NAKAHARA-LAB.net

2020.1.10 07:44/ Jun

あなたの会社では「うちの会社って、何の会社だったっけ症候群」が発病していませんか?

「最近、自分の会社が、何の会社かわからなくなってきているんです。うちは、もともと広告で利益をあげてきた会社なんです。最近は、M&Aでeコマースの事業を伸ばしていますし、金融にも手をつけています。うちの会社は、今、何の会社なんでしょうか?」
  
「うちの会社は、かつては家電の会社でした。しかし、いまや保険とゲームと音楽の会社になっています。うちの会社は、どこをめざしていくのでしょうか?」
  
「うちの会社は、もともと通信の会社でした。しかし、いまは、投資会社になっているのでしょうか。いったい、どちらがうちの会社の未来なんでしょう?」
  
「うちの会社は、銀行なんですが、しかし、人材紹介などにも手をつけています。外からみて、うちの会社は、まだ、銀行なんでしょうか?」
  
「うちの会社は、かつてフィルムの会社でした。しかし、今では、化粧品や医療機器のメーカーです。うちの会社は、10年後には、まったく違う会社になっているかもしれません。うちの会社って、そもそも何の会社だったんでしょう?」
  
  ・
  ・
  ・
  
 冒頭のそれぞれの発言が、果たして「どの会社なのか」はさておき(笑)、ここ数年、日本のいくつかの会社で広がりつつある症候群に、「うちの会社って何の会社だったっけ症候群」というものがあるような気がしています。
  
 市場の変化が早い。
 それに応じて、どんどんと事業が変わる。
  
 加速するM&A、ノンコア・コア事業の選別。
 朝、夜があければ、会社のあり方が、ドラスティックに変わっている。
  
 このように変化が激しい時代にあっては、

「うちの会社が、何の会社なのか?」という組織のアイデンティティが曖昧になってくる。
  
 そして
  
「うちの会社が、何をめざしていたのか」という組織の目標が、次第にわからなくなってくる。
  
 そして、従業員の「心がざわざわ」しはじめるのです。この「心のざわざわ」が、「うちの会社って、何の会社だったっけ症候群」です。会社や事業や市場が変わるスピードははやい。しかし、「ひとの心」が、そのスピードについていけないのです。心は思ったよりも、ゆっくりと変わる。
   
「うちの会社って、何の会社だったっけ症候群」は、深刻になると、「自分はなぜ働いているのか?」「自分は何をめざしているのか?」という仕事の目標、キャリアの目標が曖昧化してきます。最悪の場合、パフォーマンスに影響を与えたり、離職・転職の増加につながってしまう可能性もあるのです。
  
 逆にいうと、こうした変化の激しい世の中においては、組織のアイデンティティを確認し合ったり、ミッションマネジメントを強化したりする組織開発や人材開発が必須になってきます。
  
 変化の激しい世の中においては、組織の中には、猛烈な「遠心力」がはたらきます。従業員の心は「ざわざわ」して、最悪の場合、バラバラになりかねません。ゆえに、組織は「猛烈な遠心力」にあらがう「求心力」を必要とするのです。
    
  ▼
  
 今日は「うちの会社って、何の会社だったっけ症候群」について書きました。
  
 あなたの会社では「うちの会社って、何の会社だったっけ症候群」が発病していませんか?
 あなたの会社では「遠心力」がビュンビュンと働き始めていませんか?
 あなたの会社には従業員をひきとめる「求心力」がありますか?
   
 そして人生はつづく
  
  ーーー
   

  
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

日本初!刑務所のなかでの「治療共同体(対話)」を克明に描き出した、とてつもない映画「プリズンサークル」を見た!

2020.1.27 07:32/ Jun

日本初!刑務所のなかでの「治療共同体(対話)」を克明に描き出した、とてつもない映画「プリズンサークル」を見た!

研修の「満足度」を問うな、研修転移を問え!? :「現場にインパクトを1ミリも及ぼさない研修」は「共犯関係」によって生み出されている!?

2020.1.24 07:14/ Jun

研修の「満足度」を問うな、研修転移を問え!? :「現場にインパクトを1ミリも及ぼさない研修」は「共犯関係」によって生み出されている!?

30年前の名著で予見されていた「3つの仕事」と「社会の分断」!? – ロバート・ライシュ(著)ザ・ワーク・オブ・ネーションズ書評

2020.1.23 07:43/ Jun

30年前の名著で予見されていた「3つの仕事」と「社会の分断」!? – ロバート・ライシュ(著)ザ・ワーク・オブ・ネーションズ書評

主体的な新人とは「トンガリ勘違いボーイ」なのか、それとも「仕事に前向きな人材」なのか?

2020.1.22 06:49/ Jun

主体的な新人とは「トンガリ勘違いボーイ」なのか、それとも「仕事に前向きな人材」なのか?

「他人をホイホイと動かすこと」だけに長けている「暗黒面に堕ちたリーダー」にならないために為すべきこととは何か?

2020.1.21 07:01/ Jun

「他人をホイホイと動かすこと」だけに長けている「暗黒面に堕ちたリーダー」にならないために為すべきこととは何か?