NAKAHARA-LAB.net

2022.5.10 08:07/ Jun

「採用」に加えて「引き留め」も難しくなる昨今の就職事情 : 内定者研修は「アクションが先、関係があと」である!?

 内定者研修は「アクションが先、関係があと」である
     
  ・
  ・
  ・
   
 昨日、採用関係の会社のある経営者の方とお話ししていて、昨今の就活は、
     
「採用だすこと」よりも「引き留めておくこと」の方が、ずっと難しいですね
    
 という話題で盛り上がっておりました。
    
  ▼
    
 新卒の採用市場は、業種・業態にもよりますが、人手不足が続いており、学生のなかには複数の内定を持っているものも少なくありません。たとえ、内定を複数もっておらず、ひとつの内定先しかもっていなかったとしても、学生の脳裏から、
   
「本当に、この企業に就職していいんだろうか」
   
 という思いは、なかなか消えるものではありません。結局、就活を続けていくことになる学生も少なくありません。「運命のひと(会社)に出会えた」と思えるその日まで、就活は長期化していくのです。
     
  ▼
  
 学生がそのように動くのならば、企業の側に必要なのは、冒頭申し上げたとおり、「引き留め」になります。たとえ内定を出したとしても、他の企業に行ってしまう可能性は少なからずあるわけで、それを防止するために、採用後も、「関係づくりを行っていかなくてはならない」ということになるのだと思います。
   
 それでは「関係づくり」といっても、何をすればいいのでしょうか。
 もちろん、「人事担当者と内定者の関係づくり」というのもあるのだと思いますし、「既存社員と内定者の関係づくり」というのもあるでしょう。
    
 しかし、新卒一括採用の雇用システムを最大限活かすのであればもっともパワフルなのは、「内定者同士で、ともに取り組める活動(アクション)がある」ということです。「同期」という概念・・・仮想共同体が存在することを最大限活かすのならば、ここにこそもっとも「強固な人間関係」をつくりだすことができるような気がします。
  
 しかし十把一絡げに「内定者同士の関係づくり」といっても、近年は、注意が必要です。
 従来は「内定者同士の関係づくり」と称して、飲み会などが催されるケースがありますが、以前とは学生も多様化しており、
  
 必ずしも、飲むことを求めているわけでもありません
  
 経験上、
  
 無理に飲まなくても、彼らは、仲良く、楽しむことができる
   
 のではないかとすら思います。また、製造業などは国籍なども多様化しておりますので、必ずしも、同じ飲食をともにする環境をただちに手に入れることも難しい企業もあります。
   
  ・ 
  ・
  ・
   
 現代にあったかたちで「内定者同士の関係づくり」を行うのにはどうしたらいいのか。
   
 実は、立教大学経営学部・中原ゼミではダイヤモンド社さん、ダイヤモンドヒューマンリソース社の皆様とともに「内定者研修」「内定者ワークショップ」の共同開発をしております(心より感謝いたします)。
 ダイヤモンド社さん、ダイヤモンドヒューマンリソース社では、従来からフレッシャーズコースという内定者フォロツールをお持ちで、これに準拠したワークショップをゼミ生たちが開発しているのです。
   
内定者フォローツール「フレッシャーズコース」
https://jinzai.diamond.ne.jp/tools/fresherscourse/
  
 この半年間、爆走する彼らをサポートしつつ、僕自身も、内定者研修の問題を考えてきました。
 その結果、至った結論は、
  
1.内定者の関係づくりの肝は「ともに取り組める活動(アクション)が先、関係はあと」である
  
2.内定者の研修は、コンテンツを提供されたあとに、必ず、n×nのコミュニケーションが付随されるべきである
  
 などのことです。要するに、内定者研修でもっとも重要なことは「いかに広範で、健全で、心理的安全性に満ちたコミュニティをつくりあげるのか」ということにあるのだ、と思います。
  
 この後、プロジェクトは、さらに架橋に入り、7月には実際に販促が始まります(学生の共同開発したワークショップは、販売される予定です!)。
 この場を借りて、ダイヤモンドグループの永田正樹さん、広瀬一輝さん、廣畑達也さん、小川敦行さん、濱崎麻美さん、井上直さん、石丸恵美さん、永井敬太さん、渋木結さんに心より感謝いたしますとともに、よきワークショップを社会に提供できるよう、頑張っていきたいと願っております。
  

  
 学生の皆さんも、最後まで「完走」しましょう!
 そして人生はつづく
   
ダイヤモンド社・人材開発
https://jinzai.diamond.ne.jp/
      
ダイヤモンド・ヒューマンリソース
https://www.diamondhr.co.jp/
     
ダイヤモンド社HRオンライン
https://diamond.jp/list/sp/jinzai
   
立教大学経営学部中原ゼミ
http://www.nakahara-lab.net/zemi
    
 ーーー
  

  
新刊「M&A後の組織・職場づくり入門」発売中です。AMAZON「企業再生」カテゴリー1位を記録しました(感謝です!)。
  
これまで税務・法律の観点からしか語られなかった「企業合併(M&A)」の問題に対して、ひとと組織(人材開発・組織開発)の観点からアプローチし、シナジーを生み出す可能性を考えます。
  
M&Aという「巻き込まれ事故」に関わってしまった経営企画・人事・現場の管理者・リーダーの皆様にぜひお読み意いただきたい一冊です!
  

