NAKAHARA-LAB.net

2018.3.6 06:07/ Jun

【シェア・いいね大歓迎】「未来の学びフェス2018」を開催します!:この夏8月9日・10日はぜひお越しください!

 未来の学びは、こうなる
 2018年8月9日・10日、夏フェス開催! 熱い夏を経験しませんか?
  
  ・
  ・
  ・
  
 今年の夏、8月9日・10日の2日間、1000人が集うイベント「学びフェス」を開催することになりました。「未来のマナビフェス2018」と題されたこのイベントでは、高校・大学・企業の学びの最新事例、フロントランナーたちから提供される最新の動向・理論を、わずか2日で学ぶことができます。
  
 登壇者はみなフロントランナーの方々です。このラインナップは、ここだけのものだと自負しております。様々な情報や事例を得て、参加者のみなさまが「2030年の学びをデザインすること」にチャレンジすることができたとしたら、うれしいことです。
  
 このイベント、未来の学びフェス実行委員メンバーが企画し、中原も、盟友・溝上慎一さん(京都大学)とともに、委員の一員として参加しています。
  
 下記は「第0報」になります。
 ご興味、ご関心がおありな方は、ぜひ、スケジュール帳に記入をお願いいたします!
  
============================================
未来のマナビフェス2018(開催第0報!)
2030年の学びをデザインする
============================================
  
■企画趣旨
  
大学や高校の教育改革の「着地点」は2030年の社会です。
とくに人口減少をはじめとする日本社会のさまざまな側面
における「縮小」に備える必要があることは言うまでもあ
りません。
  
アクティブラーニングやキャリア教育、資質・能力の育成、
それを仕上げていく学習成果の可視化、内部質保証、
カリキュラムマネジメントの改革は、これまでの
「教授パラダイム」を「学習パラダイム」へと転換させる
必要があり、それまでに最低10年はかかると考えられます。
  
学校数も大幅に縮小していくことが予想されるなか、力強く
この荒波を生き残る学校は、この改革を自身の学校文化の
なかで捉え直し、新しい時代へと歩を進める学校であると
考えられます。
  
2030年まであと10年少しです。
ここまでに教育の基盤体制を整え、対応していく。
これが、我々がチャレンジするべきことと思います。
  
未来へのマナビフェスは、このために必要な先端の知識と実践
参加者同士でそれぞれの問題意識を交換し合う場を提供します。
  
2030年、学びは、こうなる!
新たな夏の風物詩が、生まれます!
  
  ▼
  
■時期:2018年8月9日(木)・10日(金)
  
■定員:約1,000人
  
■参加対象者:大学・高校の教職員、関係者、学生生徒
保護者、人材育成に関わる企業の関係者など。
  
■会場 武蔵野大学
  
■ねらい
・高・大・社接続のワンストップ・チャネルの提供
・高・大・社を接続する「高校教育」「大学教育」「未来の働き方」
「将来のキャリア形成」について情報提供をおこなう。
・大学・高校教員や生徒学生、保護者のための<相互交流の場>を提供。
  
■プログラム(予定:以下、敬称略):
・テーマ:
  ・高大連携、高・大・社のトランジション
  ・アクティブラーニング、キャリア教育、評価・マネジメント
・導入講演:
  ・溝上慎一(京都大学教授)
・基調講演
  ・田熊美保・(OECDシニアアナリスト)
  ・白井俊(文部科学省初等中等局教育課程課教育課程企画室室長)
・ベーシック講義:
  ・松下佳代(京都大学教授)
  ・内村浩(元京都工芸繊維大学教授)
  ・田中研之輔(法政大学教授)
  ・山辺恵理子(都留文科大学講師)
  ・石井英真(京都大学准教授)
・大学事例セッション:
  ・石山恒貴(法政大学教授)
  ・舘野泰一(立教大学助教)
  ・布柴達男(国際基督教大学教授)
  ・山田剛史(岡山大学教授)
  ・河井 亨(立命館大学講師)
・高校企画セッション
  ・三浦隆志(岡山県立林野高校校長)「探究(仮)」
  ・真下峯子(大妻嵐山女子中学高校校長)「義務教育との接続(仮)」
  ・吉野 明(鷗友学園中学高校校長)「組織的な長期的ルーブリック(仮)」
  ・下町壽男(岩手県立花巻北高校校長)「学校マネジメント(仮)」
  ・佐藤 透(桐蔭学園入試広報部長・経営企画室長)
   「古典のアクティブラーニング型授業を通して高大連携(仮)」
・企業セッション:
  ・田中聡(パーソル総合研究所主任研究員)
  
・参加者の大学・高校の合同ポスター発表セッション
  
・2日間のふり返りワークと小括講演:
  ・溝上慎一(京都大学教授)「トランジション部会」
  ・森 朋子(関西大学教授)「アクティブラーニング部会」
  ・児美川孝一郎(法政大学教授)「キャリア教育部会」
  
・総括講演
  ・中原 淳(東京大学准教授)
  
■未来の学びフェス実行委員メンバー
 委員長   溝上 慎一(京都大学)
 副委員長  中原 淳 (東京大学)
  
 委員(大学)
 児美川孝一郎(法政大)、森朋子(関西大)、石井英真(京大)
  
 委員(高校)
 真下峯子(大妻嵐山女子)、吉野明(鷗友学園)
 佐藤透(桐蔭学園)、下町壽男(岩手県立花巻北)
 三浦隆志(岡山県立林野)
  
 委員(河合塾)成田秀夫・近藤治・高井靖雄・桝中規男・木山さゆり
 協力 一般財団法人 日本教育研究イノベーションセンター
  
============================================

ブログ一覧に戻る

最新の記事

会社はトップダウンで兵隊のように動く?学校は長期休暇がありまくりで働いていない?:ステレオタイプによる「不幸な出会い」を避けるために!?

2018.9.25 06:22/ Jun

会社はトップダウンで兵隊のように動く?学校は長期休暇がありまくりで働いていない?:ステレオタイプによる「不幸な出会い」を避けるために!?

公務員の人材開発は「条例」と「法律」と「引き継ぎ」なのか!?

2018.9.21 06:16/ Jun

公務員の人材開発は「条例」と「法律」と「引き継ぎ」なのか!?

わたしたちは「定型化」のプロフェッショナルである!? : 思考と視野の「狭窄」をいかに防ぐのか?

2018.9.20 06:08/ Jun

わたしたちは「定型化」のプロフェッショナルである!? : 思考と視野の「狭窄」をいかに防ぐのか?

2018.9.19 07:06/ Jun

「ゼミ活動」をとおして「経営」を学ぶ!? : 中原ゼミの採用活動がはじまります!

2018.9.18 06:36/ Jun

あなたの会社では「OJT道」がまだ機能していますか?:OJTを支える「3つの時間」とは何か?