腹で支払ってきたひとは、極めて少ない
  
 という事実です。
  
 大学生の時分には、やむを得ないのかも知れませんが、親が学費を支払ってきた。すると、これら2点の論理的帰結は、どうなるか。
  
「学ぶ内容」を自分で決めていないので、興味は持てない。
「学ぶこと」に自腹で取り組まないので、あまり真剣に考えない。
  
 よって、
  
 人生において「学んだこと」を一度も考えたことがないし、「大人になって学べ」と言われても、何をしてよいかわからない大人が、またひとり、めでたく完成する
   
 ということになります(トホホ)。
 
 そして、
  
 ニッポンの大人は、「自腹で学ぶこと」にとてつもない抵抗を示す場合が多い
   
 ものです。
  
 だって、自分で支払ったことなんか、ないんだから(社会には、貧困などの理由によって、支援が必要な層が存在することは言うまでもありません)。
  
 こうした論理的帰結は、構造的に生まれていることがわかります。
     
  ▼
  
 今日は「大人が学ぶこと」についての、ひとつの仮説(妄想)をご紹介しました。
  
 ちなみに、
  
 「何」を学んだらいいのですか?
   
 という日々繰り返される問いには、

1.好きなことや興味関心をもてるものを「学んだ方」が長続きしますよ
(=学ぶと得しそうなもので、自分の興味の持てないものは長続きしないですよ)

2.「自分の経験が深い業務を伸ばす学び」や「専門とかけ算する学び」がいいのではないでしょうか
(=何の手がかりもないことをゼロから学ぶよりも、今までの自分を活かした方がいいんじゃないですか?)
  
3.「他人から感謝されること」を学ぶとモティベーションを高く保てますよ
  
 とぼくはお答えすることにしています。さして的をえたアドバイスではないかもしれませんが、これくらいしか、思いつきません。詳しくは拙著をお読みいただければ幸いです。
    

     
 それでも、中には・・・
  
「好きなことや興味関心がまったく浮かばない場合には、どうするのですか?」
  
 とか
  
「いま、わたしは40なのですけれども、自分には、経験をつんだ仕事がないんですよね。そういう場合には、何を学んだらいいんですか?」
  
 とか食い下がってこられる方もおられます。
  
 そう言われてもね・・・本当に、どうしたらいいんですか?
 皆さん、お知恵を拝借!
    
 そして人生はつづく
  
  ーーー
     
新刊「データから考える教師の働き方入門」(辻和洋・町支大介編著、中原淳監修)好評発売中です。1日の労働時間が約12時間におよぶ、先生方。その働き方を見直し、いかに持続可能な職場をつくりだすのか、を考えます。「サーベイフィードバック方の組織開発を応用した働き方改革」の事例として、教育機関以外の組織でも応用可能です。どうぞご笑覧くださいませ
  

  
  ーーー
  
新刊「残業学」重版出来、5刷決定です!(心より感謝です)。AMAZONの各カテゴリーで1位を記録しました(会社経営、マネジメント・人材管理・労働問題)。長時間労働はなぜ起こるのか? 長時間労働をいかに抑制すればいいのか? 大規模調査から、長時間労働の実態や抑制策を明らかにします。大学・大学院の講義調で語りかけられるように書いてありますので、わかりやすいと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
新刊「女性の視点で見直す人材育成」(中原淳・トーマツイノベーション著)が、AMAZONカテゴリー1位「企業革新」「女性と仕事」を記録しました。女性のキャリアや働くことを主題にしつつ、究極的には「誰もが働きやすい職場をつくること」を論じている書籍です。7000名を超える大規模調査からわかった、長くいきいきと働きやすい職場とは何でしょうか? 平易な表現をめざした一般書で、どなたでもお読みいただけます。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
新刊「組織開発の探究」発売中、重版4刷決定しました!AMAZONカテゴリー1位「マネジメント・人事管理」を獲得しています。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
   
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
中原研究室のLINEを運用しています。すでに約11000名の方々にご登録いただいております(もう少しで1万人!)。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
   
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2019.4.19 06:45/ Jun

【〆切間近:最後の週末です!】リーダー育英塾第二期で「学びの革新」をめざしてみませんか?

課題解決は「最初が肝心」、しょっぱなから「コケ」れば「みんなで犬の道をデスマーチ」!?

2019.4.18 06:54/ Jun

課題解決は「最初が肝心」、しょっぱなから「コケ」れば「みんなで犬の道をデスマーチ」!?

2019.4.17 06:48/ Jun

「いいねいいね病」に罹患し、心優しく「割り算」かまして、「犬の道ドボン」にご用心!:課題解決で陥りやすい3つの思考の罠

ブラックボックスとしての「新人研修」!? : 「過剰な剥奪的社会化」が減らない7つの理由!?

2019.4.16 06:49/ Jun

ブラックボックスとしての「新人研修」!? : 「過剰な剥奪的社会化」が減らない7つの理由!?

2019.4.15 06:51/ Jun

「組織開発」を学ぶ「オールニッポン・オンライン読書会」に参加してみませんか?