NAKAHARA-LAB.net

2017.3.24 06:18/ Jun

あなたの上司は「ナルシズムリーダー」それとも「誠実リーダー」ですか?

 研究室OBの関根雅泰さん、舘野泰一さんらが中心になって「リーダーシップの光と闇」研究会(!?)という謎の研究会を東大で開催してくださっています。
   
 この研究会は、
  
 リーダーシップがもたらす「ポジティブな効果」と「ネガティブな効果」の両方
  
 に目を向け、英語文献を選定し、みなで購読を行っているものです。
  
 文献の選定は、中原がいったん選び、そこに研究室の田中聡さんが選定を行ってくださいました。様々な研究会を企画してくださる関根雅泰さん、舘野泰一さん、田中聡さんには心より感謝をいたします。ありがとうございます。この研究会には、学外からもご参加いただき、みなで議論する時間を得ました。ご参加いただいたみなさまもありがとうございます。
  
 僕の方は、年度末ということで、様々なトラブルやら、突発的会合があり、やむなく中座せざるをえないときもあり恐縮なのですが、なんとか、皆さんの議論についていきたいと必死です。
  
 ▼
  
 多様性をいかにマネジメントするのか?
 創造性を生み出すマネジメントとは何か?
 ビジョン形成を行うためにリーダーは何をしたらいいのか?
  
 研究会では、リーダーシップの「明るい側面」にも焦点をあてますが、一方で、リーダーの負の側面にも光をあてています。
  
 たとえば、ある研究では、リーダーとは
  
 ナルシズム:自己愛
 マキャベリズム:権謀術数的
 サイコパス:良心を持たない
  
 のかたまりのような存在として描かれています。
  
 その一方で、リーダーが把持するべき価値観(このことをこの論文ではスピリチュアリティと呼んでおりますが)について、
  
 真摯さ(誠実さ)
 正直さ
 謙遜
 他者に対するリスペクトを示すこと
 公平な実践を志向すること
 ケアと配慮の気持ちを表現すること
 傾聴すること
 他者の貢献を認識すること
 反省的実践に寄与すること
   
 が重要であることを述べるものもあります(こちらは僕が研究報告いたしました)。
   
 ダークマターとポジティブサイド。
 人はなかなか動かぬもので、実際の現場では、どちらも「本当」、どちらも「必要」なのでしょうけれども、「コインの表と裏」を見ているようで、非常に興味深いです。
 特にネガティブな側面はね・・・あまり語られないし、見てはいけないものを見てしまっているようで、いい感じですね。リーダーシップのネガティブサイドに関する研究って、日本では、あまり見ないような気がいたします。
  
 先ほど述べましたように、「人はそう簡単には動きません(泣)」
 実際のところ、リーダーはそうした「テコでも動かぬメンバー」に対して「二面性のある自分」を用いながら(Use of Self)、動かしている、というのが僕の見立てですが、いかがでしょうか?
 そう考えると、リーダーシップは「役割演技」・・・そしてその先には「感情労働」という世界が広がぅ手いるような気もいたします。
  
 ▼
  
 研究会は、次回が第三回目。
 ここまで1回目、2回目の内容は、関根さんがご自身のブログにまとめてくださっております(感謝です!)
  
「リーダーシップの光と闇」研究会(1)@東大
http://learn-well.com/blogsekine/2017/03/post_488.html
  「リーダーシップの光と闇」研究会(2)@東大
http://learn-well.com/blogsekine/2017/03/post_489.html
  
 次回3回目は、ほぼすべてのセッションに僕も参加できそうです。
 次回は特に、リーダーシップの「ネガティブな側面」を扱う会であると思っています。
  
 心より楽しみにしています。
 あなたの上司は「ナルシズムリーダー」それとも「誠実リーダー」ですか?

 そして人生はつづく
  
 ーーー
  
新刊「フィードバック入門:耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術」絶賛発売中、すでに3刷・重版出来です!AMAZON総合13位、1位(マネジメント・人材管理カテゴリー、リーダーシップカテゴリー)を記録!朝日新聞週間新書第3位。年上の部下、若手のトンガリボーイ、トンガリガール。職場には、多様な人々が集っています。難易度の高い部下育成に悩む管理職向けの新書です。どうぞご笑覧くださいませ。
   

   
新刊「育児は仕事の役に立つーワンオペ育児からチーム育児へ」(浜屋祐子、中原淳著 光文社新書)発売中です。AMAZONカテゴリー1位(光文社新書)、経営学カテゴリー2位を記録しました。育児と仕事の良好な関係、ワンオペ育児を乗り越え、チーム育児に転換していくヒントがあふれる書籍です。浜屋祐子さんの修士論文の知見をモティーフにした、育児の科学。どうぞご笑覧くださいませ。
   

   
新刊「ひとはもともとアクティブラーナー」(山辺恵理子、木村充、中原淳編、北大路書房)AMAZON予約販売中。高校におけるアクティブラーニングの最新事例(フルカラー!)、今すぐ使えるワークショップ&ワークシートの数々、全国調査事例がぎゅぎゅぎゅと詰まった一冊です。東大 × JCERIの2年間の研究活動の成果!どうぞご笑覧くださいませ!
    

ブログ一覧に戻る

最新の記事

この国では、話し合いが、きちんと「教えられていない」のではないか、という疑念!?

2022.1.19 08:00/ Jun

この国では、話し合いが、きちんと「教えられていない」のではないか、という疑念!?

2022.1.18 08:47/ Jun

あなたは「記憶に残らない、幕の内弁当のような研修」をつくっていませんか?

あなたの会社のパルスサーベイは「告げ口ツール化」していませんか?

2022.1.17 09:17/ Jun

あなたの会社のパルスサーベイは「告げ口ツール化」していませんか?

2022.1.11 08:26/ Jun

わたしを「既存のカテゴリー」でくくらないでください!? : 偉大なクリエイターたちの密かな願い!?

2022.1.7 08:16/ Jun

ウィトゲンシュタインはなぜ「暖炉の火かき棒」を振りかざしてマジギレしたのか?:書評「「ポパーとウィトゲンシュタインとのあいだで交わされた世上名高い10分間の大激論の謎」