NAKAHARA-LAB.net
中原研究室について
中原は「東京大学 大学総合教育研究センター」に所属しながら、「東京大学大学院 学際情報学府」「東京大学教養学部 学際情報科学科」を学内兼任しています。東京大学大学院 学際情報学府 中原研究室では、下記の大学院生の研究指導を行っています。なお、2015年度からは、研究室のメンバーが増えてきたため、新規の大学院学生募集を停止しております。
研究室メンバー
Member

中原は「東京大学 大学総合教育研究センター」に所属しながら、「東京大学大学院 学際情報学府」「東京大学教養学部 学際情報科学科」を学内兼任しています。東京大学大学院 学際情報学府 中原研究室では、下記の大学院生の研究指導を行っています。なお、2015年度からは、研究室のメンバーが増えてきたため、新規の大学院学生募集を停止しております。

教員:准教授

中原 淳(なかはら・じゅん)

経営学習論(Management Learning)
企業・組織における人材育成、リーダーシップ開発を研究する

  • 博士3年(D3以上も含む)
    高崎美佐
    (たかさきみさ)
    大学生のキャリア探索行動と初期キャリア形成
  • 博士1年(D1)
    田中聡
    (たなかさとし)
    中堅ミドルの変容的学習プロセスに関する研究:新規事業部門における業務に着目して

  • 博士3年(D3以上も含む)
    吉村春美
    (よしむら・はるみ)
    校長のリーダーシップと学校の社会関係資本、および、パフォーマンスの関係
  • 博士3年(D3以上も含む)
    伊勢坊綾
    (いせぼうあや)
    秘書の熟達化に関する研究
  • 博士3年(D3以上も含む)
    保田江美
    (やすだえみ)
    看護師の熟達化:社会的ネットワークに着目して
  • 博士3年(D3以上も含む)
    高崎美佐
    (たかさきみさ)
    大学生のキャリア探索行動と初期キャリア形成
  • 博士1年(D1)
    田中聡
    (たなかさとし)
    中堅ミドルの変容的学習プロセスに関する研究:新規事業部門における業務に着目して
  • 修士2年(M2)
    齋藤光弘
    (さいとうみつひろ)
    民間企業従業員におけるボランティア活動が革新行動に与える影響の考察
  • 修士2年(M2)
    辻和洋
    (つじかずひろ)
    調査報道の成立プロセスに関する研究

  • 博士3年(D3)
    吉村春美
    (よしむら・はるみ)
    校長のリーダーシップと学校の社会関係資本、および、パフォーマンスの関係
  • 博士3年(D3)
    伊勢坊綾
    (いせぼうあや)
    秘書の熟達化に関する研究
  • 博士2年(D2)
    保田江美
    (やすだえみ)
    看護師の熟達化:社会的ネットワークに着目して
  • 博士2年(D2)
    高崎美佐
    (たかさきみさ)
    大学生のキャリア探索行動と初期キャリア形成
  • 修士2年(M2)
    浜屋祐子
    (はまやゆうこ)
    育児経験がリーダーシップ行動の変化に与える影響に関する研究
  • 修士2年(M2)
    田中聡
    (たなかさとし)
    中堅ミドルの変容的学習プロセスに関する研究:新規事業部門における業務に着目して
  • 修士1年(M1)
    齋藤光弘氏
    (さいとうみつひろ)
    企業人のプロボノ活動に関する研究
  • 修士1年(M1)
    辻和洋
    (つじかずひろ)
    新聞記者の熟達化に関する研究

