NAKAHARA-LAB.net

2021.9.16 07:52/ Jun

あなたの周囲では「刺激になりました症候群」や「ためになりました病」が感染拡大していませんか?

 学部や大学院の授業では、授業終了後に、「ふりかえり」や「感想」などを求めることが多くなっています。
   
 学んで何を感じたのか。自分にとって、どういう意味があったのか。場合によっては、どのようなことを疑問に思うのかを、自分の言葉で書くのが、この手の「振り返り」です。
 振り返りでは、様々な学生が、思い思いのことを書いています。教師は、あとで、その振り返りに目を通します。
     
 終了後のアンケートを拝見していると、彼 / 彼女らの感想・振り返りの「質(クオリティ)」や「解像度」に、ものすごく「差」があるな、と感じます。
   
 この方は、ちゃんと物事を聞いていたのか。
 はたまた、聞いていることを右から左に書き写しているだけではないか。
 そして、自分の頭で考えているのか。
 自分の言葉で表現しているのか。
    
 そうしたことは、一教師の目線で見れば、一目瞭然です。振り返りには、如実に、そうした学生のみなさんの「差」があらわれます。
    
 もっとも残念に思われるのは、
    
 「刺激になりました症候群」
    
 です(笑)。
    
 この症候群の亜種には
   
 「ためになりました病」
 「気づきを得ました症候群」
 「学びになりました病」
  
 というのもあります(泣)。
    
 この手の病に罹患している学生の振り返りは、極端に書けば、
  
「いやー、先生の話は、刺激になりました」
「先生の話は、ためになりました」
「先生の話で、気づきを得ました」
「今日は、学びになりました」
  
 です。

 以上。
 終わり。
 それ以上は何もなし。
      
 こちらとしては、そこから、一歩も二歩も踏み込んで、
     
1.講師の提供した「何の情報(What1)」から
2.あなた自身は「何(What2)」を考えて
3.それが自分自身にとっては「何の意味があったのか(What3)」
4.これから「何」を考え、何をしていきたいのか(What4)」
   
 という「4つのWhat」を、できるだけ解像度を高めて伺いたいのです。
 しかし、これらの病にかかってしまっている学生は、このすべての「What」がダダ漏れ・間抜作(あいだ・ぬけさく)」になっています。一歩深く踏み込んで考えることを放棄し、「思考停止」の状態に陥っています。
 
 
(わかるかなぁ・・・これがわかるのは40歳代だろうなぁ・・・懐かしい)
     
 ちなみに、この病に罹患するのは、大人の方々も同じです。講演などの感想を拝読させていただくと、「ためになりました」「刺激を得ました」がいかに多いか・・・。
 ま、みなさん、お忙しい中でお越しになられているので、学生のような負荷をおかけすることもできないのですれども。
    
 いずれにしても、講演、研修、セミナー、ワークショップの際には、「自分の頭で考えること」を放棄することはしたくないものですね。
    
  ▼
  
 今日は、人材開発・教育の現場で猛威をふるっている「刺激になりました症候群」について書かせていただきました。
  
 あなたの周囲では「刺激になりました症候群」や「ためになりました病」が感染拡大していませんか?
 
 そして人生はつづく
  
  ーーー
        
新刊「チームワーキング」おかげさまで「重版」を重ねております。応援いただいた皆様に心より感謝いたします。さらに、新刊「チームワーキング」がオンライン管理職研修になりました。JMAMさんからのリリースです(共同開発をさせていただいた同社の堀尾さん、ありがとうございました。中原は共著者の田中聡さんと監修をつとめさせていただきました)。どうぞご笑覧ください! 
   
    
 
https://amzn.to/3esCOrW
    
新リリースしました! 「チームワーキング研修版」
https://www.jmam.co.jp/hrm/course/training/twk.html
          
すべてのリーダー、管理職にチームを動かすスキルを!
ニッポンのチームをアップデートせよ!           
   
