NAKAHARA-LAB.net

2020.10.7 07:15/ Jun

シャバでの課題解決は「海千山千の利害関係ドロドロピーポー」に満ちている!?

 シャバでの課題解決は「海千山千の利害関係ドロドロピーポー」に満ちている
  
  ・
  ・
  ・
  
 人材開発・組織開発とは、端的にいってしまえば、
  
 1. ひとと組織の側面から
 2. 現場の課題解決を行い
 3. 経営・現場にポジティブなインパクトをもたらすこと
 
 です。
  
 細かいことは、様々ありますが、基本的には、このフレームのなかで行われる課題解決が、人材開発・組織開発です。
  
 しかしながら、現場の課題解決というのは、「口にだす」のは簡単ですが、実行してみると「困難極まりない世界」でもあります。
  
 そのひとつの理由は、
  
1. 現場とは「中立の真空状態」ではなく、さまざまな「利害関係に満ちたドロドロの場」であり、
  
2. 現場には、利害関係にがんじがらめになっている「海千山千のステークホルダー」たちが満ち満ちているからです
  
 要するに、
  
 人生いろいろ、現場の人もいろいろ
  
 変わりたくないひともいれば
 変えたいにともいるし
 変えたいひとのことを嫌いなひともいれば
 変わりたくないひとを苦々しく思うひともいる
  
  ・
  ・
  ・
  
 組織の内部コンサルタントであれ、外部コンサルタントであれ、現場の課題解決を行うためには、この「海千山千の利害関係者」の利害関係を読み解き、ときには「そそのかし」、ときには「のせて」、ときには「プレッシャー」をかけて、物事を動かさなければなりません。
  
 そして、これは、難易度が極めて高いことです。
 おそらく、駆け出しのコンサルタントが、もっとも苦労するのが、このクライアントマネジメントではないでしょうか。
  
 ▼
  
 マサチューセッツ工科大学、エドガー・シャインは、著書「プロセスコンサルテーション」のなかで、現場のひと(≒クライアント)を十把一絡げに一様にとらえるのではなく、様々なラベルをつけて、それを読み解きます。
  
 シャインによれば、クライアントは、下記のような6つの分類で整理されます。
  

1. コンタクトクライアント
 一番最初に問題をかかえて、コンサルタントに接触してくる人
  
2. 中間クライアント
 プロジェクトが展開していくにつれて、ミーティングなどに「参加・関与」してくるひと
  
3. プライマリークライアント
 取り組んでいる課題に、最終的に責任をもつひと。決裁権者。
  
4. 自覚のないクライアント
 今回の取り組みの影響をもろかぶりするけれども、自分に影響が及ぶことにはまだ気づいていないひと
  
5.究極のクライアント
 より大きなコミュニティ、組織集団、職業集団の全体
  
6. 巻き込まれた「ノンクライアント」
 上記のどのクライアントに定義にもあてはまらないけれど、課題解決の足を引っ張ったり、止めることが、自分の利益につながるとおもっているひと
  
(シャイン「プロセスコンサルテーション」p90より要約して引用)

  
 ・
 ・
 ・
 
 いかがでしょう。
  
 わたしなどは、このクライアントの分類を見ただけでも、「海千山千のクライアント」「一筋縄ではいかないクライアント」「利害関係ドロドロのクライアント」を想像し、軽く「めまい」がしてきます。
  
 自覚のないクライアント・・・嗚呼、ややこしそうだなぁ。
  
 ノンクライアント・・・嗚呼、めんどくさそうだなぁ・・・
  
 嗚呼。
    
  ▼
  
 しかしながら、くどいようですが、現場とは「中立の真空状態」ではなく、さまざまな「利害関係に満ちたドロドロの場」です。
  
 ならば、それを乗り越えることは、支援者としては必須。
   
 そして、そうであるならば、ここでもっとも重要なことは、
  
「クライアントを見抜く目」をいかにもつか?
  
 ということかな、と思いますが、いかがでしょうか。「見抜く目」がなければ、その先に「いかに介入するか」を考えることは無意味です。そして、この「見抜く」は、常にダイナミックでなければならない。

 今日は「従順なクライアント」が、明日は「抵抗勢力」になることは、ままあることなので。
   
 わたしとしては、
  
 優れたコンサルタントは「クライアントを見抜く術」をいかに学んだのか?
  
 ということが、興味深いところです。
  
 あなたは「クライアントを見抜く術」をどこでどのように身につけましたか?
  
 そして人生はつづく
  
※追伸
最近本当に忙しくて、ちょっとげんなりしていたのですが、シャイン経営学を渉猟していたら、元気になりました。シャイン経営学、まだじっくり読めてない本もあります。じっくり読み込める機会があればいいのですが・・・。
  
  ーーー
         
新刊「サーベイフィードバック入門ーデータと対話で職場を変える技術 【これからの組織開発の教科書】」がこのたび、HRアワード2020書籍部門のリストに入賞したそうです。
   
ここから、みなさまによる投票で、最優秀賞、優秀賞が決まるとのご連絡を得ました。本書は、従業員調査、エンゲージメント調査などをもちいて、組織開発を行うときに、マネジャーの方々に留意いただきたいポイントをまとめたものです。どうぞ応援のほど、よろしくお願いいたします!
  
HRアワード2020(投票)
https://jinjibu.jp/gfrm/eventEnquete/award-20-0001/form/
    

   
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
   
  ーーー
   
「研修開発ラボ」(ダイヤモンド社)が、フルオンライン化して大幅リニューアルしました。人材開発の「基礎の原理」を学ぶことのできるトレーニングプログラムです。どうぞお越しくださいませ!
    
研修開発ラボ 特別講座「人材育成の原理・原則を学ぶ」
https://jinzai.diamond.ne.jp/seminar/SEMINAR0495/
  
 ーーー
   

     
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
    

   
 ーーー
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約28000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2020.10.26 08:00/ Jun

よき人材開発・組織開発は「サイエンス(科学)」と「アート(技芸)」とともにある!

あなたの上司がもつ「人間観」は「ひん曲がって、よじれて、途中で枯れて」いませんか?:ふりかえれば、部下が誰もついてこない理由!?

2020.10.23 08:50/ Jun

あなたの上司がもつ「人間観」は「ひん曲がって、よじれて、途中で枯れて」いませんか?:ふりかえれば、部下が誰もついてこない理由!?

あなたの組織は「自組織の課題」を誤解して「場当たり的な解決策」を講じている!?:「72%」は「解くべき課題」ではない!

2020.10.22 07:51/ Jun

あなたの組織は「自組織の課題」を誤解して「場当たり的な解決策」を講じている!?:「72%」は「解くべき課題」ではない!

2020.10.21 08:24/ Jun

オンラインでのプレゼンテーションに最も欠けているのは「身体性」である!?

2020.10.20 09:07/ Jun

なぜ世の中には「むごい1on1」が生まれてしまうのか?:リモート1on1を含め、1on1の失敗と成功のポイントを映像教材化!