  • 博士3年(D3)
    島田徳子
    (しまだ・のりこ)
    留学生の組織社会化を促す日本語コミュニケーションに関する実証研究 ―「学び」の場から「働き」の場への移行期に注目して―
  • 博士3年(D3)
    木村充
    (きむらみつる)
    大学におけるサービスラーニングの効果
  • 博士2年(D2)
    吉村春美
    (よしむら・はるみ)
    校長のリーダーシップと学校の社会関係資本、および、パフォーマンスの関係
  • 博士2年(D2)
    伊勢坊綾
    (いせぼうあや)
    秘書の熟達化に関する研究
  • 博士1年(D1)
    保田江美
    (やすだえみ)
    看護師の熟達化:社会的ネットワークに着目して
  • 博士1年(D1)
    高崎美佐
    (たかさきみさ)
    大学生のキャリア探索行動と初期キャリア形成
  • 修士2年(M2)
    該当者なし
  • 修士1年(M1)
    浜屋祐子
    (はまやゆうこ)
    育児経験とマネジメント能力の関係
  • 修士1年(M1)
    田中聡
    (たなかさとし)
    中堅ミドルのイノベーション行動

  • 博士3年(D3)
    島田徳子
    (しまだ・のりこ)
    留学生の組織社会化を促す日本語コミュニケーションに関する実証研究 ―「学び」の場から「働き」の場への移行期に注目して―
  • 博士3年(D3)
    木村充
    (きむらみつる)
    大学におけるサービスラーニングの効果
  • 博士1年(D1)
    吉村春美
    (よしむら・はるみ)
    校長のリーダーシップと学校の社会関係資本、および、パフォーマンスの関係
  • 博士1年(D1)
    伊勢坊綾
    (いせぼうあや)
    秘書の熟達化に関する研究
  • 修士2年(M2)
    保田江美
    (やすだえみ)
    看護師の熟達化:社会的ネットワークに着目して
  • 修士1年(M1)
    苅部将大
    (かるべまさひろ)
    演劇、学習、エスノグラフィー

  • 博士3年(D3)
    島田徳子
    (しまだ・のりこ)
    留学生の組織社会化を促す日本語コミュニケーションに関する実証研究 ―「学び」の場から「働き」の場への移行期に注目して―
  • 博士3年(D3)
    舘野泰一
    (たての・よしかず)
    アカデミックライティングにおける協同推敲活動支援環境の開発と評価
  • 博士2年(D2)
    木村充
    (きむらみつる)
    大学におけるサービスラーニングの効果
  • 修士2年(M2)
    吉村春美
    (よしむら・はるみ)
    校長のリーダーシップと学校の社会関係資本、および、パフォーマンスの関係
  • 修士2年(M2)
    関根雅泰
    (せきね・まさひろ)
    新入社員のOJT、および、組織社会化に関する研究
  • 修士2年(M2)
    伊勢坊綾
    (いせぼうあや)
    秘書の熟達化に関する研究
  • 修士1年(M1)
    保田江美
    (やすだえみ)
    看護士の熟達化

  • 博士3年(D3)
    島田徳子
    (しまだ・のりこ)
    留学生の組織社会化を促す日本語コミュニケーションに関する実証研究 ―「学び」の場から「働き」の場への移行期に注目して―
  • 博士3年(D3)
    舘野泰一
    (たての・よしかず)
    アカデミックライティングにおける協同推敲活動支援環境の開発と評価
  • 博士3年(D3)
    脇本健弘
    (わきもと・たけひろ)
    FLICA : 初任者教師のメンタリング支援システムの開発
  • 博士1年(D1)
    木村充
    (きむらみつる)
    大学におけるサービスラーニングの効果
  • 修士2年(M2)
    吉村春美
    (よしむら・はるみ)
    校長のリーダーシップと学校の社会関係資本、および、パフォーマンスの関係
  • 修士2年(M2)
    伊澤莉瑛
    (いざわ・りえ)
    M&AにおけるPMI(Post Merger Integration)の研究
  • 修士2年(M2)
    関根雅泰
    (せきね・まさひろ)
    新入社員のOJT、および、組織社会化に関する研究
  • 修士1年(M1)
    伊勢坊綾
    (いせぼうあや)
    秘書の熟達化に関する研究