  ーーー
     
新刊「働くみんなの必修講義 転職学」好評発売中です!どうかご高覧くださいませ! ひとが会社を辞めなくなるのはなぜか(それを防止するためにはどうすればいいのか)?、どのような転職活動を行えば、納得のいく転職が可能になるのか、そして、どのように新たな組織に自ら適応するのか。転職にまつわる、これらの「問い」に対して、1万2000人の大調査を通して答えをだしました。パーソル総合研究所、パーソルキャリア、中原の共同研究成果です。ご高覧くださいませ!
   

   
  ーーー  
       
拙著「経営学習論」の増補改訂版が、東京大学出版会より刊行されました。新たに「リーダーシップ開発」の章を追加し、カバーの装いも変わっています。人材開発の基礎的な理論を体系的に学べる一冊です。どうぞご高覧くださいませ!
      

    

      
  ーーー
     
【好評発売中】1on1の失敗・成功ケースをまとめ、映像教材を中原とPHP研究所さんとで開発しました。失敗しない1on1について、具体的なイメージをもって学ぶことができます。どうぞご笑覧くださいませ!
     
上司と部下がペアで進める 1on1 振り返りを成長につなげるプロセス
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061
   
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
  
 ーーー
   

     
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
    

     
 ーーー
      
拙著「職場学習論」(東京大学出版会)のカバー・装いが10年ぶりに変わりました(内容は変わっていませんのであしからず!)。ひとは、職場でどのようにして学ぶのか、というテーマを考察しています。どうぞご高欄くださいませ!
    

    

      
 ーーー
    
新刊「中小企業の人材開発」(中原淳・保田江美著、東京大学出版会、2021年)マニアックなガチ・学術研究書なのですが、発売10日で重版出来となりました。ありがとうございます。中小企業の人材開発メカニズムに接近を試みています。どうかご笑覧くださいませ!
  

   
 ーーー
        
中原研究室では、一般社団法人ピアトラストさんとの共同研究で、相互称賛アプリ『Peer-Trust(ピア・トラスト)』の研究を行っています。
       
相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が導入された職場では、職場のメンバー同士が、お互いの日々の仕事を観察し、そこにキラリと光るものがあったときに「称賛カード」というものをメッセージとともに送りあいます。1カ月間は無料トライアルだそうです。ご興味があえば、ぜひ、ご利用くださいませ。
     
強みの自己認知と意欲を高める『ポジティブ1on1』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000059483.html
   
仲間から実際に認められた行動のデータから、自身の強みと職場での関係を定期的に把握できるレポーティング機能も追加されました。職場における相互称賛を、自分の強みの発見と目標設定に役立てられます。
 
自身の強みと職場での関係を定期的に把握できるレポーティング機能も追加!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000059483.html
   
あなたの会社のリーダー・管理職は「部下の強み」を観察できますか?:相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が示唆する「リーダーの条件」とは?
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/12062
    
ピアトラストお問い合わせ
https://www.peer-trust.com/contact/
   
ピアトラストの効果まとめページ
https://www.peer-trust.com/research/2020/
    
 ーーー 
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約34000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

あなたは「心理的安全おじさん」になっていませんか?:概念に「偏愛」し「現場」を裏切る!?

2021.10.22 08:10/ Jun

あなたは「心理的安全おじさん」になっていませんか?:概念に「偏愛」し「現場」を裏切る!?

ひとは「明確なメリット」があるからリーダーになるのか、それとも「他者から懇願される」からリーダーになるのか?

2021.10.20 07:58/ Jun

ひとは「明確なメリット」があるからリーダーになるのか、それとも「他者から懇願される」からリーダーになるのか?

2021.10.18 15:56/ Jun

【最終締め切り間近・今週土曜日!】リーダー育英塾カンファレンス参加者募集中!:ワンデイで「教育改革」の最前線を学びませんか?

語り得ぬものには沈黙せざるをえない「哀れなムカデ」のストーリー!?

2021.10.18 07:56/ Jun

語り得ぬものには沈黙せざるをえない「哀れなムカデ」のストーリー!?

「組織開発」が現場に普及すれば「組織開発」は消えてなくなるのか?

2021.10.15 08:26/ Jun

「組織開発」が現場に普及すれば「組織開発」は消えてなくなるのか?