NAKAHARA-LAB.net

2017.4.21 06:33/ Jun

あなたの会社の海外赴任者が、帰国後、会社を去って行く理由!?

 昨日、ダイヤモンドオンラインに掲載された、僕の某所での講演録(構成:井上佐保子さん)が比較的よく読まれている、というご連絡を得ました。まことにありがたいことです。
 この記事では、日本企業から中国・東南アジアなどの海外に派遣された「海外赴任者」が帰国後に、なぜ会社を去ってしまうのか? どの程度の人が会社を去ってしまうのかを論じています。
  

海外赴任者が帰国後に退職してしまう理由(ダイヤモンドオンライン)
http://diamond.jp/articles/-/125453
  
 実は、僕も、前職在任中にフルブライト奨学金をとらせていただき、ボストン・マサチューセッツ工科大学に1年弱留学させていただく機会を得て、なんとその後、帰任後に辞職してしまったひとりです。この問題は身につまされる問題です。「遅いよバカ」と便所スリッパでひっぱたかれそうですが、「まことにかたじけない」。
  
 13年前を遠い目で思い起こせば、海外滞在中は、「地をはい、泥をすすり、忙しく生きている(!?)今現在」とはまったく無縁の「学究あふれる生活」をさせていただき、心より感謝いたしております。
 今から考えれば、この海外滞在時間は、僕が「組織 × 経営 × 学習」の研究に大きく舵をきるために、大変役立った1年でした。多くの文献を読み、多くの場所に出かけ、多くのワークショップに出て、多くの人に出会いました。そのような機会をくださったフルブライト、前職・関係者の方々に心より感謝いたします。
  
 しかし、帰国後、日本にもどり「このままでいいのかな」と心から感じたことを覚えています。
 無性に、何か舵をきらなければならないのではないか、という思いに駆られました。自分は、このあと、どうなっていくのだろう。海外で学んだことを、どのように生かしていけばいいのだろう。そんなことをかなり考えたような気がいたします。
  
 あと、街を歩いていると、すべてのものが物理的にも心理的にも「小さく見えた」。
 実際、何でも巨大、ビッグなことが素晴らしい、アメリカの事物と日本のそれを比べると、実際に「小さい」のでしょうけれども、心理的にもそう感じた、というのが興味深いところです。何か、殻を破りたい、気持ちに僕は駆られました。
  
 結局、帰国後、様々なご縁をたまわり、今現在の自分につながっていきます。
  
 このように海外赴任、海外滞在というのは「それまでの自分に亀裂を入れること」につながることも多いようです。経営的な観点からいえば、海外から日本への「逆適応」を支援し、その後のキャリアに関する対話を行い、離職を防ぐ、というのが、人材マネジメント上、大切なことのように思いますが、いかがでしょうか。
  
 あなたの会社の海外赴任者は、どのくらいの割合で、帰国後、会社を去ってしまいますか?
 そして
 帰国後会社を去る社員を、どのように減らすことができますか?
  
 そして人生はつづく
  
 ーーー
    
新刊「人材開発研究大全」AMAZON予約販売始まりました!人材開発研究の最前線を、4部構成・全33章であますところなく所収する国内初のハンドブックです。日本型雇用慣行が崩壊しつつある現在、日本の組織は「能力形成システム」を再構築する必要に迫られています。新人育成・OJTからリーダーシップ開発。民間企業の育成から教師教育・看護教育・医療者の学習まで。どうぞご笑覧くださいませ!
  

    
   
新刊「ひとはもともとアクティブラーナー」(山辺恵理子、木村充、中原淳編、北大路書房)AMAZON予約販売中。高校におけるアクティブラーニングの最新事例(フルカラー!)、今すぐ使えるワークショップ&ワークシートの数々、全国調査事例がぎゅぎゅぎゅと詰まった一冊です。東大 × JCERIの2年間の研究活動の成果!どうぞご笑覧くださいませ!
   

   
    
新刊「育児は仕事の役に立つーワンオペ育児からチーム育児へ」(浜屋祐子、中原淳著 光文社新書)発売中です。AMAZONカテゴリー1位(光文社新書)、経営学カテゴリー2位を記録しました。育児と仕事の良好な関係、ワンオペ育児を乗り越え、チーム育児に転換していくヒントがあふれる書籍です。浜屋祐子さんの修士論文の知見をモティーフにした、育児の科学。どうぞご笑覧くださいませ。
  

   
    
新刊「フィードバック入門:耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術」絶賛発売中、すでに3刷・重版出来です!AMAZON総合13位、1位(マネジメント・人材管理カテゴリー、リーダーシップカテゴリー)を記録!
年上の部下、若手のトンガリボーイ、トンガリガール。職場には、多様な人々が集っています。難易度の高い部下育成に悩む管理職向けの新書です。どうぞご笑覧くださいませ。
   

 

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「それって、あるあるだよね」という研究が「ある」理由!?

2017.6.27 06:42/ Jun

「それって、あるあるだよね」という研究が「ある」理由!?

- -

「助けてくださいリーダーシップ」と「越後屋的リーダーシップ」!?

2017.6.26 05:50/ Jun

「助けてくださいリーダーシップ」と「越後屋的リーダーシップ」!?

- -

リーダーシップ開発プログラムは「組織開発」たりえるか?:次世代幹部研修の「同じ釜の飯効果」を検証する!?

2017.6.23 06:15/ Jun

リーダーシップ開発プログラムは「組織開発」たりえるか?:次世代幹部研修の「同じ釜の飯効果」を検証する!?

- -

2017.6.22 06:26/ Jun

「お金の無駄遣い」と罵られ、家族からも反対され、それでも新規事業をつくる人の大研究!:新刊「事業をつくる人の大研究」を編んでいます(田中聡・中原淳共著、クロスメディアパブリッシング)

- -

あなたは「29000分のスキマ時間」に何をしていますか?

2017.6.21 06:40/ Jun

あなたは「29000分のスキマ時間」に何をしていますか?

- -