NAKAHARA-LAB.net

2020.3.16 08:02/ Jun

あなたの組織は「面白いこと言わなかったら、怒るからな!」というイノベーション促進策を行っていませんか?

「面白いこと言わなかったら、怒るからな!」
  
 おそらくは、このように他人から脅されて、「面白いこと」を言えるひとはそういないでしょう。
   
「ありきたりのこと言ったら、しばくど、コラ!」
   
 と言われて、「ありきたり」じゃないことを言える人も、あまりいません。
 恐怖におののき、どうしようもないことを言ってしまいがちです。
 おそらく、本当に「ありきたり」で「つまんないこと」を(泣)。
  
  ・
  ・
  ・
    
 結局、背中に包丁をつきつけられるような環境で、相手に新しい発想を生み出させようとするのが、厳しいのです。
  
 むしろ、「面白いこと」や「ありきたりじゃないこと」は、相手に対するプレッシャーをなくし、自然と、自由に発想できる環境を整えなくてはなりません。
 もちろん「クリエィティブであること」に「制約」は必要です。しかし、ひとが安心してクリエィティブであろうとできるのは、「制約」の中から生み出されたものは、いったんは、受け入れられ、承認されることだと僕は思います。
  
 極端な話をいえば、
    
 ひとは、もともとクリエィティブなのです。
(少なくとも子どもの頃は皆そうでしょう・・・一日3歳児とつきあってみてください。その発想のフレキシブルさにびっくりしますよ)
    
 一番重要なのは、もともと「クリエィティブなひと」を「クリエィティブ」ではなくしてしまう環境や働きかけを減らすだと僕は思います。
  
 しかし・・・シャバの世界は、これとは逆です。
  
 我が社に必要なのはイノベーションだ。イノベーション生み出せなければ、我が社には「未来」はない!
  
 とか
  
 イノベーション生み出せなければ、おまえの評価下げるからな!
  
 とかいう「背中に包丁的発想」で、従業員にイノベーションの発想を求める組織は少なくないな、と思います。
  
 要するに
  
 クリエィティブであることを「強制」する
  
 のです。
  
 さすがに後者は、極端すぎて少ないだろうけど。
 皆さんの組織はいかがでしょうか?
  
  ▼
  
 今日は「クリエィティブであること」について考えてみました。「面白いこと言わなかったら、怒るからな!」というひとは少ないけれど、「イノベーション生み出せなければ、オワタ」的な発想で、クリエィティブであることを強制する組織は、少なくないなと僕は思います。
  
 そして、おそらくなんだけど、本当にクリエィティブなひとは、そういう組織には愛想を尽かして出て行くだろうな、と思います。「あほらし」。なぜなら、「強制されたクリエィティブ」は、本当にクリエィティブなひとびとが、もっとも忌み嫌うものだからです。
  
 皆さんの組織は、「面白いこと言わなかったら、怒るからな!」というメッセージを発していませんか?
 
 そして人生はつづく
   
  ーーー
  
新刊「サーベイフィードバック入門ーデータと対話で職場を変える技術 【これからの組織開発の教科書】」が好評発売中です。AMAZON人事・マネジメントカテゴリー1位を記録しました。組織調査を用いながら、いかに組織を改善・変革していくのかを論じた本です。従業員調査、HRテック、エンゲージメント調査、教学IRなど、組織調査にかかわる多くの人事担当者、現場の管理職の皆様にお読みいただきたい一冊です!
  

  
 ーーー
  

    
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
   

  
 ーーー
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約25000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2020.5.29 15:21/ Jun

【参加費無料・オンラインイベント】ウィズコロナの長期戦、新型コロナ感染拡大、そのとき子どもの学びに何が起こったか!?

2020.5.28 07:50/ Jun

就職面接を乗り切るために必要なのは「他人の靴をはく能力」である!: 就職面接とは「2つのナラティブ」が折り合いをつける場ではないか?

ポスト緊急事態宣言:「学び」や「働くこと」を急ぎ過ぎたり、詰め込みすぎたりすることに潜む「リスク」!? : 動きたいけれど、心が追いつかない!?

2020.5.27 07:59/ Jun

ポスト緊急事態宣言:「学び」や「働くこと」を急ぎ過ぎたり、詰め込みすぎたりすることに潜む「リスク」!? : 動きたいけれど、心が追いつかない!?

あなたの組織には「ウィズコロナをどうサバイブするか」についての「センスメイキング(腹落ち感)」がありますか?:緊急事態宣言解除が予定される日の朝に思うこと

2020.5.25 08:01/ Jun

あなたの組織には「ウィズコロナをどうサバイブするか」についての「センスメイキング(腹落ち感)」がありますか?:緊急事態宣言解除が予定される日の朝に思うこと

「弱み」をゴリゴリ指摘されるよりも「Area of Growth」を伸ばしていきたい!? :フィードバックのときの重要ポイント!?

2020.5.22 09:50/ Jun

「弱み」をゴリゴリ指摘されるよりも「Area of Growth」を伸ばしていきたい!? :フィードバックのときの重要ポイント!?