NAKAHARA-LAB.net

2019.5.31 06:47/ Jun

「武器」をもって社会に出よ!:「研究方法論なし」で「知的探究」を行うのは「スライムごときにフルボッコ」である?

 ロールプレイングゲームでは、武器をもって、旅に出なければ、スライムにだってやられてしまいます。
 たとえば、こんな風に(泣)。スライム1匹くらいなら、素手でも何とかなるかもしれませんが、大勢に囲まれてしまっては、スライムごときに「フルボッコ」です。
  

  
 同じように(笑?)、研究(知的探究)という「冒険」にとって必要なのは「研究方法論」という「武器」です。

 ここで研究方法論とは、端的に申し上げれば、
    
 1.どのようなものを研究対象として
 2.どのような手続きと方法で、それに迫り
 3.どのように結果をアウトプットするのか
  
 に関する「研究のしきたり」のことです。
   
「しきたり」とは書きましたが、堅苦しいことではありません。むしろ、知的探究を志すひとびとを「自由にする」研究ために「方法論」はある。
  
 知的探究は「冒険」です。そして冒険に「悩み」はつきない。
 しかし、悩みのなかには「重要なもの」から「さして重要ではないもの」までいろいろあります。研究方法論は、知的探究を志す人々を自由にします。そして、さして「重要ではないこと」で、いちいちクヨクヨ悩まなくてもいいように、それは「決まっている」のです。
  
 実際、方法論を学び、体得しまうことで、より自由に、フィールドで知的探究を行うことができます。
   
  ▼
  
 しかし、この研究方法論、なかなか学生に習得させるのは、困難です。
 大学院生ならばともかく、学部生となると、なかなか。
 そして、このことが、僕が、この1年ー2年、ひそかにモンモンとしていた課題でした。
  
 たとえば卑近な例でいうと、経営学部の自分のゼミの学部生に、どのような本をすすめ、研究方法論を学んでもらおうか、と考えていたのです。
  
 学部生に「研究方法論」を教えるときには、まずは「面白い」と思ってもらわなくてはなりません。
 手続きやら、しきたり、やらの前に、まず「研究するってのは、自由だし、面白いんだ」と思ってもらわなくてはならない。
 数ある名著は思いつくのですが、今のところ、僕が一番いいな、と思っているのは、下記の「最強の社会調査入門」(前田拓也、秋谷直矩、朴沙羅、木下衆編著、ナカニシヤ)です。
   
 この本は、若い俊英の研究者たちが、まずは「動いてみる」ことを主張しー「聞いてみる」「やってみる」「行ってみる」」ことから始まる社会調査を、彼らの失敗体験も含めて、伝えています。これが面白い。目次もなかなかロックしていて、興味がひかれますね。ホステスをやってみる、刑務所でブルーになる。どういうことなんだろう、と、思わず知りたくなります。
  

  
第Ⅰ部 聞いてみる
  
 1 昔の(盛ってる)話を聞きにいく――――――――朴 沙羅         
     よく知っている人の体験談を調査するときは
  
 2 仲間内の「あるある」を聞きにいく―――――――矢吹康夫
     個人的な経験から社会調査を始める方法
  
 3 私のインタビュー戦略―――――――デブナール・ミロシュ
     現在の生活を理解するインタビュー調査
  
 4 キーパーソンを見つける――――――――――――鶴田幸恵
     どうやって雪だるまを転がすか
  
第Ⅱ部 やってみる
  
 5 「わたし」を書く―――――――――――――――前田拓也
     障害者の介助を「やってみる」
  
 6 「ホステス」をやってみた――――――――――松田さおり
     コウモリ的フィールドワーカーのススメ
  
 7 <失敗>にまなぶ、<失敗>をまなぶ――――――――有本尚央
     調査前日、眠れない夜のために
  
 8 暴走族のパシリになる―――――――――――――打越正行
     「分厚い記述」から「隙のある調査者による記述」へ
  
第Ⅲ部 行ってみる
  
 9 フィールドノートをとる――――――――――――木下 衆
     記録すること、省略すること
  
 10 学校の中の調査者―――――――――――――――團 康晃
     問い合わせから学校の中ですごすまで
  
 11 好きなもの研究の方法―――――――――――――東 園子
     あるいは問いの立て方、磨き方
  
 12 刑務所で「ブルー」になる―――――――――――平井秀幸
     「不自由」なフィールドワークは「不可能」ではない
  
 13 仕事場のやり取りを見る――――――――――――秋谷直矩
     「いつもこんなかんじでやっている」と「いつもと違う」
  
第Ⅳ部 読んでみる
  
 14 「ほとんど全部」を読む――――――――――――牧野智和
     メディア資料を「ちゃんと」選び、分析する
  
 15 判決文を「読む」―――――――――――――――小宮友根
     「素人でいる」ことから始める社会調査
  
 16 読む経験を「読む」―――――――――――――酒井信一郎
     社会学者の自明性を疑う調査の方法
  

    
  ▼
  
 この本で、興味をもってもらったら、そのつぎは、しっかりとした研究方法論を「選択」し、学んでもらうことです。研究方法論には、たくさんの名著がありますが、最近の学部生の「懐事情」を考えると、一冊ですべてが収まっているハンディーなものがいい。しかも、経営学の研究が事例になっていると、さらによい。
  
 そうした本を、僕はずっと探していましたが、ようやく見つけました。須田敏子先生がかかれた「マネジメント研究への招待」です。こちらが素晴らしいです。調査やフィールドワークはもちろんのこと、実験とか、聞き取りまで、すべてが一冊で網羅されています。
  