購入はこちら!「M&A後の組織・職場づくり入門」
https://amzn.to/3v0P0bE
     
 ーーー
          
【アンコンシャスバイアス研修・内製化ツールキット開発!】武蔵野大学・島田徳子先生、ダイヤモンド社の皆さん(広瀬一輝さん、永田正樹さん)との数年にわたる共同研究と、NPO法人日本ブラインドサッカー協会との連携で、スマホで手軽に受検できる「アンコンシャスバイアス測定テスト」と、内製化研修(プレゼンキット)を開発しました!。この問題は、学術的な背景などは、わたしどもが、テスト結果に基づき動画像(ビデオ)で解説させていただきます。ご利用くださいませ! ご自身の組織にもっともフィットしたアンコンシャスバイアス研修をつくることができます。どうぞご利用くださいませ!
      
  
■アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)のWebページはこちら!■
https://jinzai.diamond.ne.jp/ub/unconscious-bias/
     
 ーーー
            
新刊「チームワーキング」がオンライン管理職研修になりました。JMAMさんからのリリースです(共同開発をさせていただいた同社の堀尾さん、ありがとうございました。中原は共著者の田中聡さんと監修をつとめさせていただきました)。どうぞご笑覧ください! 
      
リリースしました!「チームワーキング研修版」
https://www.jmam.co.jp/hrm/training/special/teamworking/
     
 書籍「チームワーキング」おかげさまで「重版」を重ねております。応援いただいた皆様に心より感謝いたします。
     
    
 
https://amzn.to/3esCOrW
            
すべてのリーダー、管理職にチームを動かすスキルを!
ニッポンのチームをアップデートせよ!           
       
 ーーー
    
 職場診断ツール&ワークショップ「OD-ATRAS(オーディ・アトラス)」が多くの職場で使われはじめています。サーベイはもとより、それをいかに「フィードバック」するかに焦点をあてたツールです。ワークショップも開発しております。どうぞご笑覧くださいませ!
   

職場診断ツール&ワークショップ「OD-ATRAS」 (パーソル総合研究所・中原の共同開発) 
https://rc.persol-group.co.jp/consulting/survey/service/od-atlas.html
   
  ーーー
       
【好評発売中】1on1のコツをまとめた映像教材を、中原とPHPさんで共同開発しました。上司用、部下用あります。1on1について「同じイメージ」をもつことができます。どうぞご笑覧くださいませ!
     
上司と部下がペアで進める 1on1 振り返りを成長につなげるプロセス(上司用)
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061
  
経験を成長につなげる1on1(部下用)
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061   
  
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
  
 ーーー

新刊「フィードバック入門:耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術」絶賛発売中、13刷重版出来です!。AMAZON総合13位、1位(マネジメント・人材管理カテゴリー、リーダーシップカテゴリー)を記録!年上の部下、若手のトンガリボーイ、トンガリガール。職場には、多様な人々が集っています。難易度の高い部下育成に悩む管理職向けの新書です。どうぞご笑覧くださいませ。スピンアウト企画にDVD教材「フィードバック入門」、研修、通信教育もあります。こちらもどうぞご笑覧ください。
     

   
『フィードバック入門』スピンアウト企画
https://www.php.co.jp/seminar/feedback/

 ーーー
  
【泣くな!新米管理職!】
  
おかげさまで10刷重版出来。「駆け出しマネジャーの成長論」は、「実務担当者」から「新任管理職」への役割移行をいかに進めるかを論じた本です。「脱線」をふせぎ、成果をだすためには「7つの課題」への挑戦が必要であることを解説しています!全国の管理職研修で用いられています。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
パーソル総合研究所と中原は、このテキストをもとにした「マネジャーになる研修」を開発しました。種部吉泰さんとディスカッションは、非常に楽しいものでした。このコースについても、どうぞご覧くださいませ!
  
「マネジャーになる」 研修:プレイヤーからマネジャーへの移行期支援プログラム
https://rc.persol-group.co.jp/seminar/become-a-manager.html
   
 ーーー 
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約37000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2022.11.30 08:10/ Jun

「シン・人事の大研究」の研究結果を報告する「ハガキ職人参加型ラジオ」的講演にご参加しませんか!?:人事パーソンはいかに学び、いかにキャリアを切り開くか?

2022.11.28 07:43/ Jun

【無料・参加募集開始】教育DXの最先端・最新事例を1dayで学び直すカンファレンス!

年齢が上がると「急流すべり」のように急減少していくもの!?

2022.11.25 08:14/ Jun

年齢が上がると「急流すべり」のように急減少していくもの!?

僕のフィードバックには「甘口」も「辛口」もない!?

2022.11.21 08:24/ Jun

僕のフィードバックには「甘口」も「辛口」もない!?

「深掘り(ふかぼり)」という「思考停止ワード」「お茶濁しワード」に逃げてはいけない!?

2022.11.18 07:57/ Jun

「深掘り(ふかぼり)」という「思考停止ワード」「お茶濁しワード」に逃げてはいけない!?