NAKAHARA-LAB.net

2021.4.2 08:23/ Jun

ひとびとは「対話」を通じて共通了解に至ることは可能か? : 西研「哲学は対話する」読了

 ひとびとは、どのように対話を通じて、共通了解に至るのか?
   
  ・
  ・
  ・
  
 この問題に対して、フッサールを基盤にしながら、哲学的考察を行った本が、西研さんの著された「対話を哲学する」です。この本、めちゃ素晴らしかったです。
  
 内容が哲学だし、完全無欠の門外漢なので、小生、「鬼誤読」をしているかもしれませんが、知的興奮を感じながら、読み終えることができました。
  

   
 組織開発、ファシリテーション、ワークショップなどで対話の実践を行っている方にはおすすめの一冊です。
  
 ▼
   
 たとえて言うのならば、本書で論じているのは、
  
 フッサールの哲学、すなわち「現象学」を「他者にひらく」試み
  
 です。
  
 一般に、フッサールは「孤高のひと」と言われています。
  
 ひとが、事柄を認識するためには、事柄そのものに対して意識を向けて、その意味を問うことによってそれが可能になる。フッサールは、このような作用を「現象学的還元」と呼びました。
  
 ひとは「現象学還元」を通して、物事を認識し、「確かに、それは、こうである」というエビデンスを得ていきます。これ筆者は「反省的エビデンス」と名付けました。
  
 しかし、ここに問題が起こります。
 ひとは、ひとりで生きているわけではありません。
 ひとは、他者と共存しながら生き得ています。
  
 たしかにフッサール哲学では、ひとりひとりは、現象学的な還元を通して、事物を認識し、その本質を認識できるかもしれません。
  
 しかしながら、ひとは「ひとりで行き得ぬもの」ならば、他者とはどのような関係を取り結べばいいのでしょうか。ひとが他者とどのような関係を保てば、共通了解をつくりあげ、他者と共存できるのでしょうか。
    
 この問題は、フッサール哲学の弱点とされてきた「反省の私秘性」という問題に直結します。たとえていうのであれば、「ひとの認識が、個人に閉じてしまう」という問題ですね。この問題に対して、これまでフッサールの哲学は、明確な答えを提示できていませんでした。
  
 これが本書のテーマ「現象学を他者にひらく」です。
  
 詳細は本書をお読みいただきたいのですが、筆者は、この問題に対して「本質観取」という概念を導入し、「他者の体験からも、ひとは事物を認識できるようになること」を論じます。換言すれば、他者との対話からも、ひとは物事を認識し、その意味を明らかにすることができるということです。
  
 この理論的考察は、組織開発、ファシリテーション、ワークショップなどで対話の実践などを行っている方には「朗報なはず」です。
  
 なぜ、対話を行うのか?
 対話を通じて、ひとびとが相互了解を得られるのはなぜか?
  
 という根源的な問いに対して、ひとつの答えを提供しうるからです。
 骨髄となるような思想を欲する、実践家の方にはおすすめの一冊です。
   

  
  ▼
  
 今日は西研さんの「哲学は対話する」をご紹介しました。
 この本を読みながら、僕は、大学院時代、僕が大変お世話になっていた先生、菅井勝雄先生(すがいかつお先生)を思い出していました。
(菅井先生には大変お世話になりました。この場を借りて心より御礼を申し上げます)
   
 実は、菅井先生は、哲学のひと、理論のひとでした。先生は、当時としては非常に珍しかった社会構成主義、ガーゲンなどを読み込み、それを「学びの理論」に組み入れようとなさっていました。
   
 当時20代だった僕は、若気の至りからか、先生が哲学の本ばかりを読まれているのを、不思議に思っていました。
 我ながらアホすぎてものも言えないのですが「もっと実証的に、もっと数字を活用して、ものを論じた方がいい」のではないか、とすら、思っていたのかもしれません。
  
 しかし、それから20年。
 最近、菅井先生のお気持ちが少しずつわかるようになってきた気もします。
  
 たしかに
  
 フィールドと格闘すること
 変数と変数の関係を追うこと
    
 は楽しい。
  
 しかし、その格闘に明け暮れているうちに、僕は変数の関係を追うだけのことに満足ができなくなってきています。時は流れ、今度は「自分の骨髄となるような思想」が欲しくなってきました。
 最近は、書店にいっても、哲学のコーナーばかりに目が行ってしまいます。
    
 ま、門外漢の下手の横好きなので、「はるかなる誤読、含む」なのですが(笑)。
  
 骨髄となるような思想を!
 そして人生はつづく
  
  ーーー
     
新刊「働くみんなの必修講義 転職学」好評発売中です!どうかご高覧くださいませ! ひとが会社を辞めなくなるのはなぜか(それを防止するためにはどうすればいいのか)?、どのような転職活動を行えば、納得のいく転職が可能になるのか、そして、どのように新たな組織に自ら適応するのか。転職にまつわる、これらの「問い」に対して、1万2000人の大調査を通して答えをだしました。パーソル総合研究所、パーソルキャリア、中原の共同研究成果です。ご高覧くださいませ!
   

    
  ーーー
   
【事業部人事の大調査】への回答ご協力、どうぞよろしくお願いいたします! 「事業」に貢献する人事を元気にしたい、という思いから、調査を行わせていただいております。事業にまつわる人事を行っている方、ぜひ、回答をご検討くださいませ。明るく楽しい調査報告、他社の事業部人事とつながる会へにご招待させていただきます!
  