 おまけに、認識論、存在論など、研究方法論を規定する哲学などについても、紙幅がさかれています。大学院生などの指導にもよいような気がいたしました。目次は下記の通りです。
  

  
第1部 研究方法論への招待
第1章 マネジメント研究と研究方法論の重要性
第2章 存在論・認識論・研究アプローチ
第3章 マネジメント研究:研究方法論の選択
  
第2部 さまざまな研究方法
第4章 インタビュー
第5章 実験法と準実験法
第6章 サーベイリサーチ
第7章 エスノグラフィー
第8章 ケーススタディ1:研究方法論の再考
第9章 ケーススタディ2:ケースの選択基準と研究事例
  

    
 ▼
  
 今日は研究方法論について書きました。
 中原ゼミでは、3年生が、そろそろミニ卒論(3年生での卒論ショート版)の研究計画をねりはじめ、何を研究するかで、議論をはじめています。
  
 ぜひ、武器をもって、自由になって欲しい
 自由に、世の中というフィールドを探究して欲しい
  
 指導教員としては、愛すべき学生たちを、そういう思いをもって、見つめています。
  
 そのためにはね・・・本、読もうね(笑)。
 図書館で借りてもいいからね(笑)
 そろそろ読まなきゃね(笑)
  
 そして人生はつづく
  
  ーーー
  
「育児は仕事の役に立つーワンオペ育児からチーム育児へ」(浜屋祐子、中原淳著 光文社新書)、AMAZONカテゴリー1位(光文社新書)、経営学カテゴリー2位を記録しました。育児と仕事の良好な関係、ワンオペ育児を乗り越え、チーム育児に転換していくヒントがあふれる書籍です。浜屋祐子さんの修士論文の知見をモティーフにした、育児の科学。どうぞご笑覧くださいませ。
    

  
  ーーー
     
新刊「データから考える教師の働き方入門」(辻和洋・町支大介編著、中原淳監修)好評発売中です。1日の労働時間が約12時間におよぶ、先生方。その働き方を見直し、いかに持続可能な職場をつくりだすのか、を考えます。「サーベイフィードバック方の組織開発を応用した働き方改革」の事例として、教育機関以外の組織でも応用可能です。どうぞご笑覧くださいませ
   

   
  ーーー
    
新刊「残業学」重版出来、6刷決定です!(心より感謝です)。AMAZONの各カテゴリーで1位を記録しました(会社経営、マネジメント・人材管理・労働問題)。長時間労働はなぜ起こるのか? 長時間労働をいかに抑制すればいいのか? 大規模調査から、長時間労働の実態や抑制策を明らかにします。大学・大学院の講義調で語りかけられるように書いてありますので、わかりやすいと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
   

    
 ーーー
    
新刊「女性の視点で見直す人材育成」(中原淳・ラーニングエージェンシー 旧:トーマツイノベーション著)が重版出来!1万部突破です!AMAZONカテゴリー1位「企業革新」「女性と仕事」を記録しました!。女性のキャリアや働くことを主題にしつつ、究極的には「誰もが働きやすい職場をつくること」を論じている書籍です。7000名を超える大規模調査からわかった、長くいきいきと働きやすい職場とは何でしょうか? 平易な表現をめざした一般書で、どなたでもお読みいただけます。どうぞご笑覧くださいませ!
  

   
 ーーー
  
新刊「組織開発の探究」発売中、重版4刷決定しました!AMAZONカテゴリー1位「マネジメント・人事管理」を獲得しています。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

    
  ーーー
  
新刊「事業を創る人の大研究」(田中聡・中原淳著)、発売10日で重版決定、AMAZONカテゴリー1位(リーダーシップ、オペレーションズ)を記録しました。本書は、「人と組織」の観点から、「新規事業づくり」を論じた本です。新規事業に取り組む人をどのように選び、どのように仕事を任せ、そして支援していけばいいのかを論じています。イノベーション人材、次世代経営人材を育成している教育機関の方にもおすすめの内容です。どうぞご笑覧くださいませ!
  

   
 ーーー
    
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
中原研究室のLINEを運用しています。すでに約11000名の方々にご登録いただいております(もう少しで1万人!)。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
   
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

ダラダラ上司・コロコロ上司・グリグリ上司にご用心!:うちの職場に来ないで、もれなく、感染するよ!?

2019.6.17 06:44/ Jun

ダラダラ上司・コロコロ上司・グリグリ上司にご用心!:うちの職場に来ないで、もれなく、感染するよ!?

変革の失敗の92%は、権力をもっているひとが、自ら「変化を恐れること」から生じる!?

2019.6.14 06:40/ Jun

変革の失敗の92%は、権力をもっているひとが、自ら「変化を恐れること」から生じる!?

「明日の受講生」は「赤の他人」、「クドいくらい」が「いい案配」!? : 「なぜ、ここにいるか」をグリップせよ!

2019.6.13 06:18/ Jun

「明日の受講生」は「赤の他人」、「クドいくらい」が「いい案配」!? : 「なぜ、ここにいるか」をグリップせよ!

2019.6.12 06:51/ Jun

【マナビフェス2019】で明るく楽しく「学び・教育の最前線」を学びませんか?

2019.6.11 06:35/ Jun

「新・対話学入門」!? : わたしたちは「対話」をいかにファシリテーションすればいいのか?:「コンテナ」というレンズを通して見える世界