NAKAHARA-LAB.net

2018.8.1 06:48/ Jun

「いいね」と「アゲアゲ系スタンプ」に慣れすぎて、厳しいフィードバックできない「イマドキ管理職」はいらっしゃいませんか?

「部下とは、チャットでコミュニケーションをしています。いいね、いいね、で短めのコミュニケーションをとることに、あまりに慣れすぎてます。言葉さえも使わずに、スタンプで代用しちゃうことも、たくさんあります。ですので、じっくりと時間をかけて、厳しいことを相手に伝えなければならないことには、戸惑いを感じます。」
  
  ・
  ・
  ・
  
 先だって、あるところで出会った、IT企業におつとめの新任マネジャーさんが、こんなことをおっしゃっていました。ICレコーダをもっていたわけではないので、一言一句同じではないですが、趣旨は似たようなものです。
  
 ここ最近、部下とのチャットコミュニケーションは、いいね、か、スタンプ。
 短めのコミュニケーションで、しかも、気分的には部下に高揚感を持たせるものばかりです。
    
 しかし、管理職をやっていると、そうもいっていられないときもあります。
 面談のときなどに、耳の痛いことを相手につげて、行動の補正をしなければならないときもある。いわゆる「フィードバック」をしなければならない局面です。
   
 しかし、ふだんのコミュニケーションは、「いいね」と「アゲアゲ系スタンプ」。
   
 要するに「慣れていない」のです。
  
 厳しいメッセージを、まさか「だめだね」と「サゲサゲ系スタンプ」でおくるわけにもいかず・・・。
 こうした困惑した事態が「じっくりと時間をかけて、厳しいことを相手に伝えなければならないことには、気後れを感じます」というひと言に現れているのかな、と思いました。
  
  ▼
  
 月並みですが、世の中の変化はあまりに早い。
 そして、コミュニケーションのスタイルも、日々変化しています。
  
「いいね」と「スタンプ」時代のコミュニケーションスタイルが支配的な、今、「フィードバック」はいかにあるべきなのか。
  
 なかなか考えさせられました。
 あまりに凡庸な解決策で恐縮なのですが、やはり、フィードバックを学ぶ機会を、前もってもつことが重要なのではないか、と思います。
  
 あなたのまわりには、「いいね」と「スタンプ」に慣れすぎて、フィードバックに戸惑っている管理職はいませんか?
  
 そして人生はつづく
  
  ーーー
  
新刊「女性の視点で見直す人材育成」(中原淳・トーマツイノベーション著)が、ついに刊行になりました。女性のキャリアや働くことを主題にしつつ、究極的には「誰もが働きやすい職場をつくること」を論じている書籍です。7000名を超える大規模調査からわかった、長くいきいきと働きやすい職場とは何でしょうか? 平易な表現をめざした一般書で、どなたでもお読みいただけます。どうぞご笑覧くださいませ!


  
  ーーー
  
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに約8000名の方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
      
友だち追加
   

  
  ーーー
     
新刊「実践!フィードバック」が重版2刷決定、前書「フィードバック入門」は3万部突破です。耳の痛いことをいかに部下に通知し、そこから立て直しをはかることができるか。全国各所の管理職研修で用いられて居明日。はじめてリーダーになる方、管理職になる方におすすめの2冊です。どうぞご笑覧くださいませ!
        
 
     
DVD『フィードバック入門』
https://www.php.co.jp/seminar/feedback/
   
 最近、「フィードバック入門」のオーディオブックも発売になりました。オトバンクaudiobook.jpで音声をご購入いただくことができます。どうぞご利用くださいませ。
  
オトバンク「フィードバック入門」

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「かつての自分の研究」への「懺悔」!? : 「残業学」の背後に隠された著者の「思い」とは何か?

2018.12.14 06:41/ Jun

「かつての自分の研究」への「懺悔」!? : 「残業学」の背後に隠された著者の「思い」とは何か?

2018.12.13 07:07/ Jun

新刊「残業学ー明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?」好評発売中!:25000人のデータから解き明かす「残業問題」解決の秘訣とは?

研修メニューの「充実」と「料理の美味しさ」を考える!? : 和洋中何でもOKで、味はイマイチの「残念なレストラン」!?

2018.12.12 06:48/ Jun

研修メニューの「充実」と「料理の美味しさ」を考える!? : 和洋中何でもOKで、味はイマイチの「残念なレストラン」!?

組織開発の難問「クソはオレだった問題」をいかに攻略するか!?

2018.12.11 06:41/ Jun

組織開発の難問「クソはオレだった問題」をいかに攻略するか!?

「アルゴリズム至上主義」にモノ申す!?、人文科学の知の「復権」!? : クリスチャン・マスビアウ著「センスメイキング」書評

2018.12.10 06:52/ Jun

「アルゴリズム至上主義」にモノ申す!?、人文科学の知の「復権」!? : クリスチャン・マスビアウ著「センスメイキング」書評