NAKAHARA-LAB.net

2020.5.15 07:25/ Jun

人はみな「自己矛盾」に囚われている!? 笑っている自分が、実は、他人から笑われていることに気づくこと:細谷功著「自己矛盾劇場」書評

 ひとはみな「自己矛盾」の囚われである
 しかし、自らが「自己矛盾」に囚われていることに、あまりにも無頓着である
   
  ・
  ・
  ・
  
 細谷功著「自己矛盾劇場」を読みました。また、猛烈に面白い本でした。著者の知性に敬服しました。
  
 
  
 ここで自己矛盾とは「他人を指摘している自分こそが、実は、指摘される対象である」という皮肉な状態ことだと思います。
   
 たとえば、下記のような言葉が「自己矛盾」にあふれた言葉でしょうか。本書には、このような自己矛盾に満ちた言葉が、いわば「喜劇」のように取り上げられ、論じられています。
  
「これ、絶対、他人に言っちゃやばい話なんだけどさ」
(=自分は言っている)
  
「お前の意見を押しつけるな」
(=という自分こそが押しつけている)
   
「視野が狭い奴は、絶対に許せない」
(=絶対に許せない、という自分こそが、視野が狭い)
  
「他人の考え方に口だしするべきではない」
(=自分は、他人に口をだしている)
  
「全社一丸となって多様性を推進します」
(=全社一丸になれないひとを受け入れることが多様性なのではないか?)
  
「ネガティブな意見は禁止」
(=その命令こそがネガティブなのではないか)
  
「こちら、大変に有名な方なんです」
(=有名ならば、いう必要がない)
  
「わたしの長所は謙虚なことです」
(=謙虚なひとは、言わない)
  
「先進事例を真似したい」
(=真似した時点で、先進事例ではなくなってしまうのでは)
  
「ボトムアップでアイデアを出すように!」と社長から言われた
(=社長から言われた命令は、トップダウンでは?)
  
 ・
 ・
 ・
  
 いやぁ、まいった「抱腹絶倒」。
 思わず、笑い転げてしまいました。
   
 でも、すこし考えると、背筋に寒いものも感じます。というのは、自分も「自己矛盾」に囚われていることに気付かされるからです。
  
 胸に手をあてて考えてみましょう。
 皆さんも、わたしも、こういう言葉をいつも「呪詛」のように使っていませんか?
  
 そう、著者が本書で述べるように、自己矛盾は、自分では気付きにくいものなのです。
 それはわたしたちは、自分が自己矛盾に陥らないためには、どのようにあればいいのでしょうか。それを著者は「メタ認知」に求めます。
  
 それでは、著者が語る「メタ認知」とは・・・
  
 それは、ぜひ本書を手に取ってみてください。
 ネタバレすると面白くないからね。
 
 

   ▼
  
 人間の知性とは、まことに「滑稽なもの」だと思います。
 どんなに自己を見つめようとも、なかなか自分を縛り付けるものには自覚的になれない。
   
 指摘している自分こそが、実は、指摘されている側に立っている。
 笑っている自分が、実は、笑われている側の人間である
  
 そういった「自己矛盾」から、ひとは、なかなか逃げることはできません。
  
 しかし、本書を読んだ後には、自分の発する言葉に、より敏感になれるかもしれません。
  
 今週末も、ステイホーム。
 読書で、よりよい一日を過ごせるといいかもしれませんね。
  
 そして人生はつづく
  
  ーーー
    
新刊「サーベイフィードバック入門ーデータと対話で職場を変える技術 【これからの組織開発の教科書】」が好評発売中です。AMAZON人事・マネジメントカテゴリー1位を記録しました。組織調査を用いながら、いかに組織を改善・変革していくのかを論じた本です。従業員調査、HRテック、エンゲージメント調査、教学IRなど、組織調査にかかわる多くの人事担当者、現場の管理職の皆様にお読みいただきたい一冊です!
  

  
 ーーー
  

    
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
   

  
 ーーー
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約25000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2020.5.29 15:21/ Jun

【参加費無料・オンラインイベント】ウィズコロナの長期戦、新型コロナ感染拡大、そのとき子どもの学びに何が起こったか!?

2020.5.28 07:50/ Jun

就職面接を乗り切るために必要なのは「他人の靴をはく能力」である!: 就職面接とは「2つのナラティブ」が折り合いをつける場ではないか?

ポスト緊急事態宣言:「学び」や「働くこと」を急ぎ過ぎたり、詰め込みすぎたりすることに潜む「リスク」!? : 動きたいけれど、心が追いつかない!?

2020.5.27 07:59/ Jun

ポスト緊急事態宣言:「学び」や「働くこと」を急ぎ過ぎたり、詰め込みすぎたりすることに潜む「リスク」!? : 動きたいけれど、心が追いつかない!?

あなたの組織には「ウィズコロナをどうサバイブするか」についての「センスメイキング(腹落ち感)」がありますか?:緊急事態宣言解除が予定される日の朝に思うこと

2020.5.25 08:01/ Jun

あなたの組織には「ウィズコロナをどうサバイブするか」についての「センスメイキング(腹落ち感)」がありますか?:緊急事態宣言解除が予定される日の朝に思うこと

「弱み」をゴリゴリ指摘されるよりも「Area of Growth」を伸ばしていきたい!? :フィードバックのときの重要ポイント!?

2020.5.22 09:50/ Jun

「弱み」をゴリゴリ指摘されるよりも「Area of Growth」を伸ばしていきたい!? :フィードバックのときの重要ポイント!?