NAKAHARA-LAB.net

プロフィール

中原 淳

iamge

中原 淳(なかはら・じゅん)

Jun Nakahara, Ph.D.

立教大学 経営学部 教授

Professor of Human Resource Development
and Organizational Development

College of Business
Rikkyo University
(Saint Paul’s University)

(写真撮影:たかはしじゅんいち氏)


「大人の学び」を科学する

立教大学 経営学部 教授。博士(人間科学)。北海道旭川市生まれ。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院 人間科学研究科、メディア教育開発センター(現・放送大学)、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員、東京大学講師・准教授等をへて、2018年より現職。「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織における人材開発・組織開発について研究している。専門は人的資源開発論・経営学習論。単著(専門書)に「職場学習論」(東京大学出版会)、「経営学習論」(東京大学出版会)。一般書に「研修開発入門」「駆け出しマネジャーの成長戦略」「アルバイトパート採用育成入門」など、他共編著多数。立教大学経営学部においては、ビジネスリーダーシッププログラム(BLP)主査、リーダーシップ研究所 副所長を歴任。研究の詳細は、Blog:NAKAHARA-LAB.NET(http://www.nakahara-lab.net/)。Twitter ID : nakaharajun民間企業の人材育成を研究活動の中心におきつつも、近年は、最高検察庁(参与)、横浜市教育委員会など、公共領域の人材育成についても、活動を広げている。一般社団法人 経営学習研究所 代表理事、特定非営利活動法人 Educe Technologies 副代表理事、特定非営利活動法人カタリバ理事。

  • 履歴
  • 研究業績
  • 教育歴
  • 現職・
    連絡先
  • 1994年(H6.4)
    東京大学 教養学部 文科3類 入学
    1996年(H8.4)
    東京大学 教育学部 総合教育科学科 学校教育学コース進学
    1998年(H10.3)
    東京大学 教育学部 総合教育科学科 学校教育学コース卒業
    (Dept. of Teaching, Curriculum, and Learning Environments, The University of Tokyo)
    1998年3月27日
    教育学学士 取得 学教育第3060号(B. A. : The Degree of Bachelor of Education)
    1998年(H10.4)
    大阪大学大学院 人間科学研究科 教育学専攻 教育システム工学講座 博士前期課程入学
    (Master Course. Dept. of Educational Systems Technology, Graduate School of Human Sciences, Osaka University)
    2000年(H12.3)
    大阪大学大学院 人間科学研究科 教育学専攻 教育システム工学講座 博士前期課程修了
    (Master Course. Dept. of Educational Systems Technology, Graduate School of Human Sciences, Osaka University)
    2000年3月24日
    修士号(人間科学) 取得 人科第473号
    (M. S. : The Degree of Master of Human Sciences)
    2000年(H12.4)
    大阪大学大学院 人間科学研究科 人間科学専攻 先端人間科学講座 コミュニケーションメディア研究分野(研究室) 博士後期課程進学
    (Doctoral Course. Communication & Media Lab. Advanced Studies on Human Sciences, Graduate School of Human Sciences, Osaka University)
    (※先端人間科学講座は2000年の大学院重点化にともなう改組により誕生。旧教育システム工学講座は、臨床教育学講座と先端人間科学講座になりました)
    2001年2月28日(H13.2)
    大阪大学大学院 人間科学研究科 人間科学専攻 先端人間科学講座 コミュニケーションメディア研究分野(研究室) 博士後期課程中途退学
    (Doctoral Course. Communication & Media Lab. Advanced Studies on Human Sciences, Graduate School of Human Sciences, Osaka University)
    1999年7月(H11.2)-
    2001年3月(H13.2)
    文部科学省 大学共同利用機関 メディア教育開発センター 特別共同利用研究員
    (National Institute of Multimedia Education : NIME)
    2001年3月1日(H13.3)
    文部科学省 大学共同利用機関 メディア教育開発センター 研究開発部 メディア活用研究開発系 メディア環境開発研究部門 助手 に就任
    (Assistant Professor: Creating Virtual Learning Communities Section, Media Applications R&D Division, R & D Department, National Institute of Multimedia Education, Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Japan)
    2003年10月29日(H15.10)
    大阪大学博士(人間科学)を授与  第18195号(乙第8771号)
    (Ph.D. degree from Osaka University)
    2004年1月15日(H16.1) –
    2004年10月15日(H16.10)
    マサチューセッツ工科大学 Center for Educational Computing Initiatives
    客員研究員 : フルブライト奨学金 研究員プログラムによる渡米・滞在
    (Massachusetts Institute of Technology : Center for Educational Computing Initiatives)
    2004年4月1日(H16.3)
    独立行政法人 メディア教育開発センター 研究開発部 助手 に就任
    (Assistant Professor: : Multimedia Environment Division, R & D Department, National Institute of Multimedia Education, Japan)