【事業部人事の大調査 調査へのご回答はこちら!】  
https://jinzai.diamond.ne.jp/survey/
           
  ーーー
   
新刊「チームワーキング」発売初日・重版決まりました! AMAZON「マネジメント・人材管理」カテゴリー第1位! 手にとってくださった皆様、お読みいただいた皆様に、心より感謝いたします。
   
 
https://amzn.to/3esCOrW
   
すべてのひとびとに、チームを動かすスキルを! これがこの書籍のメインメッセージです。チームを動かす新たなアイデアとして「チームワーク」ではなく、「チームワーキング」を提唱しています。データとビジネスケースから、チームを動かすためのスキルを学び取ることができるようになっています。どうぞご高覧くださいませ!
 
ニッポンのチームをアップデートせよ!
  

  
  ーーー
     
拙著「経営学習論」の増補改訂版が、東京大学出版会より刊行されました。新たに「リーダーシップ開発」の章を追加し、カバーの装いも変わっています。人材開発の基礎的な理論を体系的に学べる一冊です。どうぞご高覧くださいませ!
      

    

      
  ーーー
  
【新刊予約発売中】
新刊「学校がとまった日」の特設サイト完成!&予約販売開始中! 緊急事態宣言・全国一斉休校で「学びを継続できた子どもの特徴」は?学びをとめないために学校にできることは?:書籍の内容が概観できます!どうぞご覧くださいませ!
  

新刊「学校がとまった日」の特設サイト
http://toyokan-publishing.jp/stop/index.html
  
新刊「学校がとまった日」予約販売開始中(AMAZON)

   
  ーーー
     
【好評発売中】1on1の失敗・成功ケースをまとめ、映像教材を中原とPHP研究所さんとで開発しました。失敗しない1on1について、具体的なイメージをもって学ぶことができます。どうぞご笑覧くださいませ!
     
上司と部下がペアで進める 1on1 振り返りを成長につなげるプロセス
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061
   
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
   
  ーーー
  
ラーニングエージェンシーさんと中原研究室の共同研究により開発した「女性の視点で見直す人材育成:トランジションサポートプログラム」のご提供がはじまっています。ライフステージに応じて、役割移行を支援する、きめ細かい研修となっています。共同研究の成果は書籍「女性の視点で見直す人材育成」としても刊行されています。
  
女性の視点で見直す研修 トランジション サポート プログラム
https://www.learningagency.co.jp/service/transition/
 

 
 ーーー
    
。AMAZONの各カテゴリーで1位記録!(会社経営、マネジメント・人材管理・労働問題)。
長時間労働はなぜ起こるのか? 長時間労働をいかに抑制すればいいのか? 大規模調査から、長時間労働の実態や抑制策を明らかにします。大学・大学院の講義調で語りかけられるように書いてありますので、わかりやすいと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
また残業学プロジェクトのスピンアウトツールである「OD-ATRAS」についても、ご紹介しています。職場の見える化をすすめ、現場マネジャーが職場で対話を生み出すためのTipsやツールが満載です。ご笑覧ください。
    

対話とフィードバックを促進するサーベイを用いたソリューション「OD-ATLAS」の詳細はこちら
https://rc.persol-group.co.jp/learning/od-atlas/
   
  ーーー
   
「研修開発ラボ」(ダイヤモンド社)が、フルオンライン化して大幅リニューアルしました。人材開発の「基礎の原理」を学ぶことのできるトレーニングプログラムです。どうぞお越しくださいませ!
    
研修開発ラボ 特別講座「人材育成の原理・原則を学ぶ」
https://jinzai.diamond.ne.jp/seminar/SEMINAR0495/
  
 ーーー
   

     
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
    

     
 ーーー
      
拙著「職場学習論」(東京大学出版会)のカバー・装いが10年ぶりに変わりました(内容は変わっていませんのであしからず!)。ひとは、職場でどのようにして学ぶのか、というテーマを考察しています。どうぞご高欄くださいませ!
    

    

      
 ーーー
    
中原研究室では、一般社団法人ピアトラストさんとの共同研究で、相互称賛アプリ『Peer-Trust(ピア・トラスト)』の研究を行っています。
      
相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が導入された職場では、職場のメンバー同士が、お互いの日々の仕事を観察し、そこにキラリと光るものがあったときに「称賛カード」というものをメッセージとともに送りあいます。利用人数20名までは「無料」だそうです。ご興味があえば、ぜひ、ご利用くださいませ。
    
あなたの会社のリーダー・管理職は「部下の強み」を観察できますか?:相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が示唆する「リーダーの条件」とは?
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/12062
   
 ーーー 
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約32000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2021.4.15 07:55/ Jun

【参加者募集中】ニッポンの学びをアップデートせよ!「リーダー育英塾2021」募集開始!

2021.4.14 08:21/ Jun

「働く」と「学ぶ」が近接している大学院!?

コロナ禍のなかでの「新人育成あるある」!? : 僕らに「過去」はありません、「今」しか知りませんから!?

2021.4.13 07:37/ Jun

コロナ禍のなかでの「新人育成あるある」!? : 僕らに「過去」はありません、「今」しか知りませんから!?

2021.4.12 07:33/ Jun

転職に「煽り」と「ロマンス」はいらない!? : 新刊「働くみんなの必修講義 転職学」執筆にかけた思い!?

ひきあう孤独の力のなかでの「詩人の闘い」とは何か?:尾崎真理子「詩人なんて呼ばれて」書評

2021.4.9 08:18/ Jun

ひきあう孤独の力のなかでの「詩人の闘い」とは何か?:尾崎真理子「詩人なんて呼ばれて」書評