NAKAHARA-LAB.net

2019.2.28 06:37/ Jun

わずか1日で「高校生」が「大学生」に変貌しちゃう「秘密」を見学しませんか?:立教大学経営学部【ウェルカムキャンプ】の見学会のお知らせ

========================================
立教大学経営学部ビジネスリーダーシッププログラム
【ウェルカムキャンプ】の見学におこしになりませんか?
========================================
  
このたび、立教大学経営学部では、2019年4月に行われる
新入生向けのウェルカムキャンプを一般の方々に公開し、
無料で見学していただくコースをご提供させていただきます。
    

   
ウェルカムキャンプは、立教経営の誇る新入生歓迎
イベントでもあり、ビジネスリーダーシッププログラムの
要諦を、わずか1日でご理解いただくことのできる
貴重な機会
です。

コースリーダーの舘野泰一さんがSA,CA、DA、メンター、
教員、兼任講師の先生方と連携しながら、学部をあげて、この
ウェルカムキャンプをつくりあげています。
  
ウェルカムキャンプを通して、新入生は、立教大学
経営学部の一員に加わり、そこでの学びについて理解
することができます。
これからの大学生活に向けての気持ちを
新たにします。
(ウェルカムキャンプは壮大な組織社会化の機会でもあります)
  
立教経営では、ウェルカムキャンプの1泊2日のうち、
1日目を外部の方に無料公開しております。

具体的には、BL0でも行われる提携企業から提示された
課題を考え、提案するミニプロジェクトを1日目に行います。
  
このウェルカムキャンプ見学会では、立教経営の秘密と魅力を
一日でご体験いただくことができます。

また、立教大学経営学部と連携しながら、授業をコラボレーション
しておつくりいただきたい企業の皆様にも、一日で、コラボの
あり方についてご理解いただくチャンスになる
と思われます。
  
中原も当日会場で教えております。また、皆様に立教経営の
魅力についてお話しできるチャンスがあると思います。
  
ご希望の方は、下記のウェブサイトからお申し込みのほどを
お願い申し上げます。
    
■ウェルカムキャンプお申し込みサイト■
http://bit.ly/blpoffice_inquiry_form
   

      
【概要】
   
■日時:2019年4月6日(土) 9時半~20時頃
   
■場所:東京ビッグサイト
    
■1日目のタイムテーブル
9:10 集合
9:45  オープニング/教員からの講話/アイスブレイク
12:30 昼食
13:15 ミニプロジェクト&クラス予選実施
    春学期に行われるBL0のクライアントが発表され、
    短い時間で課題への提案を考案し、各クラスで予選を行います。
17:30 決勝進出班発表
18:50 夕食
19:35 本選発表/結果発表/ 初日振り返り
~20:00頃終了
   
 昨年度の様子はこちらをご覧ください
 2018年度BLPの幕開け、ウェルカムキャンプ開催レポート
 http://cob.rikkyo.ac.jp/blp/3456.html
   
■ウェルカムキャンプお申し込みサイト■
http://bit.ly/blpoffice_inquiry_form
  

(立教経営ビジネスリーダーシッププログラムの紹介ビデオ)
   
========================================

ブログ一覧に戻る

最新の記事

ダラダラ上司・コロコロ上司・グリグリ上司にご用心!:うちの職場に来ないで、もれなく、感染するよ!?

2019.6.17 06:44/ Jun

ダラダラ上司・コロコロ上司・グリグリ上司にご用心!:うちの職場に来ないで、もれなく、感染するよ!?

変革の失敗の92%は、権力をもっているひとが、自ら「変化を恐れること」から生じる!?

2019.6.14 06:40/ Jun

変革の失敗の92%は、権力をもっているひとが、自ら「変化を恐れること」から生じる!?

「明日の受講生」は「赤の他人」、「クドいくらい」が「いい案配」!? : 「なぜ、ここにいるか」をグリップせよ!

2019.6.13 06:18/ Jun

「明日の受講生」は「赤の他人」、「クドいくらい」が「いい案配」!? : 「なぜ、ここにいるか」をグリップせよ!

2019.6.12 06:51/ Jun

【マナビフェス2019】で明るく楽しく「学び・教育の最前線」を学びませんか?

2019.6.11 06:35/ Jun

「新・対話学入門」!? : わたしたちは「対話」をいかにファシリテーションすればいいのか?:「コンテナ」というレンズを通して見える世界