    (※文部科学省 大学共同利用機関 メディア教育開発センターは、2004年4月1日より独立行政法人 メディア教育開発センターに改組されました)

    2004年11月1日(H16.11)
    東京大学大学院 情報学環 ベネッセ教育技術学講座 客員助手(兼任教員)に就任
    (Visiting Assistant Professor: Bennese department of advanced educational technology, Graduate school of Interdiciplinary Information Studies, Japan)
    2005年4月1日(H17.4)
    東京大学 大学総合教育研究センター 教育課程・方法開発部門 講師に就任
    (Assistant Professor: Center for Research and Development of Higher Education, The university of Tokyo, Japan)
    2006年4月1日(H18.4)
    東京大学 大学総合教育研究センター 教育課程・方法開発部門 助教授に就任
    (Associate Professor: Center for Research and Development of Higher Education, The university of Tokyo, Japan)
    2006年4月1日(H18.4)
    東京大学 大学総合教育研究センター マイクロソフト先進教育環境寄付研究部門 フェロー就任
    (Fellow: Microsoft chaif of Educational Environment and Technology, Center for Research and Development of Higher Education, The university of Tokyo, Japan)
    2006年5月1日(H18.5)
    東京大学大学院 学際情報学府 助教授(学内兼担教員)
    (Associate Professor: Graduate school of Interdisciplinary Information Studies, The university of Tokyo, Japan)
    2007年4月1日(H19.5)
    東京大学 大学総合教育研究センター 教育課程・方法開発部門 准教授
    (Associate Professor: Graduate school of Interdisciplinary Information Studies, The university of Tokyo, Japan)
    2007年4月1日(H19.5)
    東京大学大学院 学際情報学府 (学内兼担教員)
    (Associate Professor: Graduate school of Interdisciplinary Information Studies, The university of Tokyo, Japan)
    2012年4月1日(H24.4)
    東京大学教養学部 学際科学科 総合情報学コース (学内兼担教員)
    (Associate Professor: Graduate school of Interdisciplinary Information Studies, The university of Tokyo, Japan)
    2014年9月-11月(H26.11)
    名古屋大学高等教育研究センター(客員准教授)
    (Visiting Professor:Nagoya University, Japan)
    2017年9月1日(H29.9)
    立教大学 経営学部 客員教授
    (Visiting Professor:Saint Paul’s University, Japan)
    2018年4月1日(H30.4)
    立教大学 経営学部 教授
    (Professor:Saint Paul’s University, Japan)
    2018年4月1日(H30.4)
    立教大学 経営学部 ビジネスリーダーシッププログラム(BLP)主査
    (Director of Bussiness Leadership Program, College of Business, Saint Paul’s University, Japan)
    2018年4月1日(H30.4)
    立教大学 経営学部 リーダーシップ研究所 副所長
    (Deputy Director of Institute of Leadership, College of Business,
    Saint Paul’s University, Japan)
  • 近年の主要著書(学術専門書)

