NAKAHARA-LAB.net

2019.7.10 06:13/ Jun

【マナビフェス2019】で明るく楽しく「学び・教育の最前線」を学びませんか?


  
 先日お知らせしたイベント情報の追加情報です。
  
 この夏、2019年8月21日(水曜日)ー22日(木曜日)ー「フェス」が開催されます。
 単なる「フェス」ではありません。「学びのフェス」で「マナビフェス2019」です(笑)。
    
 「マナビフェス」は「2030年の学びのあり方」を考え、アクションを起こしていこうと考える方々が、全国から1000名規模でお集まりいただく「フェス」となります。
    
 第一線を走る研究者や実践者の方々が「教育や学びのあり方」を考えるための「最先端の知識」をおしげもなく披露してくれます。
   
 その一端をご紹介しますと・・・
  
高校ー大学の教育改革、アクティブラーニングの第一人者である溝上慎一さん
  
授業改善、カリキュラム論で著名な新進気鋭の石井英真さん
  
生徒や学生の成長を支えるリーダーシップ教育を実践してこられた三浦隆志さん、日向野幹也さん
  
生徒の主体性に何ができるかを考える吉野明さん、佐野和之さん、前田秀樹さん
  
変わる新卒採用の最前線のここでしか聞けない話をしてくれる田中聡さん、木下達夫さん、源田泰之さん
   
カタリバで、高校生に探究の機会を提供してきた今村久美さん、南郷市兵さん、
  
学習科学の観点から、大学での新たな学びを探究しておられる森朋子さん
  
アクティブラーニングと教師の育成について深めてくださる真下峯子さん、千々布敏弥さん、
    
教員の働き方改革の最善を走っておられる町支大祐さん、辻和洋さん、
  
人生100年時代の働く大人のキャリアを人事責任者の立場から教えてくれる有沢正人さん
    
体験型授業における学びをいかに活かしていけばいいのかを考える児美川孝一郎さん、淡河由満子さん
    
働きがいがある学校のマネジメントのあり方を、明るく楽しく考える機会を与えてくださる下町壽男さん、齋藤みずほさん、松嶋渉さん、
    
新たな高大連携のあり方を提案してくださる佐藤透さん、平野多恵さん、吉野朋美さん、
    
高大連携やアクティブラーニングを先導し素晴らしいリフレクションの機会をくださる成田秀夫さん
  
 いや、お約束します。
 この内容、このラインアップは、絶対に【ここでしか聞けない】です。
 どうぞお越し下さいませ。
 
 高校ー大学ー社会において、どのような学びが、今後、必要になるかがおわかりいただけるでしょう。
  
【マナビフェス2019お申し込みサイト】
https://be-a-learner.com/manabifes/2019/
  
 要するに、学べる内容としては・・・
   
アクティブラーニング、探究、キャリア、評価、人材育成、組織ぐるみの教育改善、学校変革、企業の学び&人事、大学の変革、働き方改革、学びなおし、カリキュラムマネジメント・・・
  
 要するに「ぜんぶ」です(笑)。
 ぜんぶの「最先端」をいっきに学びます。
  
 働き方改革のかけ声がますなか、わたしたちには時間がありません。
 いっきに、必要な「最先端」を、明るく楽しく学ぶ。
 これが「マナビフェス」です。
    
 もちろん、暑苦しい会場にすし詰めにされて、ひたすら一方向の講義を聴くような、いわゆる「ザ・講演会」ではございません。
     
 マナビフェスは
  
 聞く
 聞く
 聞く
 帰る
 忘れる
   
 の会ではございません。
  
 まず、聞く内容は自分でアラカルトで選ぶことができます。数百人規模での教育実践・教育事例ポスターセッションが開催されるなど、非常に面白い場になると思います。
  

  
【マナビフェス2019お申し込みサイト】
https://be-a-learner.com/manabifes/2019/
  
  ▼
  
 この夏フェス、昨年からはじまったものです。
 昨年は、台風直撃の悲劇(泣)にも見舞われたのにもかかわらず、多くの方々のご来場を得ることができました。ポスターセッションの熱気、講演の熱気はものすごいものでした。
    