  • 博士3年(D3)
    島田徳子
    (しまだ・のりこ)
    留学生の組織社会化を促す日本語コミュニケーションに関する実証研究 ―「学び」の場から「働き」の場への移行期に注目して―
  • 博士2年(D2)
    舘野泰一
    (たての・よしかず)
    アカデミックライティングにおける協同推敲活動支援環境の開発と評価
  • 博士2年(D2)
    脇本健弘
    (わきもと・たけひろ)
    FLICA : 初任者教師のメンタリング支援システムの開発
  • 修士2年(M2)
    福山佑樹
    (ふくやま・ゆうき)
    社会的ジレンマを体験する参加型シミュレーション教材の開発と評価
  • 修士2年(M2)
    我妻優美
    (わがつまゆみ)
    大学初年次教育における協調学習のエスノグラフィー
  • 修士2年(M2)
    木村充
    (きむらみつる)
    大学におけるサービスラーニングの効果
  • 修士1年(M1)
    吉村春美
    (よしむら・はるみ)
    校長のリーダーシップと学校の社会関係資本、および、パフォーマンスの関係
  • 修士1年(M1)
    伊澤莉瑛
    (いざわ・りえ)
    M&AにおけるPMI(Post Merger Integration)のエスノグラフィー
  • 修士1年(M1)
    関根雅泰
    (せきね・まさひろ)
    新入社員のOJT、および、組織社会化に関する研究

  • 博士2年(D2)
    島田徳子
    (しまだ・のりこ)
    留学生の組織社会化を促す日本語コミュニケーションに関する実証研究 ―「学び」の場から「働き」の場への移行期に注目して―
  • 博士1年(D1)
    舘野泰一
    (たての・よしかず)
    アカデミックライティングにおける協同推敲活動支援環境の開発と評価
  • 博士1年(D1)
    脇本健弘
    (わきもと・たけひろ)
    FLICA : 初任者教師のメンタリング支援システムの開発
  • 修士2年(M2)
    山田寛邦
    (やまだ・ひろくに)
    初等学校教職員のエンパワーメントを目的としたAI研修開発研究
  • 修士2年(M2)
    野澤紘子
    (のざわ・ひろこ)
    ノンテリトリアルオフィスにおけるデジタルマグネットの開発
  • 修士2年(M2)
    福山佑樹
    (ふくやま・ゆうき)
    ロールプレイングゲーム型環境教育
  • 修士1年(M1)
    我妻優美
    (わがつまゆみ)
    大学初年次教育における協調学習のエスノグラフィー研究
  • 修士1年(M1)
    木村充
    (きむらみつる)
    高校生の社会参加志向に関する研究

  • 博士1年(D1)
    島田徳子
    (しまだ・のりこ)
    言語使用の文脈を重視した日本語学習環境のデザインと評価
  • 修士2年(M2)
    三宅正樹
    (みやけ・まさき)
    学習における適応的熟達のための「転移」論考
  • 修士2年(M2)
    舘野泰一
    (たての・よしかず)
    アカデミックライティングにおける協同推敲活動支援環境の開発と評価
  • 修士2年(M2)
    山田寛邦
    (やまだ・ひろくに)
    初等学校教職員のエンパワーメントを目的としたAI研修開発研究
  • 修士2年(M2)
    脇本健弘
    (わきもと・たけひろ)
    FLICA : 初任者教師のメンタリング支援システムの開発
  • 修士2年(M2)
    野澤紘子
    学習、組織、コンピュータ
  • 修士1年(M1)
    福山佑樹
    (ふくやま・ゆうき)
    モバイル機器を利用した英語教材の開発