    経営学習論

    経営学習論

    単著:2012年/東京大学出版会

    職場学習論

    職場学習論

    単著:2010年/東京大学出版会

    人材開発研究大全

    人材開発研究大全

    編著:2017年/東京大学出版会

    職場学習の探究

    職場学習の探究

    編著:2012年/生産性出版

    ひとはもともとアクティブラーナー

    ひとはもともとアクティブラーナー

    共編著:2017年3月/北大路書房

    アクティブトランジション

    アクティブトランジション

    共編著:2016年/三省堂

    活躍する組織人の探究

    活躍する組織人の探究

    共編著:2013年/東京大学出版会

    教師の学びを科学する

    教師の学びを科学する

    監修・分担執筆:2015年/北大路出版

    人材育成ハンドブック

    人材育成ハンドブック

    共著(分担執筆):金子書房

    キャリアデザイン支援ハンドブック

    キャリアデザイン支援ハンドブック

    共著(分担執筆):ナカニシヤ

    場づくりとしての学び

    場づくりとしての学び

    共著(分担執筆):東京大学出版会

    学びの認知科学事典

    学びの認知科学事典

    共著(分担執筆):大修館

    経営行動科学ハンドブック

    経営行動科学ハンドブック

    共著(分担執筆):中央経済社

    デジタル教材の教育学

    デジタル教材の教育学

    共著(分担執筆):東京大学出版会

    近年の主要論文

    「組織開発再考ー理論的系譜と実践現場のリアルから考える」(基調講演録) 中原淳(2017)
    「南山大学人間関係研究センター紀要「人間関係研究」第16号 p211-273
    役員秘書の経験学習を促す要因に関する研究-OJTと役員による育成に着目して 伊勢坊綾・中原淳(印刷中)
    ビジネス実務学会・ビジネス実務論集 No.35 ppXX-XX
    新規事業創出経験を通じた中堅管理職の学習に関する実証的研究 田中聡・中原淳(印刷中)
    経営行動科学 Vol.30(1) ppXX-XX
    看護チームのチームワークが新人看護師の臨床実践能力に及ぼす影響に関する研究 保田江美・中原淳(印刷中)
    本教育工学雑誌. 40巻4号
    学校改善を目指したミドルリーダーの行動プロセスに関する実証的研究 吉村春美・中原淳(印刷中)
    日本教育工学雑誌. 40巻4号
    新卒外国人元留学生社員の組織社会化メカニズムー経験学習行動と異文化間ソーシャルスキルに着目して
    島田徳子・中原淳(2016)
    人材育成研究 Vol.12. No.1 pp21-44
    大学での学び・生活が入社後のプロアクティブ行動に与える影響
    舘野泰一,中原淳,木村充,保田江美,吉村春美,田中聡,浜屋祐子,高崎美佐,溝上慎一(2016)
    日本教育工学会論文誌 40(1), pp1-11
    HRDとOD 中原淳(2015)
    日本労働研究雑誌 2015年4月号(No.657) pp48-49
    中堅看護師からの支援が新人看護師の入職初期の臨床実践能力に及ぼす影響 保田江美・中原淳(2015)
    医療職の能力開発. 3(2) pp83-98
    役員秘書の経験学習に関する研究 伊勢坊綾・中原淳(2015)
    経営行動科学第28巻3号. pp233-247
    オフィス改革とはコミュニケーション改革である 中原淳(2015)
    DIAMONDハーバードビジネスレビュー. 2015年3月号 pp40-48
    異業種5社による「地域課題解決研修」の効果とは何か? : アクションリサーチによる研修企画と評価
    中原淳(2015)
    名古屋高等教育研究 第15号. pp243-268
    「職場における学習」の探求 中原淳(2014)
    組織科学. Vol.48, No.2 pp28-37
    経験学習の理論的系譜と研究動向 中原淳(2013)
    日本労働研究雑誌 Oct.2013 No.639 pp4-14
    学習環境としての「職場」:経営研究と学習研究の交差する場所 中原淳(2012)
    日本労働研究雑誌 Jan. 2012 No.618 pp35-45
    インタラクションデザインを通じて創造的な実践コミュニティを編み出す-起業者活動支援の場、学生の学習・教育の場、社会人の学習・相互刺激の場- 金井壽宏・山内祐平・中原淳(2012)
    ヒューマンインターフェース学会誌 vol.14 no.3 pp169-176
    仕事のパフォーマンスと能力業績に及ぼす学習・生活の影響-学校から仕事へのトランジション研究に向けて-
    溝上慎一・中原淳・舘野泰一・木村充(2012)
    大学教育学会誌 34(2) pp139-148

    近年の主要著書(一般書)

