NAKAHARA-LAB.net

2020.7.27 08:46/ Jun

【最終ご案内:〆切間近】「緊急事態下のリーダーシップ:ウィズコロナ時代、学びを再びとめない!」参加者募集中!


   
 このたび、公益財団法人電通育英会さんのご支援のもと、盟友・溝上慎一さん(桐蔭学園理事長、元京都大学教授)と、下記のオンラインセミナーを2日間にわたって開催させていただくことにななりました。下記にて参加申し込みがはじまりましたので、ご興味がおありな方は、お申し込みのほどをお願いいたします。
   
【参加申し込みページ:コロナ禍を乗り越えるスクールリーダーシップ】
https://www.dentsu-ikueikai.or.jp/transmission/lij_onlineseminar/
     
 今回のコロナ禍は「組織が揺さぶられる経験」でもありました。
   
 組織のなかには、組織のなかで当然機能するはずだったリーダーシップが機能せず、変革の抵抗が生まれ、さらには、組織が暗に隠してきた「価値観」が、白日のもとに晒された場所もありました。
  
 一方、リーダーが理念をかかげ、ミドルが動きながら、なんとか組織を激変する環境に適応させ、組織変革をなしとげた場所もありました。
  
 このイベントで、個人的には
  
「緊急事態下のリーダーシップ:ウィズコロナ時代、学びを再びとめない!」
  
 について考えてみたいと思います。コロナ禍は、まだ終わっていません。ある識者の弁によれば、現段階は「野球で言えば、2回裏で、ウィルス側の攻撃」なのだそうです。迫り来る「第二波」を前に、「学校を再びとめない」ために、今、何ができるのかを考えます。
  
 日時は8月15日・16日午後 参加費は「無料」。ZOOMでのオンラインカンファレンスなので、どこからでも参加できます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
  
 中原 淳
    
========================================
■電通育英会主催■
リーダー育英塾 特別オンラインセミナー(Zoom)のご案内
「コロナ禍を乗り越えるスクールリーダーシップ
 いかに学びを継続させるか~」
========================================
    
・日時:8月15日(土)、16日(日)13:00-16:00
    
・対象:中学校・高等学校・大学の教職員および教育関係者等
    
・主なプログラム
    
 (8/15)講演:溝上慎一
  (桐蔭学園理事長 / 桐蔭横浜大学学長・教授)
  「高校大学のスクールリーダーはコロナ禍にどのように立ち向かったか」
    
 (8/15)講演:中原淳
  (立教大学経営学部教授)
  「緊急事態下のリーダーシップ:ウィズコロナ時代、学びを再びとめない!」
    
 (8/16)事例紹介:森朋子
  (桐蔭横浜大学教授・副学長)
  「ウィズコロナに組織で対応する-引っ張り支えるリーダーシップとは-」
    
(8/16)事例紹介 北村恭崇
  (大阪高等学校教諭)
  「コロナ禍で問われるミドルリーダーの役割とは-大阪私学の実践から-」
    
・参加者募集:お申し込みは下記のサイトからお願いします
    
【参加申し込みページ:コロナ禍を乗り越えるスクールリーダーシップ】
https://www.dentsu-ikueikai.or.jp/transmission/lij_onlineseminar/
    
========================================

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2020.8.7 08:43/ Jun

あなたの会社のリーダー・管理職は「部下の強み」を観察できますか?:相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が示唆する「リーダーの条件」とは?

出会いは「あなた」を変える!? : 「ひとと出会うときの敷居が低い街」での思い出!?

2020.8.6 08:56/ Jun

出会いは「あなた」を変える!? : 「ひとと出会うときの敷居が低い街」での思い出!?

2020.8.5 09:04/ Jun

新型コロナウィルスは「優秀なひと」の「定義」を書き換えている!? : 己の「学習能力」を駆使せよ、そして「適応」せよ!

あなたの組織や職場では、最近「希望」が失われていませんか?:「成長企業が失速するとき、社員に“何”が起きているのか? 」書評

2020.8.4 08:24/ Jun

あなたの組織や職場では、最近「希望」が失われていませんか?:「成長企業が失速するとき、社員に“何”が起きているのか? 」書評

2020.8.3 12:09/ Jun

人材開発と組織開発の専門ラヂオ番組「モールナイトニッポン」をやっちゃいました!:今、必要な「人と組織のコミュニティメディア」!?