NAKAHARA-LAB.net

2018.4.13 06:01/ Jun

「あれはグードラに入れといて、その日はビジカジでね!?」ー「コミュニティへの参加」と「言葉との出会い」

 学習とは「新たなコミュニティへの参加」として考えることができます。
  
   ・
   ・
   ・
  
 こう主張したのは、もういまや「古典オブ古典」なのでしょうか、Lave and Wenger(1993)の「状況に埋め込まれた学習―正統的周辺参加」です。
   

  
 新たな大学に赴任し、様々な人々に出会っている僕は、まさに、いま、「新たなコミュニティ」への参加を、周辺部から成し遂げようとしています。そのプロセスにおいては、毎日が、「新たなものごと」との出会いです。
  
 昼食はどこでとるのか?
 コピーはどこでするのか?
 次の授業は、どの建物にいけばいいのか?
  
 これらは周囲の方々にとって「自明」なことでも、僕にとっては「自明」ではありません。ひとつひとつに迷い、右往左往し、どうしようかな、こっちかな、あっちかな、と考えています。
   
 僕にとって「自明」ではないもののなかに「言葉」もあります。
 コミュニティのなかにいるひとにとっては、あたりまえのように通じる言葉が、僕にはわかりません。もちろん、わからないからといって、1ミリも悲観していません。むしろ、「へー、そんな言葉を使うんだ」と楽しんでいます。どちらかというと、「虫取りあみ」をもって「虫取り」に出かけているような印象です。今日も新しい言葉に出会わないかな、と(笑)。
  
 とりわけ、これまであまり出会うことのなかった学部生さんの使う言葉が、楽しくて仕方がありません。今日も違和感ノートに、学生さんの使う言葉で、意味のわからなかった言葉がしたためられていました。
  
 1.グードラ
 2.リアペ
 3.ビジカジ
 4.白黒
 5.エモイ 
   
違和感ノートとは?:新たな組織に参入するときに感じた違和感をかきつけるノート(詳細は下記へ)
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/8750
  
 皆さま、いかがでしょうか? すべておわかりになりますか?
  
 はじめて聞いたとき、
  
 「グードラ」は「麻雀における新種のドラ?」
 「リアペ」は「リペア(修理)の間違いじゃねーの?」
  
 なんて思ってしまったのは、僕だけでしょうか。その場では、知っているようなふりをして「あー、グードラね」「あー、ビジカジね」とふつーに反応していましたが、ちなみに、あとでググりました(笑)。ま、ちなみに、これらのいくつかは、立教経営というコミュニティの内部でしか通用しないかもしれません。言葉とは、そのようなものです。
  
 外の世界は広いからね
    
  ▼
  
 言葉は、ひとびとのあいだに「境界」をつくりあげます。今、僕は、おそらく、コミュニティの境界を「渡りつつ」、ただ、どちらかというと、その外部的周辺にいるのだと思います。
 おそらく、上記のような言葉が、すらすらと理解できるようになったとき、僕は、いつのまにか「うちの大学は・・・」という言葉を使うようになるのかな、とも思います。それが境界を渡ったときなのかもしれません。
  
 今年、新たなコミュニティに参加している皆さん、
 あなたの「違和感ノート」には、どんな言葉がしたためられていますか?
  
 そして人生はつづく
  
  ーーー
   
新刊「事業を創る人の大研究」(田中聡・中原淳著)、発売10日で重版決定、AMAZONカテゴリー1位(リーダーシップ、オペレーションズ)を記録しました。本書は、「人と組織」の観点から、「新規事業づくり」を論じた本です。新規事業に取り組む人をどのように選び、どのように仕事を任せ、そして支援していけばいいのかを論じています。イノベーション人材、次世代経営人材を育成している教育機関の方にもおすすめの内容です。どうぞご笑覧くださいませ!
  

   
  ーーー
  
新刊「働く大人のための学びの教科書」、AMAZON総合13位、AMZONカテゴリー(仕事術・整理法)1位を記録しました。人生100年時代、私たちは、しなやかに変化しながら、長く働くことが求められています。学校では教えてくれない「大人の学び方」。7人のビジネスパーソンのリアル学びストーリーも収録しています。ぜひご笑覧いただけますと幸いです。
  

  
  ーーー
  
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに約6600名の方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
     
友だち追加
  

  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

若手はなぜ「カンパニーホッピング」を繰り返し、すぐに会社を辞めてしまうのか?:若手をドカーンと元気にする「栄養剤みたいな研修」ないですか?

2018.7.19 06:19/ Jun

若手はなぜ「カンパニーホッピング」を繰り返し、すぐに会社を辞めてしまうのか?:若手をドカーンと元気にする「栄養剤みたいな研修」ないですか?

- -

あなたの周りのリーダーたちは「足し算型の組織観」と「非・足し算型の組織観」のどちらをもっていますか?

2018.7.18 06:01/ Jun

あなたの周りのリーダーたちは「足し算型の組織観」と「非・足し算型の組織観」のどちらをもっていますか?

- -

「働き方改革でとにかく時間がない職場」に「対話型組織開発の良さ」をいかに伝えるのか?

2018.7.17 06:21/ Jun

「働き方改革でとにかく時間がない職場」に「対話型組織開発の良さ」をいかに伝えるのか?

- -

2018.7.15 08:29/ Jun

続・対話型組織開発とは何か?:対話型組織開発とは「問うことによる組織変革」である!?

- -

2018.7.14 07:18/ Jun

対話型組織開発とは何か?ー「語り方・意味づけの変革にもとづく組織変革」論

- -