  
 マナビフェスは、小学校・中学校・高校・大学の教職員、学生生徒、保護者、人材育成に関わる企業の関係者の方々などなど、どなたでも参加できるイベントになっています。
 いわゆる「教育機関」で働くひとから、「仕事の世界」で人材マネジメントを行っている方まで、「学び」というキーワードで一気通貫で出会える場が、「マナビフェス」です。
    
 教育機関におつとめの教職員が集う場に、メルカリ様、カゴメ様、ソフトバンク様の人事担当者の方々が集う場が、これまであったでしょうか。
   
 それが「マナビフェス」です!
   
「社会にひらかれた教育課程」といいつつ、企業の「働く」と学校の「学ぶ」を一気通貫で学べる場があったでしょうか。
  
 あるんです、それが「マナビフェス」です!
    

  
 このイベント、盟友・桐蔭学園理事長の溝上慎一さんと中原が、代表等をつとめ、河合塾様のご支援で開催させていただいているものです。
 企画を行っているメンバーには石井英真先生(京都大学)、児美川孝一郎先生(法政大学)、成田秀夫先生(大正大学)、森朋子先生(関西大学)、佐藤透先生(桐蔭学園)、下町壽男先生(盛岡中央高等学校附属中学校)、真下峯子先生(大妻嵐山中学校・高等学校)、三浦隆志先生(前岡山県立林野高等学校)、吉野明先生(鷗友学園女子中学高等学校)などがおられます。こんな怪しい!?ネーミングのイベントに、文部科学省、経済産業省(申請中)、東京都教育委員会、神奈川県教育委員会、千葉県教育委員会、埼玉県教育委員会のそうそうたる後援もいただいております。いえいえ、怪しくありません。マジで、ガチです(意味不明)。
    
 2019年8月21日(水曜日)ー22日(木曜日)・・・夏には様々なイベントがございましょうが、どうか、今からスケジュール帳に予定を記しておいてくださいませ(笑)早期に募集定員に達した場合、お申し込みを終えさせていただく可能性がございます。ぜひお申し込みをお願いします。
  
【マナビフェス2019お申し込みサイト】
https://be-a-learner.com/manabifes/2019/
  
 僕も「未来の学びフェス実行委員メンバー」の末席におりますので、当然、会場におりますし、今年は基調講演(!?)などもさせていただきます。皆様にお会いできますことを楽しみにしております!
   
 2019年8月21日(水曜日)ー22日(木曜日)、会場にてお逢いしましょう!
 以下、詳細です!
  
  ーーー
  
■タイトル
 「未来のマナビフェス2019 -2030年の学びをデザインする-」
  
■今年のテーマ
 「みんなではぐくむ学びの未来」
  
■日程
 2019年8月21日(水)~ 22日(木)
  
■会場
 東京工科大学蒲田キャンパス(最寄り駅:JR蒲田駅より徒歩2分)
 https://www.teu.ac.jp/campus/access/006648.html
  
■参加対象
 中学・高校・大学の教職員・教育行政関係者、仕事・社会で教育や人材開発等に関心のある方
  
■定員
 1,000名
  
■参加費
 5,400円(税込)
 情報交換会(希望者)への参加は別途費用が必要です。
  
■主催者:「未来のマナビフェス」実行委員会/河合塾
 委員長  溝上 慎一(桐蔭学園)
 副委員長 中原 淳  (立教大学)
 委員
 石井英真(京都大学)、児美川孝一郎(法政大学)
 成田秀夫(大正大学)、森朋子(関西大学)、佐藤 透(桐蔭学園)
 下町壽男(盛岡中央高等学校附属中学校)、
 真下峯子(大妻嵐山中学校・高等学校)、
 三浦隆志(前岡山県立林野高等学校)、
 吉野 明(鷗友学園女子中学高等学校)
 河合塾教育研究開発本部
  