    働く大人のための学びの教科書

    働く大人のための学びの教科書

    単著:2018年/かんき出版

    実践!フィードバック

    実践!フィードバック

    単著:2017年10月/PHP出版

    フィードバック入門

    フィードバック入門

    単著:2017年3月/PHP新書

    駆け出しマネジャーの成長論

    駆け出しマネジャーの成長論

    単著:2014年/光文社新書

    研修開発入門

    研修開発入門

    単著:2014年/ダイヤモンド社

    知がめぐり、人がつながる場のデザイン

    知がめぐり、人がつながる場のデザイン

    単著:2012年/英治出版

    アルバイト・パート採用育成入門

    アルバイト・パート採用育成入門

    共編著:2016年/ダイヤモンド社

    プレイフルラーニング

    プレイフルラーニング

    共編著:2012年/三省堂

    事業を創る人の大研究

    事業を創る人の大研究

    共著:2018年/クロスメディアパブリッシング

    仕事人生のリセットボタン

    仕事人生のリセットボタン

    共著:2017年/筑摩書房

    育児は仕事の役にたつ

    育児は仕事の役にたつ

    共著:2017年/三省堂

    会社の中はジレンマだらけ

    会社の中はジレンマだらけ

    共著:2016年/三省堂

    インプロする組織

    インプロする組織

    共著:2012年/三省堂

    ダイアローグ 対話する組織

    ダイアローグ 対話する組織

    共著:2009年/ダイヤモンド社

    他著書・論文多数あり

    受賞歴

    人材育成学会 論文賞(共著、2017)
    日本ビジネス実務学会 研究奨励賞(共著、2016)
    日本科学教育学会 論文賞(共著、2006年)
    日本教育工学会 論文賞(共著、2005年)
    日本教育工学会 論文賞(共著、2002年)
    日本教育工学会 論文賞(単著、2000年)
    日本教育工学会 研究奨励賞(2000年)
  • 2005年(H17)
    青山学院大学 文学部 教育学科 非常勤講師 「教育方法」 (相模原キャンパス)
    対象者:学部生 通年4単位
    2006年(H18)
    立教大学大学院 人文科学系 大学院科目 教育学演習4 (池袋キャンパス)
    対象者:大学院生 後期2単位
    2007年(H19)
    東京大学大学院 学際情報学府 「デジタル教材設計論」 (本郷キャンパス)
    対象者:大学院生 前期2単位
    2008年(H20)
    東京大学大学院 学際情報学府 「組織学習システム論」 (本郷キャンパス)
    対象者:大学院生 前期2単位
    2008年(H20)
    青山学院大学大学院 社会情報学研究科 「組織間ネットワーク特論」 (青山キャンパス)
    対象者:大学院生 後期2単位
    2009年
    慶應丸の内シティキャンパス 「ラーニングイノベーション論」
    対象者:社会人
    2009年(H21)
    青山学院大学大学院 社会情報学研究科 「組織間ネットワーク特論」 (青山キャンパス)
    対象者:大学院生 後期2単位
    2010年(H22)
    青山学院大学大学院 社会情報学研究科 「組織間ネットワーク特論」 (青山キャンパス)
    対象者:大学院生 後期2単位
    2010年(H22)
    京都大学大学院 教育学研究科 「職場学習論」 (今出川キャンパス)
    対象者:大学院生 後期2単位
    2010年(H22)
    東京大学 教育学部 「組織学習論」 (本郷キャンパス)
    対象者:大学生 前期2単位
    2011年(H23)
    青山学院大学大学院 社会情報学研究科 「組織間ネットワーク特論」 (青山キャンパス)
    対象者:大学院生 後期2単位
    2011年(H23)
    東京大学大学院 学際情報学府 「組織学習システム論」 (本郷キャンパス)
    対象者:大学院生 前期2単位
    2010-
    慶應丸の内シティキャンパス 「ラーニングイノベーション論」
    対象者:社会人
    2012年(H24)-
    201X年(H2X)
    東京大学大学院 学際情報学府 「経営学習論」 (本郷キャンパス)
    対象者:大学院生 前期2単位
    2012年(H24)-
    青山学院大学大学院 社会情報学研究科 「組織行動論」 (青山キャンパス)
    対象者:大学院生 後期2単位
    2013年(H25)
    東京大学 教養学部(後期)「情報人文社会科学IV」 (駒場キャンパス)
    対象者:学部生 (授業担当:山内祐平准教授・中原)後期2単位
    2013年(H25)-
    2015年(H27)
    東京大学大学院 学際情報学府「大学教育開発論」 (本郷キャンパス)
    対象者:大学院生 (前期2コマ・後期2コマ 計4コマ 授業担当者:栗田佳代子准教授・中原)
    2016年(H28)-
    201X年(H2X)
    立教大学経営学部)(兼任講師) 「リーダーシップ入門」(BL0・BL1) (池袋キャンパス)
    対象者:学部生 前期・後期2単位
    2016年(H28)-
    201X年(H2X)
    東京大学大学院 学際情報学府 「経営組織論」 (本郷キャンパス)
    対象者:大学院生 A1 / A2 2単位
  • 立教大学経営学部教授

    機関番号:32686(立教大学) 所属番号:006(経営学部) 職番号:0001(教授) 研究者番号:00342618

    中原 淳

    ※ ご連絡いただく場合は、メールでお願い致します。

    中原研究室へのアクセス