NAKAHARA-LAB.net

2005.4.9 00:47/ Jun

言いまつがい!

 先日、カミサンと渋谷で待ち合わせて帰ったときのこと。
 「最近、僕は、授業で使う教材をつくっているんだよ」という話がきっかけで、「知ってる教育学者を10名あげてみよう」ということになった。

ブルーナ、デューイ、ヴィゴツキー、ピアジェ・・・

 これらの人々が教育学者というカテゴリーにはいるかどうかは別として、教育に関係のある超有名人たちの名前がカミサンの口からでてくる。
 でも、あともう少しで7人くらいというとき、勝ち誇ったようにカミサンの口からでてきたのは・・・

エストロゲン!

 あのなー、それは女性ホルモンの名前だ・・・。激しすぎるぞ、その言いまつがいは!、教育に1ミリもかすってない!
 ちなみに、カミサンは、ある大学で教育学を学び(学んだハズ)、現在は某テレビ局にて教育番組のディレクターとして勤務している。

ブログ一覧に戻る

最新の記事

新年度はじまる4月、「テレワーク迷子」に陥る職場を減らせ!

2021.1.22 07:57/ Jun

新年度はじまる4月、「テレワーク迷子」に陥る職場を減らせ!

テレワークは「新参者」に手厳しい!:あなたの組織には、テレワークで仕事迷子になっている「新参者」がいらっしゃいませんか?

2021.1.21 07:37/ Jun

テレワークは「新参者」に手厳しい!:あなたの組織には、テレワークで仕事迷子になっている「新参者」がいらっしゃいませんか?

2021.1.20 08:08/ Jun

ハイフレックス授業って「オンラインのぞき穴」を教室につくるだけでいいの?

あなたが語っているのは「一番ダシのように澄みきった言葉」ですか? それとも「血合いとアクのまじったドロドロワード」ですか?

2021.1.19 07:57/ Jun

あなたが語っているのは「一番ダシのように澄みきった言葉」ですか? それとも「血合いとアクのまじったドロドロワード」ですか?

コロナ禍で失われつつある「学び」とは何か?:デュデク&マクルアー(編)、絹川友梨(監訳)「応用インプロの挑戦」書評

2021.1.18 07:36/ Jun

コロナ禍で失われつつある「学び」とは何か?:デュデク&マクルアー(編)、絹川友梨(監訳)「応用インプロの挑戦」書評