■プログラム
  
<8月21日>
  
・10:00~11:30 オープニングセッション
 □溝上慎一「みんなではぐくむ学びの未来」
  
・12:30~14:00 セッションA:
 □石井英真「授業改善を軸とした学校づくり」
  
 □三浦隆志、日向野幹也(早稲田大学)
 「生徒や学生の成長を支えるリーダーシップ」
  
 □吉野明、佐野和之(かえつ有明中・高等学校)、
 前田秀樹(高槻中学校・高槻高等学校)「Student Agency~生徒の主体性を育てるために」
  
 □田中聡(立教大学、パーソル総合研究所フェロー)
 木下達夫(株式会社メルカリ)、源田泰之(ソフトバンク株式会社)
「新卒採用のフロンティア  先進企業が描く『新卒採用の未来』」
  
・14:30~15:30 ポスターセッション1
  
・16:00~17:30 セッションB:
  
 □今村久美(認定特定非営利活動法人カタリバ)、南郷市兵(ふたば未来学園)
 「高校生の探究をデザインする」
  
 □森朋子「大学での学びをデザインする」
  
 □真下峯子、千々布敏弥(国立教育政策研究所)
 「主体的・対話的で深い学びの成果と学校改革」
  
 □町支大祐(帝京大学)、辻和洋(武蔵野大学)「教員の働き方改革」
  
<8月22日>
  
・9:15~10:45 キーノートセッション
 □中原淳 「見える化をきっかけとした学校づくり」
  
・11:15~12:15 ポスターセッション2
  
・13:15~14:45 セッションC 
  
 □田中聡、有沢正人(カゴメ株式会社)、他 
 「人生100年時代のキャリアと働き方」
  
 □児美川孝一郎、淡河由満子(前法政大学)
 「体験型授業における学びをキャリア形成につなぐ」
  
 □下町壽男、齋藤みずほ(キャリア・クエスト)、松嶋渉(山口県教育庁)
 「みんなが楽しく元気になるHappy Management」
  
 □佐藤透、平野多恵(成蹊大学)、吉野朋美(中央大学)
 「新たな高大連携への模索」
  
・15:15~16:45 リフレクションセッション
 □成田秀夫「明日からはじめる『○○○』」
  
■お申込み方法
  
 以下のURLに詳細のご案内を掲載しています。ご確認のうえ、お申し込みください。各セッションは定員になり次第、〆切とさせていただきます。
  
【マナビフェス2019お申し込みサイト】
https://be-a-learner.com/manabifes/2019/
  
 ポスターセッションの参加も募集しております。去年は100件以上のご応募がございました。あっという間に埋まってしまいます。
 ぜひ、我こそは1000名の皆さんのまえで、ポスターセッションをしたい、という方はぜひ、下記のPDFで詳細をご覧になり、ぜひ、お申し込み下さいませ!
  
【マナビフェス2019ポスターセッションお申し込みガイド】
https://be-a-learner.com/manabifes/pdf/manavis_postersession_flyer2019.pdf
 
 そして人生はつづく

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2019.10.22 09:06/ Jun

【御礼】「組織開発の探究」が「HRアワード2019書籍部門・最優秀賞」を受賞しました!

ひとりぼっちの「孤独なデータ」は価値を生み出さない!? : データの「おひとりさま化」をいかに避けるのか?

2019.10.21 07:50/ Jun

ひとりぼっちの「孤独なデータ」は価値を生み出さない!? : データの「おひとりさま化」をいかに避けるのか?

転職のとき、中途採用者が遭遇する「トホホなジレンマ」図鑑!?

2019.10.17 06:28/ Jun

転職のとき、中途採用者が遭遇する「トホホなジレンマ」図鑑!?

2019.10.16 06:21/ Jun

「人づくり・組織づくりのプロフェッショナルを養成する大学院」リーダーシップ開発コース:11月30日・今年度最後の大学院説明会開催!

2019.10.15 06:08/ Jun

能力が低いひとほど、セルフアウェアネス(自己認識)が狂ってしまうのはなぜか?:ダニング=クルーガー効果について考える