  • 修士1年(M1)
    山田寛邦
    (やまだ・ひろくに)
    初等学校教職員のエンパワーメントを目的としたAI研修開発研究
  • 修士1年(M1)
    脇本健弘
    (わきもと・たけひろ)
    FLICA : 初任者教師のメンタリング支援システムの開発
OB/OG
  • 吉村春美
    (よしむらはるみ)
    東京大学大学総合教育研究センター・特任研究員(2017年4月現在)
    校長・中堅教員のリーダーシップと自立的学校経営
    2010年4月 – 2017年3月在籍
    2013年3月 修士(学際情報学)取得
  • 伊勢坊綾
    (いせぼうあや)
    東京大学大学総合教育研究センター・特任研究員(2017年4月現在)
    役員秘書の経験学習に関する研究
    2010年4月 – 2017年3月在籍
    2013年3月 修士(学際情報学)取得
  • 保田江美
    (やすだえみ)
    国際医療福祉大学・講師(2017年4月現在)
    新人看護師の育成環境に関する研究
    2012年4月 – 2017年3月在籍
    2014年3月 修士(学際情報学)取得
  • 斎藤光弘
    (さいとうみつひろ)
    國學院大學・助教(2017年4月現在)
    ビジネスパーソンのスキル活用型ボランティアの効果に関する研究
    2015年4月 – 2017年3月在籍
    2017年3月 修士(学際情報学)取得
  • 辻和洋
    (つじかずひろ)
    新聞記者の調査報道プロセスに関する研究
    2015年4月 – 2017年3月在籍
    2017年3月 修士(学際情報学)取得
  • 浜屋祐子
    (はまや ゆうこ)
    育児経験がリーダーシップ行動の変化に与える影響に関する研究
    2011年4月 – 2017年3月在籍
    2016年3月 修士(学際情報学)取得
  • 島田徳子
    (しまだ のりこ)
    武蔵野大学
    准教授(2017年現在)、博士
    留学生の組織社会化を促す日本語コミュニケーションに関する実証研究
    2008年4月 – 2015年3月在籍
    2015年3月 博士課程単位取得退学
    2017年6月16日 博士(学際情報学)取得
  • 木村充
    (きむら みつる)
    立教大学RA(2017年現在)
    大学生のアカデミックライティングに関する研究
    2008年4月 – 2015年3月在籍
    2009年3月 修士(学際情報学)取得
    2015年3月 博士課程単位取得退学
  • 舘野泰一
    (たての よしかず)
    立教大学
    助教(2017年現在)、博士
    大学生のアカデミックライティングに関する研究
    2008年4月 – 2013年3月在籍
    2009年3月 修士(学際情報学)取得
    2013年3月 博士課程単位取得退学
    2014年3月14日 博士(学際情報学)取得
  • 関根雅泰
    (せきね まさひろ)
    新入社員のOJTに関する研究
    2010年4月 – 2013年3月在籍
    2012年3月 修士(学際情報学)取得
  • 脇本健弘
    (わきもと たけひろ)
    横浜国立大学
    准教授(2017年現在)、博士
    初任者教師のメンタリング支援システムの開発
    2007年4月 – 2012年3月在籍
    2009年3月 修士(学際情報学)取得
    2012年3月 博士課程単位取得退学
    2014年3月14日 博士(学際情報学)取得
  • 伊澤莉瑛
    (いざわ りえ)
    M&AにおけるPMI(Post Merger Integration)の研究
    2010年4月 – 2012年3月在籍
    2012年3月 修士(学際情報学)取得
  • 我妻優美
    (わがつま ゆみ)
    大学初年次教育における協調学習のエスノグラフィー
    2009年4月 – 2011年3月在籍
    2011年3月 修士(学際情報学)取得
  • 福山佑樹
    (ふくやま ゆうき)
    東京大学教養学部
    特任助教(2017年現在)
    社会的ジレンマを体験する参加型シミュレーション教材の開発と評価
    2008年4月 – 2011年3月在籍
    2011年3月 修士(学際情報学)取得
  • 山田寛邦
    (やまだ ひろくに)
    初等学校教職員のエンパワーメントを目的としたAI研修開発研究
    2008年4月 – 2010年3月在籍
    2010年3月 修士(学際情報学)取得
  • 野澤紘子
    (のざわ ひろこ)
    ノンテリトリアルオフィスにおける座席提案システムの開発と評価
    2008年4月 – 2010年3月在籍
    2010年3月 修士(学際情報学)取得
  • 三宅正樹
    (みやけ・まさき)
    学習における適応的熟達のための「転移」論考
    2008年4月 – 2009年3月在籍
    2009年3月 修士(学際情報学)取得