NAKAHARA-LAB.net

2005.5.1 16:28/ Jun

デジタル教材通になろう!

 今年のBEATセミナーは、「デジタル教材のアルケオロジー(考古学)」とということで、過去30年のあいだに開発されてきたデジタル教材を月に一回レビューするという勉強会を開いています。
 前回は、「ミミ号の冒険」でした。ミミ号の全ストーリー、その背後に隠れている学習理論を、山内さんが解説なさっていました。
 今月5月はNHKの「人と森林」「マルチメディア人体」で、宇治橋さんが担当します。
 このセミナー、一年でれば、あなたも「デジタル教材通」になれます。もしよろしければご参加下さい。
 参加はこちらから
 http://www.beatiii.jp/seminar/index.html


テーマ「デジタル教材の系譜・学びを支えるテクノロジー」
第2回:「人と森林」「マルチメディア人体」
日時 2005年 5月 7日(土)
午後2時~午後5時
場所 東京大学 本郷キャンパス
情報学環暫定ANNEX 2F教室
定員 40名(お早めにお申し込みください)
参加費 無料
 1990年にNHKとアップルコンピュータジャパンが共同で制作した「人と森林」、NHKスペシャル「驚異の小宇宙・人体」をCD-ROM化して1996年に発表された「マルチメディア人体」をレビューします。

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2021.4.15 07:55/ Jun

【参加者募集中】ニッポンの学びをアップデートせよ!「リーダー育英塾2021」募集開始!

2021.4.14 08:21/ Jun

「働く」と「学ぶ」が近接している大学院!?

コロナ禍のなかでの「新人育成あるある」!? : 僕らに「過去」はありません、「今」しか知りませんから!?

2021.4.13 07:37/ Jun

コロナ禍のなかでの「新人育成あるある」!? : 僕らに「過去」はありません、「今」しか知りませんから!?

2021.4.12 07:33/ Jun

転職に「煽り」と「ロマンス」はいらない!? : 新刊「働くみんなの必修講義 転職学」執筆にかけた思い!?

ひきあう孤独の力のなかでの「詩人の闘い」とは何か?:尾崎真理子「詩人なんて呼ばれて」書評

2021.4.9 08:18/ Jun

ひきあう孤独の力のなかでの「詩人の闘い」とは何か?:尾崎真理子「詩人なんて呼ばれて」書評